■お絵描き講座(しぃツールPaintBBS編)■

●その1:線画を描きましょう♪●

↑TOPページへ 次のページへ→
 



 
 
 
 

 まずは下描きです。
下描きせずに線画を描いちゃう猛者もおられますが、私はそんなこ事はとても出来ませんので、ちゃんと「アタリを取って」から線画を描きます。
 下描きは線画に使う色よりも薄い色を使って描きます。
これは線画と下描き線をはっきりと区別するためと、後で下描きを消せるようにするためです。
後でどうとでも修正できますので、はみ出しなんか気にせずにガシガシ描いていきましょう♪
下の絵ではデフォルトのパレットから「水色」を選んで、一番細い「鉛筆」ツールで描いています。
 鉛筆ツールはツールボックスの一番上にありますね。
線の太さは下のほうに「1px」と書いた部分をマウスで左クリックしながら、上下にスライドさせれば変更できます。
 下描きが終わったら次は線画です。
下描きに使った色よりも濃い色で丁寧に描いていきます。
下の絵では黒で描いていますが、色は後で変更することも出来るので自分に分かりやすい色で描きましょう。
この辺の丁寧さは「自分が納得する程度」の丁寧さで良いです。個人差がありますし。
 線画が描き終わったら下描きを消しましょう。
ここで基本的で、しかも重要なテクニックを使います。それは「マスク機能」です。
「マスク機能」というのは特定の色だけを「消すことが出来ない」「他の色を乗せる事も出来ない」状態にする機能です。
 まずはマスクする色を選びます。
マスクしたい色(つまり線画の色)の上で一度右クリックしてください。そうすると「鉛筆」や「トーン」の部分の色が選んだ色になると思います。
 次に右側にあるツールボックスの真ん中あたりに「通常」と書いてある部分があると思いますので、
そこを一度左クリックしてください。
すると「マスク」という表示に変わったと思います。
そして「マスク」の表示の上で今度は右クリックしてください。
すると「マスク」のところが先ほど選択した色になります。
 これでその色がマスクされました。あとは「消しペン」ツールでガシガシ消していきましょう。
「チマチマ消すなんて面倒だ!」って思われる方は「消しペン」を一度クリックしたら出てくる「消し四角」で範囲指定して一気に消しちゃいましょう。
ただマスクするのを忘れると「せっかく描いた線画が全部パー」という「切なさ炸裂状態」になりますので、くれぐれもマスクするのを忘れずに。(笑)
 一度小さな部分で消すことを試してから一気に消すのが安全な方法だと思います。


 

 ここで着色に移っても良いのですが、私の場合はここからちょっと線画に手を加えます。
このままだと均一な線で描いたことになるので、ちょっと味気ないです。
そこで線を「ペンで描いたようなタッチあのある線」にします。私も面倒なときはやらないけど。(笑)
 この時には「拡大機能」が非常に役立ちます。
お絵描き画面の左下のスクロールバーの横に「+」という表示があると思います。
それをクリックすると画面が拡大されますので、チマチマ線の太さを修正していきます。
画面を元に戻すときは右側にある「-」をクリックすればOKです。
左が修正前、右が修正後です。

    
 

 おまけとして「線画の色の変更」の方法について書いておきます。
ここでも基本的で重要なテクニックを使います。それは「逆マスク」機能です。
先ほど説明した「マスク機能」は『特定の色だけを「消すことが出来ない」「他の色を乗せる事も出来ない」状態にする機能』でしたね?
この「逆マスク」はその名の通りマスク機能の逆をしてくれます。つまり『特定の色の上だけに好きな色を乗せるようにする機能』です。
これでほぼ想像できますね?
そう。線画の色を先ほどの方法で選択して「マスク」を一度左クリックして、「逆マスク」にして、逆マスクの上で右クリックをして逆マスクをかける色を選択しておきます。
こうしておけば線画の上だけに好きな色を乗せることが出来ます。つまり「色の変更」が可能になるわけです。
下の画像は逆マスクの効果を表すためにちょっと大げさなことをやっています。
黒の線画に逆マスクをかけて、赤色を塗ってみたところです。
これは線画に限らず着色した部分にも応用できますので、じゃんじゃん使いたいテクニックですね。
 ただちょっと注意して欲しいのは『水彩ツールで描いた部分にはこの機能は殆ど通用しない』ということです。
 水彩ツールは「グラデーション」を作り出すことが出来ます。
グラデーションと言うことは『特定の色の部分が殆ど無い』ということです。
つまり『グラデーションで塗った部分の色の変更は塗りなおす以外殆ど不可能』ということです。
 私はよく間違えます。皆さんもご注意を。(笑)


 

これで線画は終わりです。
次はいよいよ絵を描く人にとっては最も楽しい(?)作業「着色」です。次にページへどうぞ。

次のページへ→