2003年10月29日(水)  夏蜜柑
コミック快楽天でほのぼのちょっとH漫画描いてた人。

単行本は2冊。「東京夜空」「透明な鳥」

最近は商業誌で作品を見かけない。

コミケに二度ほど参加したことがあるそうだ。

・・・また新作読みたいよ。

 2003年10月27日(月)  夢みる7月猫
「なんちゅータイトルを選ぶねん?」とお思いでしょうが。

なんのことはない竹本泉センセのデビュー作のタイトルですだ。

先日デビュー作を含む初期の単行本未発表作を収録した単行本が

発売されまして、そのタイトルにもなっとります。

で、改めて読んでみて思ったこと。

「やっぱこの人も絵が変わってるんだ」

竹本先生っていうと「永遠の偉大なるワンパターン作家」だと思って

て、絵もほとんど変わってないと思ってたんだけどさすがに変わって

たようでした。(失礼な発言だ)

話作りのほうはというとやっぱ昔のほうが作者本人の感情がストレー

トに出てるみたいですね。照れはあるけど。(若いなあ)

一生懸命少女漫画を描こうとしてるって感じ。

そういや収録作に「ふりむけばべっかんこ」ってのがあるんだけど、

この「べっかんこ」って言葉今の若い人に意味わかるのかな?

これっては藤子不二夫F先生の「ジャングル黒べぇ」って漫画で主人

公が「ウラウラウラウラべっかんこ〜」って言いながら「あかんべ

ぇ」をしてたのが大元だったと思うんだけど、普通は使いませんよね?

ああ・・・10代の人がこのサイト見てるときにこのネタ使いたかった。

そしたら今の人の意見が聞けたのに。(自業自得)

しかしまあ20年ぐらい待ってようやく読めた作品もあるのでかなり

嬉しいです。

長く漫画家続けてほしいです。

 2003年10月26日(日)  予想通り!
見事に半月も開いてしまった訳でして・・・(笑)

ここの管理者パスワードもすっかり忘れてしまってましたよ。

どーしよーもないわな。やる気ねぇし。


そーいやようやくというか、我が家のマシンにもDVDドライブが

搭載されましたよ。中古だけど、動いたので問題無し。

オイラのマシンにはDVD-R。柿乃さんのマシンにはただのDVD-ROM。

試しにDVDソフト再生してみたけど音も絵も奇麗ですなー。

音なんて44kHzと48kHzであんま変わらないと思ってたけど、実際に

聞いてみると案外違いがわかるのね。

エロいオマケDVDつきの雑誌でも買ってきますか(ぉ

 2003年10月11日(土)  やっぱ漫画は良いね
日記のCGIをバージョンアップしたら、過去のデータを使うのに

いろいろ手順を踏まないといけないのが面倒で消しちゃった

れーずんです。


とりあえず最近読んだ漫画など。

・ストレンジプラス(美川べるの)

「ゼロサム」とかいうマイナー雑誌に連載中のギャグ漫画。

久しぶりに腹かかえて笑いました。

・青春ばくはつ劇場1,2(美川べるの)

ようやく単行本化された別冊フレンドに長期連載中の4コマ

ギャグ漫画。

久しぶりに腹抱えて笑わせてもらいました。

これらの漫画で本当に久しぶりに「腹を抱えて笑う」ってことを

思い出しました。

読むのに体力使うけど。

しかし命削ってギャグやってる漫画家さんですな。

(アジマシデオノヨウニナラナイヨウニイノッテマス…)

・ぴたテン8(コゲどんぼ)

この方って本当に真面目な漫画家さんなんですね。

今時ここまで真面目な漫画家って珍しいのでは?

話作りに対する姿勢とか、いろんな意味で真面目。

読んでて心地良いしね。

メジャーになったのがデジキャラットだから妙な先入観でもって

見てたけど、認識を改めました。はい。

それにしてもまだ会社員やってんのね。・・・脱帽でつ。


他にもあるけど、今日のところはこれだけで。