帽子屋日記


         帽子屋日記
帽子で健康  また、なぜ帽子か?というと、

幼児から成長期の十代の方々まで万遍なく(自転車通学のヘルメット)、
通園、通学に至るまで安全を確保出来得る方法の手段のひとつにもなります。
また、お年寄りにとって「帽子」の着用は、転倒時の衝撃緩和など
さまざまなメリットがあることが、
実験や調査で分かってきているからです。

帽子で健康  @帽子をかぶることで転倒時の衝撃、傷が軽減される。
Aつよい日差しから頭部を保護、眼部の日除けとなります。
Bファッションに興味をもつことで生活にメリハリが生まれ意識えの変化が見られます。
ナイトキャップ着用でも、転倒時の頭部への衝撃を50パーセント減らすことができる
帽子で健康  高齢化してきますと、運動神経が低下し、
バランス感覚がとりにくくなり、転倒しやすくなります
その際、反射神経が低下しているため、手を使った「受け身」ができなくなり、頭部を直接打撲する危険性が著しく高くなります。
頭部は、皮下組織が乏しいため、軽微な打撲でも傷口が大きくなり、
大出血しやすい傾向が有ります。さらに、頭蓋内に出血すると、
認知症を発症するリスクが高まるだけでなく、時には致死的な状態に
陥ります。
これを防ぐにはヘルメットの着用が理想的ですが、現実的ではありません(災害・被災状況でも有効)。
しかし帽子1つで、頭部をかなり保護することが実験でも分かりました。
帽子で健康 ご家庭にある薄いナイトキャップ、帽子各種、頭巾等、着用するだけでも、転倒時の衝撃を半分に(50%)減らすことができます。私は、高齢者の方は、外出時ばかりでなく、自宅内においても帽子を着用されることを強くお勧めします。

鈴木医院・神経内科専門医・総合内科専門医、木原幹洋先生
株式会社 マンウ