吉行淳之介の最新通販情報。

            

強父論

価格:1,404円 新品の出品:1,300円 中古品の出品:460円
コレクター商品の出品:1,800円
カスタマーレビュー
阿川弘之氏が94歳で大往生されてから、今年八月で一年。娘佐和子が、強父語録とともに、父との62年間を振り返ります。たとえば――。 「なんという贅沢な子だ。ふざけるな!」……4歳のサワコ嬢は、「このイチゴ、生クリームで食べたい」と口にしただけで、このようにと怒鳴られます。以来、罵倒され通しの日々が続くことになるのでした。 「勉強なんかするな。学校へ行くな」……弘之氏は、特に娘は、勉強なんかしなくてもいいから、家でうまい食事を作れ、という主義でした。大学のテスト期間中も、サワコ嬢はお酌の相手をさせられたのでした。 「子供に人権はないと思え。文句があるなら出ていけ。のたれ死のうが女郎屋に行こうが、俺の知ったこっちゃない」……娘のちょっとした口応えに対して、弘之氏は烈火のごとく怒り、このように言い放ちます。これは弘之氏の口癖でした。 「老人ホームに入れたら、自殺してやる!」……元気な頃の父は、こう
猫なんて!

価格:1,620円 新品の出品:1,620円 中古品の出品:790円
コレクター商品の出品:1,530円
カスタマーレビュー

女ぎらい――ニッポンのミソジニー

価格:1,620円 新品の出品:1,620円 中古品の出品:295円
コレクター商品の出品:4,000円
カスタマーレビュー
男の「女ぎらい」と女の「生きづらさ」を解剖する!わたしの中の〈女〉が嫌い?  女好きの男は、実は女ぎらい?ミソジニー。男にとっては「女性嫌悪」、女にとっては「自己嫌悪」。――「皇室」から「婚活」「負け犬」「dv」「モテ」「少年愛」「自傷」「援交」「東電ol」「秋葉原事件」まで…。上野千鶴子が、男社会の宿痾を衝く。ブックデザイン:鈴木成一デザイン室◆『朝日新聞』読書欄(2010/11/14付)、『日本経済新聞』書評(11/7付)、共同通信配信書評(11/7付)、『週刊文春』書評(11/25号)、『週刊読書人』書評(11/19付)、『サンデー毎日』特集記事(11/28号)、『婦人公論』(12/22-1/7号) 「ルポルタージュ 時代を創る女たち:上野千鶴子」、日経ビジネスオンライン書評(12/13)、サイゾーウーマン(『女ぎらい』著者インタビュー)、『読売新聞』(2011/3/4夕刊)「松任谷
日日すれすれ

価格:1,620円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:900円
カスタマーレビュー
「病気になりたくない……」本書は、誰もが共通してもつそんな夢のような願望をかなえようという本です。では、どうすれば健康で長生きできるのか。ひとことでいうと、ミラクル・エンザイムを消耗しない生活を送り、食事を通じてミラクル・エンザイムをとり入れることだと、著者は語っています。これまで30万例以上の胃腸を検査してきた著者は、その膨大な臨床結果から、「食歴」と「生活習慣」こそがその人の健康状態を決める最大の要因であることをつきとめました。そして、何がミラクル・エンザイムを消耗させ、何がミラクル・エンザイムを補うのかがわかれば、日々のちょっとした努力で、「病気にならずに天寿をまっとうすることができる」というのです。全米ナンバーワンの胃腸内視鏡外科医が教える「太く、長く、生きる方法」に触れてみてください。 --このテキストは、単行本版に関連付けられていま
原色の街・驟雨(新潮文庫)

価格:1,944円 新品の出品: 中古品の出品:1,683円
コレクター商品の出品:1,800円
カスタマーレビュー
見知らぬ女がやすやすと体を開く奇怪な街。空襲で両親を失いこの街に流れついた女学校出の娼婦あけみと汽船会社の社員元木との交わりをとおし、肉体という確かなものと精神という不確かなものとの相関をさぐった「原色の街」。散文としての処女作「薔薇販売人」、芥川賞受賞の「驟雨」など全5編。性を通じて、人間の生を追究した吉行文学の出発点をつぶさにつたえる初期傑作集。
原色の街・驟雨 (新潮文庫)

価格:562円 新品の出品:562円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1,300円
カスタマーレビュー
見知らぬ女がやすやすと体を開く奇怪な街。空襲で両親を失いこの街に流れついた女学校出の娼婦あけみと汽船会社の社員元木との交わりをとおし、肉体という確かなものと精神という不確かなものとの相関をさぐった「原色の街」。散文としての処女作「薔薇販売人」、芥川賞受賞の「驟雨」など全5編。性を通じて、人間の生を追究した吉行文学の出発点をつぶさにつたえる初期傑作集。
プールサイド小景・静物 (新潮文庫)

価格:562円 新品の出品:562円 中古品の出品:202円
コレクター商品の出品:530円
カスタマーレビュー
p.now("a","tellmemorelinkdata").execute(function(a,tellmemorelinkdata){ if(typeof tellmemorelinkdata !== 'undefined'){ a.state('lowerpricepopoverdata',{"trigger":"ns_rf777crstr1p6x2x2akj_30019_1_hmd_pricing_feedback_trigger_product-detail","destination":"/gp/pdp/pf/pricingfeedbackform.html/re
吉行淳之介―― 抽象の閃き

価格:3,024円 新品の出品:3,024円 中古品の出品:2,696円
コレクター商品の出品:1,800円
カスタマーレビュー

サアカスの馬・童謡 (21世紀版・少年少女日本文学館18)

価格:1,512円 新品の出品:1,512円 中古品の出品:538円
コレクター商品の出品:2,980円
カスタマーレビュー
児童向け文学全集の決定版 確かな国語力が身につく。21世紀の子どもたちに届ける名作の数々 21世紀少年少女文学館シリーズの特徴 ・むずかしい言葉はていねいに解説され、理解力アップ! ・豊富な図版と資料で興味が拡大 ・漢字にはすべてふりがながついており、すらすら読める ・それぞれの巻に第一線の研究者がついている ・現代の有力文筆家たちが、いまの言葉で名作の世界をいきいきと再現 ・一度は読んでおきたい名作ぞろい ・おもしろくて、とくするコラム欄 ・豊富なカラーさし絵 世界、日本、古典文学の各シリーズの特徴、中身画像を紹介した 特集ページはこちら。 『21世紀版少年少女日本文学館 伊豆の踊子』 画像を拡大
サアカスの馬・童謡 (少年少女日本文学館20)

価格:782円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:272円
カスタマーレビュー
児童向け文学全集の決定版 確かな国語力が身につく。21世紀の子どもたちに届ける名作の数々 21世紀少年少女文学館シリーズの特徴 ・むずかしい言葉はていねいに解説され、理解力アップ! ・豊富な図版と資料で興味が拡大 ・漢字にはすべてふりがながついており、すらすら読める ・それぞれの巻に第一線の研究者がついている ・現代の有力文筆家たちが、いまの言葉で名作の世界をいきいきと再現 ・一度は読んでおきたい名作ぞろい ・おもしろくて、とくするコラム欄 ・豊富なカラーさし絵 世界、日本、古典文学の各シリーズの特徴、中身画像を紹介した 特集ページはこちら。 『21世紀版少年少女日本文学館 伊豆の踊子』 画像を拡大