園田光慶を通販で探してる?

            

あかつき戦闘隊 上 (マンガショップシリーズ (13))

価格:1,944円 新品の出品:1,944円 中古品の出品:1,750円
コレクター商品の出品:3,400円
カスタマーレビュー
1967年から「週刊少年サンデー」に連載された本作品は、原作者・相良俊輔の熱血感あふれるストーリー展開と、作画家・園田光慶のシャープでリアルな描写力、大胆な構図がマッチして、折からの戦記ブームの中一躍大人気となった。雑誌ではブームにのって、巻頭で第二次世界大戦当時の兵器やメカを毎週のように特集し、本文でも「あかつきタイムズ」のような戦記情報コーナーまで登場した。ブームはますますエスカレートし、68年13号に掲載された「あかつき戦闘隊大懸賞」は見開き形式で、一等賞品が日本海軍兵学校の正装一式を始め、アメリカ軍コレクションやドイツ軍コレクション等といった、ミリタリー賞品ばかりで構成され、一部の児童文学者たちから販元へ「ちょっとひどすぎないか」との抗議があり、3月15日付けの朝日新聞紙上で一躍話題となった。
あかつき戦闘隊 下 (マンガショップシリーズ (13))

価格:1,944円 新品の出品:1,944円 中古品の出品:942円
コレクター商品の出品:
カスタマーレビュー
本作品は原作者の「まえがき」にもあるとおり、当初は三部構成の予定で連載が始まった。第一部「パゴス島編」は1967年42号から68年27号、第二部「特攻編」は68年42号から69年19号までの連載となっている。第三部「本土決戦編」は、若木書房版の「まえがき」にはこう書かれている。
戦国猿廻し 信長・秀吉と蜂須賀小六 2巻 戦国猿廻し 信長・秀吉と蜂須賀小六

価格:3,456円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:319円
カスタマーレビュー
永禄元年……尾張は織田信長の時代。この蜂須賀小六(はちすかころく)という男、斎藤道三に組みしては負け、織田信賢に味方しては負け、流れ流れて今は織田信清に仕えていた。戦に敗れ乱心する信清から、信長の妹君お市の方を救ったことを見初められ、木下藤吉郎の臣下となった小六であったが……。さて、今度の賽は吉と出るか凶と出るか―――豊臣秀吉の家臣であり、名参謀と謳われた蜂須賀正勝の活躍を描く活劇絵巻!
戦国猿廻し 信長・秀吉と蜂須賀小六 1巻 戦国猿廻し 信長・秀吉と蜂須賀小六

価格:885円 新品の出品: 中古品の出品:36円
コレクター商品の出品:
カスタマーレビュー
永禄元年……尾張は織田信長の時代。この蜂須賀小六(はちすかころく)という男、斎藤道三に組みしては負け、織田信賢に味方しては負け、流れ流れて今は織田信清に仕えていた。戦に敗れ乱心する信清から、信長の妹君お市の方を救ったことを見初められ、木下藤吉郎の臣下となった小六であったが……。さて、今度の賽は吉と出るか凶と出るか―――豊臣秀吉の家臣であり、名参謀と謳われた蜂須賀正勝の活躍を描く活劇絵巻!
アイアン・マッスル (マンガショップシリーズ (18))

価格:1,944円 新品の出品:1,944円 中古品の出品:1,100円
コレクター商品の出品:5,980円
カスタマーレビュー
40年の時を超え、魅惑のアクションシーンが炸裂!!1965年、衰退する貸本劇画界を背景にありかわ・栄一から園田光慶へと改名した著者が、自信を持って放ったアクション巨編!! 絵柄も洗練され、特に、アクションシーンへの並大抵でないこだわり方は、多くの劇画家やその予備軍に影響を与えた。
ゴジラVSモスラ決戦史 (バンブー・コミックス)

価格:926円 新品の出品: 中古品の出品:450円
コレクター商品の出品:900円
カスタマーレビュー

怪獣王子〔園田光慶版〕【下】 (マンガショップシリーズ 377)

価格:1,944円 新品の出品:1,400円 中古品の出品:1,399円
コレクター商品の出品:
カスタマーレビュー
1940年12月7日大阪市生まれ。 1958年日の丸文庫から"ありかわ栄一" 名義で短編集「死剣幽四郎」を発表し漫画界にデビュー。折からの貸 本劇画ブームに乗り、雑誌「影」、「刑事」(デカ)、「ゴリラマガジ ン」「魔像」などの貸本雑誌に次々と作品を発表し好評を博す一方、 1960年頃より東京トップ社から描き下ろしの単行本を続々と執筆、中 でも「挑戦資格」「アイアンマッスル」等が評価が高い。1963年、 「週刊少年キング」に久米みのる原作の柔道漫画『車大助』を連載し 少年誌への進出を果たす。1964年、同誌に連載した久米みのる原作『ホ ームラン探偵局』か“園田光慶”に改名。1967年「週刊少年サンデー」 に相良俊輔原作の『あかつき戦闘隊を連載、戦記ブームの影響もあり 大人気を博す。翌68年には「ヤングコミック」誌上に『喪服紳士録』 を連載開始、青年誌にも進出した。また、1979年頃からはシナ
挑戦資格 (下) (マンガショップシリーズ (21))

価格:1,944円 新品の出品:1,944円 中古品の出品:588円
コレクター商品の出品:600円
カスタマーレビュー
貸本マンガ界に衝撃を与えた"劇画工房"は、誕生してわずか8カ月で解散した。工房のメインともいえる辰巳ヨシヒロ、さいとう・たかを、松本正彦氏が脱会して"新・劇画工房"を設立したからだ。しかしながら、その新・劇画工房も何の活動もせぬまま、設立から間もなく霧散してしまった。
挑戦資格 (上) (マンガショップシリーズ (21))

価格:1,944円 新品の出品:1,944円 中古品の出品:622円
コレクター商品の出品:1,998円
カスタマーレビュー
アクションシーンに強いこだわりを持ち、後に多くの劇画家やその予備軍に影響を与えることになった園田光慶。貸本時代のペンネーム"ありかわ・栄一"名義で、1960年後半から出された描き下ろしハードボイルド傑作集(全26巻)は3年余り続いた。このうち、最終全9巻を飾る『挑戦資格』は、その集大成ともいえる作品だ。本作を描き下ろす一方、1963年から新たに創刊された「週刊少年キング」に久米みのる氏の原作で、柔道漫画『車大助』を連載し、少年誌界にも進出を果たした。
挑戦資格 (中) (マンガショップシリーズ (21))

価格:1,944円 新品の出品:1,944円 中古品の出品:600円
コレクター商品の出品:600円
カスタマーレビュー
1959年、辰巳ヨシヒロ氏を中心に"劇画工房"が設立され、それまでの貸本マンガの作風が"劇画"という名称で統一された。時代は折しも貸本マンガの全盛期で、毎月数百点にものぼる新刊が発行されていたという。