長部日出雄を通販で調べました

            

高峰秀子

価格:2,592円 新品の出品:2,592円 中古品の出品:950円
コレクター商品の出品:1,980円
カスタマーレビュー
日本映画史とともに生きたトップ女優50年の歴史。高峰秀子自身が語る名作の裏話。
猫は神さまの贈り物<エッセイ編>

価格:1,728円 新品の出品:1,728円 中古品の出品:315円
コレクター商品の出品:2,447円
カスタマーレビュー
どうしてこんなに愛しいのか。個性派作家たちをも翻弄する猫の魅力。珠玉の“猫”エッセイ集。
高峰秀子 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)

価格:1,404円 新品の出品:1,404円 中古品の出品:598円
コレクター商品の出品:8,500円
カスタマーレビュー
日本を代表する大女優の生涯。映画・文筆・生活の三点からその魅力の全貌にせまる。対談、エッセイ、インタヴューなど多数掲載。高峰愛用品の巻頭カラー口絵も。 【目次】 カラー口絵 高峰秀子の思い出 【高峰秀子という人】 出久根達郎 あらえびす 阿川弘之 高峰秀子の宝物 高峰秀子インタヴュー 壺とお花のあるお家 (単行本未収録対談) 高峰秀子×三島由紀夫 閑話休題 高峰秀子×近藤日出造 やァこんにちは 高峰秀子×渡辺一夫 巴里よいとこ 高峰秀子×安達瞳子 装いとうるおい * 安野光雅×斎藤明美 今明かす! 高峰秀子との秘めたる゛恋゛(?) 石井好子 この人とおしゃれ 高峰秀子さん 舟橋聖一 高峰秀子 私の会ったひと 【エッセイスト高峰秀子】 鈴木文彦 高峰さんの文章 (単行本未収録エッセイ) 高峰秀子 コーちゃんと真夜中のブランデー 高峰秀子 私のなかの゛杉
文藝春秋文化講演会3 CD7枚組 ()

価格:15,120円 新品の出品:15,120円 中古品の出品:1,450円
コレクター商品の出品:2,380円
カスタマーレビュー
p.now("a","tellmemorelinkdata").execute(function(a,tellmemorelinkdata){ if(typeof tellmemorelinkdata !== 'undefined'){ a.state('lowerpricepopoverdata',{"trigger":"ns_ds50xv0z98aespxxq6dv_14027_1_hmd_pricing_feedback_trigger_product-detail","destination":"/gp/pdp/pf/pricingfeedbackform.html/re
桜桃とキリスト―もう一つの太宰治伝 (文春文庫)

価格:1,296円 新品の出品: 中古品の出品:995円
コレクター商品の出品:2,980円
カスタマーレビュー
前作『辻音楽師の唄』に続き、本書では絶頂期から玉川上水心中までの、天才の作品と後半生が活写される。創作活動に夫人が果たした役割、キリスト教の影響、『如是我聞』悪口の背景、井伏鱒二との関係など、同じ津軽の血をもつ著者ならではの眼で明らかにされる、死に到る太宰の心情とは。大仏次郎賞、和辻哲郎文化賞受賞の力作。
桜桃とキリスト―もう一つの太宰治伝

価格:1,512円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1,750円
カスタマーレビュー
妻・美知子が作品に果たした役割、キリスト教の深い影響、「井伏悪人説」の真相とは…。驚きと衝撃に満ちた、著者入魂の書。
木村伊兵衛 昭和の女たち (ちくまライブラリー)

価格:1,512円 新品の出品: 中古品の出品:799円
コレクター商品の出品:980円
カスタマーレビュー
女優、芸妓、農婦、酒場の女、街の風景の中に息づく女…。レンズがとらえた時代の表情。
津軽世去れ節 (角川文庫)

価格:723円 新品の出品: 中古品の出品:800円
コレクター商品の出品:51円
カスタマーレビュー

鬼が来た―棟方志功伝 (上) (文春文庫 (350‐1))

価格:680円 新品の出品: 中古品の出品:349円
コレクター商品の出品:1,450円
カスタマーレビュー
「世界のムナカタ」はどのようにして誕生したのか。生まれ育った青森の風土、ゴッホの「ひまわり」との出会い。板(版)画家を志した後、柳宗悦、河井寛次郎、浜田庄司らから導かれた仏教や琉球文化との邂逅。数々の出会いの中から貧欲な吸収力で、次々に作品を生み出して行く―。同郷の作者が魂込めて描いた比類なき傑作と評された伝記文学の金字塔。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。
日本を支えた12人 (集英社文庫)

価格:1,512円 新品の出品: 中古品の出品:40円
コレクター商品の出品:653円
カスタマーレビュー
この国は先人たちの叡智によって支えられてきた。古くは推古天皇の時代、民主主義の理想を目ざし「憲法十七条」を作った聖徳太子から、混迷する現代にありながら、皇室は祈りでありたいという一貫した姿勢を貫く美智子皇后に至るまで。歴史、政治、文学、映画に精通する著者が偉大な12人の功績を検証する。小さな島国で脈々と受け継がれてきた同一性とは何か。日本人であることを見つめ直す一冊。