猪野健治の通販レビュー

            

社会の変容と宗教の諸相 (リーディングス 戦後日本の思想水脈 第6巻)

価格:5,184円 新品の出品:5,184円 中古品の出品:9,560円
コレクター商品の出品:1,499円
カスタマーレビュー
敗戦に伴う世俗化によって大きな変革を余儀なくされた日本の宗教。神社本庁の形成、変容する既存宗教、創価学会をはじめとした新興宗教の隆盛、カタストロフとしてのオウム真理教、スピリチュアリズム――戦後日本社会の精神世界の陰陽を映す「宗教」の変遷を、教団自身の言説、学術研究、ジャーナリズムを併せた多彩な作品群を通じて描き出す。
山口組概論 ――最強組織はなぜ成立したのか (ちくま新書)

価格:2,376円 新品の出品: 中古品の出品:91円
コレクター商品の出品:4,226円
カスタマーレビュー
やくざ人口八万人のうち、約半数が山口組系である。熾烈を極める警察の取締まりのなか組織は揺らぐことがない。そもそも、やくざはなぜ存在するのか?山口組とは何なのか?神戸の小さな組が最強軍団に成長した背景とは?山口組九〇年の歴史をたどることで日本社会の深層をえぐりだす。いま格差社会の波と暴対法下の重包囲網をまえに、山口組は少数精鋭化への道を歩み始めたともいわれている。巨大組織の歴史と現在、今後を展望する。
山口組概論―最強組織はなぜ成立したのか (ちくま新書)

価格:907円 新品の出品:907円 中古品の出品:2円
コレクター商品の出品:200円
カスタマーレビュー
やくざ人口八万人のうち、約半数が山口組系である。熾烈を極める警察の取締まりのなか組織は揺らぐことがない。そもそも、やくざはなぜ存在するのか?山口組とは何なのか?神戸の小さな組が最強軍団に成長した背景とは?山口組九〇年の歴史をたどることで日本社会の深層をえぐりだす。いま格差社会の波と暴対法下の重包囲網をまえに、山口組は少数精鋭化への道を歩み始めたともいわれている。巨大組織の歴史と現在、今後を展望する。
テキヤと社会主義: 1920年代の寅さんたち (単行本)

価格:2,160円 新品の出品:2,160円 中古品の出品:500円
コレクター商品の出品:2,500円
カスタマーレビュー
デモクラシーから関東大震災の時代、反軍・廃娼を主張したテキヤたち、大杉栄虐殺報復に命を懸ける一群に身を投じた男。歴史の闇に埋もれた者たちの姿を追った。
やくざと日本人 (ちくま文庫)

価格:2,700円 新品の出品:12,224円 中古品の出品:294円
コレクター商品の出品:569円
カスタマーレビュー
「やくざは、むかし八九三と書いた。…花札賭博でいうブタ―点数にならないカス札からきたわけである。」やくざはいつ発生し、なぜ現代社会に存在しつづけているのか?そして、どこへ行こうとしているのか?戦国末期の遊侠無頼から山口組まで、約500年におよぶ、やくざの歴史、政治・社会とのかかわりなど、やくざの全体像を初めて解き明かした名著。
東京闇市興亡史 (ふたばらいふ新書)

価格:2,052円 新品の出品: 中古品の出品:2,024円
コレクター商品の出品:101円
カスタマーレビュー
闇市とは結局、何だったのか。私は解放区だと考えている。闇市においては国籍、階級、身分、出身、学歴等は一切問われなかった。華族もヤクザも軍人も被差別窮民も解放国民も同格であり、路上に一枚のゴザを敷いて貧しい品物を売っていた。
侠客の条件―吉田磯吉伝

価格:3,024円 新品の出品:3,024円 中古品の出品:1,260円
コレクター商品の出品:7,980円
カスタマーレビュー
日本資本主義の原点・筑豊の石炭を運ぶ川舟の一船頭から身を起こし、日本一の大親分の座に昇りつめ、中央政界にまで進出した吉田の生涯を克明に検証。
興行界の顔役 (ちくま文庫)

価格:1,836円 新品の出品: 中古品の出品:490円
コレクター商品の出品:930円
カスタマーレビュー
広沢虎造の映画出演をめぐって発生した山口組二代目襲撃事件や、鶴田浩二殴打事件の裏側など昭和の興行界を知りつくした伝説の男・永田貞雄。炭鉱街に生まれ、浪曲界に君臨し、日本プロレス協会創立に深くかかわり、外タレを招く“呼び屋”としても活躍したのであった。人間の夢と欲望、虚と実とが渦巻く興行の世界を描いた傑作ノンフィクション。
侠客の条件―吉田磯吉伝 (ちくま文庫)

価格:2,160円 新品の出品: 中古品の出品:591円
コレクター商品の出品:10,000円
カスタマーレビュー
史上最大の親分、吉田磯吉。川筋者といわれる命知らずの船頭達のなかから身を起こし、北九州・筑豊炭鉱を基盤に勢力を広げ、国会議員の座にまで昇りつめた男。政治暴力、労働争議への介入、流血を恐れぬ子分、社会の裏側に強靱なネットワークを持つ侠客の力を必要とした日本の近代とは何だったのか?現在にも通じる政財界とやくざのコネクション、その原点へと迫る異色ノンフィクション。
電通公害論―広告王国のゆがんだマスコミ操作 (1971年)

価格:756円 新品の出品: 中古品の出品:2,160円
コレクター商品の出品:1,290円
カスタマーレビュー