童門冬二の通販情報

            

小説 中江藤樹〈上〉 (人物文庫)

価格:961円 新品の出品: 中古品の出品:697円
コレクター商品の出品:100円
カスタマーレビュー
上杉鷹山の「民の父母」、西郷隆盛の「敬天愛人」と一つにつながる藤樹の「孝とは人間すべてへの愛敬」。あらゆる権力から遠ざかり、純粋に民衆の中に身をおき民衆とともに生き、人間の心と行動の原点となるものをさぐり出そうとした魂の教育者藤樹のすべてを描き出した傑作長編。
「人望力」の条件 歴史人物に学ぶ「なぜ、人がついていくか」 (講談社+α文庫)

価格:886円 新品の出品:886円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:6,300円
カスタマーレビュー
大きな仕事を成すためには、“この人のいうことなら、この人のためなら”という“なら”の気持ち、すなわち「人望」を得る必要がある。「人望力」を手に入れるにはどうすればいいのか。歴史に残る大人物たちの実例に学び、「人望力」の5つの極意を身につける!! ※本書は1997年大和書房から刊行された『「人望力」の条件――人が集まる五つの要諦』を改題、再編集したものです。
「人望力」の条件 歴史人物に学ぶ「なぜ、人がついていくか」 (講談社+α文庫)

価格:637円 新品の出品: 中古品の出品:280円
コレクター商品の出品:2,999円
カスタマーレビュー
大きな仕事を成すためには、“この人のいうことなら、この人のためなら”という“なら”の気持ち、すなわち「人望」を得る必要がある。「人望力」を手に入れるにはどうすればいいのか。歴史に残る大人物たちの実例に学び、「人望力」の5つの極意を身につける!! ※本書は1997年大和書房から刊行された『「人望力」の条件――人が集まる五つの要諦』を改題、再編集したものです。
山田方谷―河井継之助が学んだ藩政改革の師 (人物文庫)

価格:821円 新品の出品:821円 中古品の出品:900円
コレクター商品の出品:2,000円
カスタマーレビュー
農民出身ながら、怒涛の時代に、幕政を担う老中の代行役として、備中松山藩(岡山県高梁市)を赤字から黒字経営に転換させ、藩政改革を見事に果たした山田方谷。改革成功の秘訣は何か?民の幸福を願い「人としての誠を貫く」生き方の中に見えてくるものは…。行財政改革に混迷する今の世におくる啓発の一書。
小説 中江藤樹〈下〉 (人物文庫)

価格:864円 新品の出品:864円 中古品の出品:390円
コレクター商品の出品:1,200円
カスタマーレビュー
時流に迎合し、立身出世の手段と化しつゝあった朱子学に反対し、人間の心の中に本来もっている光明(明徳)を見出し、これを磨き続けることを提唱した日本陽明学の始祖、日本人のこころのありようを形造った近江聖人中江藤樹の思想とその生涯を感動的に綴った著者渾身の名篇。
小説 中江藤樹〈下巻〉

価格:713円 新品の出品:5,066円 中古品の出品:542円
コレクター商品の出品:3,360円
カスタマーレビュー
日本陽明学の始祖。日本人のこころのありようを形造った近江聖人中江藤樹の思想とその生涯を描く著者渾身の名篇。
小説 中江藤樹〈下〉 (人物文庫)

価格:1,620円 新品の出品: 中古品の出品:685円
コレクター商品の出品:1,200円
カスタマーレビュー
時流に迎合し、立身出世の手段と化しつつあった朱子学に反対し、人間の心の中に本来もっている光明(明徳)を見出し、これを磨き続けることを提唱した日本陽明学の始祖、日本人のこころのありようを形造った近江聖人中江藤樹の思想とその生涯を感動的に綴った著者渾身の名篇。
全一冊 小説立花宗茂 (集英社文庫)

価格:1,080円 新品の出品:1,080円 中古品の出品:350円
コレクター商品の出品:743円
カスタマーレビュー
日本的美風を体現した武将・立花宗茂の生涯。 九州の雄・大友宗麟の忠臣を父とし、天下に名をはせた戦国武将・立花宗茂。勇・智・情を兼ね備えた稀有の武将の生涯を通じ、日本的美風の確かさを描く。(解説/長谷部史親・鑑賞/佐木隆三)
50歳からの勉強法

価格:1,728円 新品の出品:1,728円 中古品の出品:235円
コレクター商品の出品:1,200円
カスタマーレビュー
孔子は「40歳にして不惑」「50歳にして天命を知る」と言っています。 確かに人生を「起」「承」「転」「結」と4つに区切れば50歳は既に己の行く道筋をはっきりと頭に描き、死という終わりに備える「結」に入る年齢なのかもしれません。 しかし、人生が80年以上になった今、童門先生は「もはや人間の一生に『結』などない。 あるのは『転』だけだ」とおっしゃいます。 逆に50歳は新しい境地を追い求める転変への分岐点になりえるというのです。 実際、代表作となった歴史小説『小説 上杉鷹山』を上梓されたのは都庁勤務というサラリーマン生活に51歳で終止符を打ち、作家活動に専念された後、56歳の時なのです。 そして、「起承転転」の日々を支えるのは知識や教養を高めるための「勉強」であると先生はおっしゃいます。 この本にはその「勉強」をどのような態度でどういうふうに行っていけばよいのかが書い
50歳からの勉強法

価格:648円 新品の出品: 中古品の出品:649円
コレクター商品の出品:3,360円
カスタマーレビュー
終身現役、一生勉強。56歳でベストセラーを上梓、85歳を超えても活躍し続ける秘訣とは?孔子は「40歳にして不惑」「50歳にして天命を知る」と言っています。確かに人生を「起」「承」「転」「結」と4つに区切れば50歳は既に己の行く道筋をはっきりと頭に描き、死という終わりに備える「結」に入る年齢なのかもしれません。しかし、人生が80年以上になった今、童門先生は「もはや人間の一生に『結』などない。あるのは『転』だけだ」とおっしゃいます。逆に50歳は新しい境地を追い求める転変への分岐点になりえるというのです。実際、代表作となった歴史小説『小説 上杉鷹山』を上梓されたのは都庁勤務というサラリーマン生活に51歳で終止符を打ち、作家活動に専念された後、56歳の時なのです。そして、「起承転転」の日々を支えるのは知識や教養を高めるための「勉強」であると先生はおっしゃいます。この本にはその「勉強」をどのような態