保坂和志の最新売れ筋情報

            

感情類語辞典

価格:21,600円 新品の出品: 中古品の出品:19,800円
コレクター商品の出品:1,277円
カスタマーレビュー
古今東西、どんな名作にも必ず共通するのは、登場人物たちの「感情」が豊かに描かれていること。でも、頭で考えるだけでは、どうしてもいきづまりがちで、気づくといつも同じリアクションをさせてしまったり、大げさに書きすぎてリアルでなくなってしまったり…。こうした失敗に陥らずに、そのキャラクターらしい、自然でオリジナルな表現を生み出すには、どうすればよいのでしょうか?本書は、人間の喜怒哀楽を項目化し、それぞれの感情に由来する行動や反応を集めた、創作者のための新しい「類語辞典」です。本書が手元にあれば、お決まりの表現に頼らずに、登場人物をより人間らしくリアルに描き、物語を引っ張っていく魅力的なキャラクターを生み出すことが可能になります。ある感情における、目に見える「外的なシグナル」、体の内側に起こる「内的な感覚」、心理状態を表わす「精神的な反応」、そしてその感情が強烈だったり、長期にわたる場合のサインや
感情類語辞典

価格:1,728円 新品の出品:1,728円 中古品の出品:1,641円
コレクター商品の出品:3,600円
カスタマーレビュー
言葉にならない感情を描くために。 小説家、脚本家、シナリオライター、漫画家、演出家…… 全米で爆発的な評価を得た、すべての創作に役立つ「類語辞典」。 「その表現はありだな」。私は両眉を上げた。 ──飯間浩明(国語辞典編纂者)推薦! 古今東西、どんな名作にも必ずある共通点。それは、優れた「感情」が描かれていることです。 愛、憎しみ、孤独、懐かしさ……。物語を生き生きと描くためには、その渦中に置かれた登場人物・キャラクターの心理を、生き生きと「描写する」ことが不可欠です。 でも、頭で考えるだけでは、どうしてもいきづまりがちです。気づくといつも同じリアクションをさせてしまったり、ドラマ性のない説明文になってしまったり、大げさに書きすぎてリアルでなくなってしまったり、会話に頼りすぎてストーリーがおざなりになってしまったり……。こうした失敗に陥らずに、そのキャラクターらしい、自然でオ
しんせかい

価格:1,728円 新品の出品:1,728円 中古品の出品:639円
コレクター商品の出品:3,280円
カスタマーレビュー
十代の終わり、遠く見知らぬ土地での、痛切でかけがえのない経験――。19歳の山下スミトは演劇塾で学ぶため、船に乗って北を目指す。辿り着いたその先は【谷】と呼ばれ、俳優や脚本家を目指す若者たちが自給自足の共同生活を営んでいた。苛酷な肉体労働、【先生】との軋轢、そして地元の女性と同期との間で揺れ動く思い。気鋭作家が自らの原点と初めて向き合い、記憶の痛みに貫かれながら綴った渾身作!
しんせかい

価格:1,080円 新品の出品: 中古品の出品:115円
コレクター商品の出品:300円
カスタマーレビュー
19歳の山下スミトは演劇塾で学ぶため、船に乗って北を目指す。辿り着いたその先は【谷】と呼ばれ、俳優や脚本家を目指す若者たちが自給自足の共同生活を営んでいた。苛酷な肉体労働、【先生】との軋轢、そして地元の女性と同期との間で揺れ動く思い。気鋭作家が自らの原点と初めて向き合い、記憶の痛みに貫かれながら綴った渾身作!
書きあぐねている人のための小説入門 (中公文庫)

価格:720円 新品の出品:720円 中古品の出品:230円
コレクター商品の出品:800円
カスタマーレビュー
この本の一番面白いところは、「どうしたら小説が書けるか」という素朴で本質的な事柄について繰り返し説いているところです。 “小説風のもの”ではなく本物の小説を書くにはどうすべきか、著者の論点はいつもここに立ち返ってきます。 従来のマニュアル書にあるような「テーマは?」「ストーリーは?」「描写は?」「書き出しは?」といったことにも触れていて、本書の体裁は小説指南書の骨法にのっとってはいるのですが、著者の関心事はテクニック上の問題も含めて小説はいかにして小説になるのかという点なのです。 しかし、実は一般の小説家志望者が一番聞きたいのはこの点なのです。自分が書いたものが小説らしき形態を有していても小説とはされないのはなぜか。なぜうまく書けないのか。あるいはうまく書く必要はあるか。こうした根本的な問題を著者は丁寧にわかりやすく説いていきます。 ●小説を書くことは何か新しいものをつけ加えることだ
書きあぐねている人のための小説入門

価格:1,512円 新品の出品:1,512円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:350円
カスタマーレビュー
この本の一番面白いところは、「どうしたら小説が書けるか」という素朴で本質的な事柄について繰り返し説いているところです。 “小説風のもの”ではなく本物の小説を書くにはどうすべきか、著者の論点はいつもここに立ち返ってきます。 従来のマニュアル書にあるような「テーマは?」「ストーリーは?」「描写は?」「書き出しは?」といったことにも触れていて、本書の体裁は小説指南書の骨法にのっとってはいるのですが、著者の関心事はテクニック上の問題も含めて小説はいかにして小説になるのかという点なのです。 しかし、実は一般の小説家志望者が一番聞きたいのはこの点なのです。自分が書いたものが小説らしき形態を有していても小説とはされないのはなぜか。なぜうまく書けないのか。あるいはうまく書く必要はあるか。こうした根本的な問題を著者は丁寧にわかりやすく説いていきます。 ●小説を書くことは何か新しいものをつけ加えることだ
SAVE THE CATの逆襲 書くことをあきらめないための脚本術

価格:2,160円 新品の出品:2,160円 中古品の出品:1,706円
コレクター商品の出品:443円
カスタマーレビュー
脚本術のバイブル『save the cat』第3弾が登場! 「スランプ脱出法、教えます」 ネタが浮かばない、酷評されるのが怖い、書く気力が湧かない…… もがき苦しむすべてのライターに捧ぐ、 全米no.1大ヒット脚本術『save the catの法則』シリーズ、堂々と完結! 第1弾『save the catの法則』、第2弾『10のストーリー・タイプから学ぶ脚本術』において、ここ日本でも脚本界に旋風を巻き起こしたブレイク・スナイダーの『save the cat』シリーズが戻ってきました。 本書では、執筆上にしばしば直面するトラブルの解決法や、確実に売れる物語を作るためのチップスや技術、そして不安に陥りやすいクリエーター心理をどうすれば守り、鍛え、育てられるかを丁寧に説いています。「物語構造の問題点」や「執筆のモチベーションの保ち方」を、著者自身の失敗談やワークショップでの経験
小説の自由 (中公文庫)

価格:905円 新品の出品:905円 中古品の出品:195円
コレクター商品の出品:2,800円
カスタマーレビュー

小説の自由 (中公文庫)

価格:6,994円 新品の出品: 中古品の出品:5,000円
コレクター商品の出品:2,400円
カスタマーレビュー
小説は、読んでいる時間のなかにしかない。読むたびに、「世界」や「人間」や「私」について、新たな問いをつくりだすもの、それが小説なのだ――。ときに立ち止まり、ときに駆け抜ける、思考の原形としての「生(なま)」の小説論。
小説の自由

価格:2,592円 新品の出品:1,836円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:980円
カスタマーレビュー
小説は読後にテーマや意味を考えるものではない。小説はそのような固定した〈名詞〉でなく、読むたびに読者に向かって新しい世界観や人間や「私」についての問いを作りだす、終わることのない〈動詞〉の集積なのだ。誰よりも小説を愛している小説家が、自作を書くのと同じ注意力で、実際の作品を精密に読んでみせる、驚くべき小説論。