小宮研究室メンバー(2016年)
spacer
(1) 2016年全員
intro1
spacer
(2) 教員たち
komiya

准教授 小宮 剛

 地球・生命進化史の研究をしています。今は、冥王代と後生動物の出現と初期進化がメインターゲットです。
 次は、原生代中期〜後期(16~7億年前)に取り組もうかなと考えています。

spacer
wei

PD 杜 偉(Wei Du)

  エディアカラ紀の最古の動物卵や胚化石の研究をしています。
目標は、最古の節足動物の胚化石を見つけることです。

spacer
spacer
(3) 博士課程大学院生
aoki

D3 青木 翔吾

 初期太古代から初期原生代(39-22億年前)に形成された縞状鉄鉱層の微量元素濃度(REE+Y, Ni, Cu, Mo, Uなど)、安定同位体(Fe, Mo)から、(1)海洋生命必須元素濃度経年変化、(2)縞状鉄鉱層の堆積場の推定を行っています。 現在は、 (1)22億年前に形成された南アフリカTransvaal超層群Hotazel縞状鉄鉱層の微量元素(Ni, Cu, Uなど)濃度から、Great Oxidation Eventにおける海洋酸化還元・生命必須元素濃度変化と当時の生物進化と関連させた議論、 (2)30億年前に形成されたオーストラリアCleaverville層の縞状鉄鉱層の微量元素濃度分布から各元素の起源の推定、鉄同位体比から当時の海洋鉄循環の復元、 を行っています。
 カナダ・ラブラドル、カナダ・アカスタ片麻岩体、南アフリカ・バーバートン緑色岩帯に調査に行きました。
spacer
koshida

D3 越田 渓子

 私は初期固体地球進化についての研究をしています。およそ45億年前に起きた巨大隕石の衝突によるマグマオーシャンの後、マントルがどのような構造や化学組成を持ち、変遷過程をたどったのかは明らかになっていません。なぜならば、それらを記録した岩石は現在の地球に僅かしか残されておらず、かつ後の熱変成・変質作用によって組成が改変されているためです。私は、世界最古の岩石(40.3億年前)を産するカナダ・アカスタ片麻岩体に着目しています。そこに産する苦鉄質岩の産状、構成鉱物、元素組成などからまずは初生的な組成を残す試料を選定し、それらの同位体組成から岩石の形成年代や当時のマントルの化学的・物質的構造を明らかにすることを試みています。
 カナダ・ラブラドル、カナダ・アカスタ片麻岩体、南アフリカ・バーバートン緑色岩帯に調査に行きました。
spacer
spacer
(4) 修士課程大学院生と卒論生
Umeda

M2 梅田 早織

 南アフリカのバーバートン緑色岩帯の海洋底変質を受けたコマチアイトや玄武岩の地質学的産状や化学組成から、当時の海洋底変成作用で特徴的な炭酸塩岩化と珪化作用のプロセスの解明と、それに伴う表層環境への影響を推定する。南アフリカのバーバートン緑色岩帯にも調査に行きました。

spacer
ohkawara

M2 大河原 綾乃

 エディアカラ紀〜カンブリア紀初期は、現生の生物とは異なる体制を持つ生物が多く存在する。また、現生の生物の祖先といえども、異なる形態を持つことがしばしば指摘される。また、動物卵や胚の形状はとてもシンプルで、動物門の間で特徴的な形状を得にくい。このように、特にエディアカラ紀〜カンブリア紀初期の化石の場合、形態のみによる分類には限界が存在する。そこで、化学組成に基づく分類法を確立するために、現生の刺胞動物などの卵や胚化石の微量元素マッピングを行っています。
spacer
uehara

M2 上原 啓幹

 地球最古の鉱物(約44億年前)が産するジャックヒルズ礫岩中のジルコン内部の包有物の同定や分析を行う予定。その前に、ジルコンがどのようなものなのかをちょっと見てみるために始めた、北米地域以外で、唯一38億年前以前の地質体が産する北中国のアンシャン地域の花崗岩質片麻岩の年代測定を行っています。ついでに、太古代初期の地質体の年代の再検討も一括して、行うかも。
 北中国やカナダ・アカスタ片麻岩体の地質調査に参加。
spacer
kou

M2 耿 野川

 エディアカラ紀〜カンブリア紀初期は後生動物が出現し、急激に進化した時代です。その進化の原因を探るために、当時の海洋組成の復元の試みが多くされきました。私は、節足動物などの血液のヘモシアニンや脱窒菌に特徴的なタンパク質に使われるCuに着目し、この時代の堆積物の銅同位体の分析を行っています。その銅同位体データを用いて、当時の海洋中のCu濃度を推定するproxyの開発とその変動の復元することを目指しています。

 中国の瀋陽出身で、北中国やの地質調査に参加。

spacer
matsueda

M1 松枝 果林

 地球最古の鉱物(約44億年前)が産するジャックヒルズ礫岩中のクロマイトの化学的特徴と年代分布の研究を行っています。これまでの研究は、冥王代の大陸地殻の物質の探索が主なものでしたが、私はマントル物質に着目して、冥王代物質や地球最古物質の探索とその解読を目指します。

spacer
yoshida

M1 吉田 聡

 39.5億年前の岩石に含まれる炭質物がどういった起源でできたのか?具体的には生命活動によりできたのか、化学的に堆積したのかなどを解読するために顕微鏡を使ってサンプル(採取してきた岩石の薄片)を自らの目で見て観察して分析器で元素分析を行う予定です。
 今年の夏にはカナダのケベック州に調査に行く予定です。

spacer
spacer
(5) 過去のページ(卒業生や修了生も)
spacer
(6) その他
yamamoto

横浜国立大学・准教授 山本 伸次

 2015年11月から、横浜国立大学に異動しました。
 一応、地球最古の鉱物を探して、西オーストラリアのジャックヒルズ礫岩中のジルコン(44億年前)中の鉱物包有物の同定とその組成の分析を行なっています。
 日本が保有する最古の地球上の鉱物を持っています。

spacer
ishikawa

総合文化研究科・助教 石川 晃

  プルーム活動など、火成岩の化学分析や同位体分析の研究をしています。マントルカンラン岩やプルーム岩、太古代などのカンラン岩の研究を主にしています。小宮研では、化学分析に関することは、一手に任されています。
spacer
spacer
(6) 2016年度卒業・修了
spacer

[ページの先頭へ]

[Home]