計画を立てずに行動して失敗した事が多いけれど、思いがけない素敵体験をする事もある。
モロッコに行くための移動中、日も暮れてきたので、宿を探しに寄ったアンダルシアの最南端にある町。タリファ。
その日は何かの準備なのか、学校に人が集まって忙しそう。そのうち装飾した何台もの車の上に着飾った子供たちが乗っていて大人がキャンディーを放り投げながら移動しだす。
傍らでは大人が付き添わなければ無理そうな大きな太鼓を叩く小さな子から軍服を着た指揮官と同じように堂々とした青年までの鼓笛隊が行進する。
タリファと言う美しい響き、可愛らしい宝石のような子供たち。
後から判ったのだけれど要塞もある主要な軍事基地だったなんて。

もう一度見る

ホームへ戻る