メキシコ市北部にあるグアダルーペ寺院に行った。人びとの真摯なようすに圧倒される。日本のようにだんだん宗教心がなくなって、そうそう楽しそうに生きている世界。幸せになるために必死でここまで発展してきたのだからいいに決まっている。とは、一概には思えない。

グアダルーペの聖母
スペイン人が中南米に侵略してくる以前からあるメキシコ各地の神々とスペインからの侵略者たちが持ち込んだキリスト教と聖母マリアが微妙に合わさってメキシコ原住民に深く愛され信仰されるようになった。
1531年12月9日。
改宗インディオのファン・ディエゴが、メキシコ・シティ郊外のテペヤックの丘を通りかかった時、ディエゴの前に現れた褐色の肌の聖母マリアは、ディエゴにこの場所に教会を建てるようメキシコ・シティに行って、司教に願いを伝えるように言う。ディエゴは言われた通り、デ・ズマラガ司教に会い、自分が見聞きしたことを伝える。もちろん司教は、ディエゴの話など信じず、悲しんだディエゴは聖母のところに戻り、誰か別の人間を使者に立てて下さいと言うが、聖母は再び司教のところに行くように言う。翌日、ディエゴは再び司教のところを訪れ今度は司教にマリア出現の証拠が必要だと言われる。再び戻ってきたディエゴに、聖母は、「あすの朝、証拠を得ることができるでしょう」と言われる。しかしその日、ディエゴが家に帰ると、一緒に暮らしている叔父のベルナルディーノがチフスとおぼしき病気で、夜が更けても病状は一向によくならず、いよいよ叔父ともお別れかと考えたディエゴは、聖母のところではなく、叔父の臨終に備えて僧侶を呼びに行くことにした。しかし聖母は彼の行く手に待っていて、「あなたの叔父さんなら大丈夫です。丘に戻りなさい。そこに咲いている花を摘んで行って、司教に見せなさい」と言う。12月の寒い時期に花なんて咲いているばずがないと内心そう疑いながらも、ディエゴは言われた通り丘を訪れる。するとそこには、聖母の言う通りバラの花が咲いていたのだ。ディエゴばそれを摘んで自分のマントに包み、司教の目の前でマントを開くと、なんとマントの表面には、ディエゴが見たとおりの聖母の姿が描かれていた。もちろん司教は、即座にディエゴの話を信じた。こうして聖母の希望通りテペヤックの丘に教会が建てられた。
1709年にはその隣に新しい礼拝堂ができたが、メキシコ・シティは昔湖だったため地盤が悪く礼拝堂が沈下しはじめた為、1976年に新しい礼拝堂が建てられた。その新しい礼拝堂の奥の壁にその聖母のマントは、掲げられている。
聖母の姿が描かれたマントは、普通なら20年くらいでぼろぼろになるはずが400年以上経っても健在だとか、その瞳の中にディエゴとズマラガ司教が映っているとか不思議な事が多いようだ。ただし、1979年に赤外線検査では、下書きや加筆の形跡が発見され人間によってつくられているとしたが、その製法は完全には解明されていない。
(ローマ法王庁によりカトリック三大奇跡として公認されている。ちなみにあと二つは、フランスのルルド、イベリア半島のファーテマ)

もう一度見る

ホームへ戻る