「言葉の響きは悪いが、ナルシシズムは、強い自己意識を育む努力をするなかで、どうしても必要なエネルギーとなることがある。新しいイメージを自分に与えるとき(たとえば新しい髪形や服、あるいはトレーニングなどで新しい体型になることもある)、それは内面でも変化が起きていることを示している。この過敏な状態にあるときに、自分の属する集団の仲間や同族全体から強く批判を受ける事があるが、ナルシスト的なエネルギーは、反対勢力に直面しつつ、新しい自分を創造し、譲れない線をきっかりと規定する屋台骨を与えてくれる、重要な意義をもつ内面の変化が起きている。ナルシシズムはそれに備えるための心の準備をさせてくれる。」

キャロライン・メイス

ホームへ戻る