遠島山

八戸山水会の忘年会に参加し、遠島山に登った。 遠島山は久慈市の南西郊外に位置する標高1262.7mの山である。 と言うよりも、山岳会の交流会に頻繁に利用されている山小屋・遠島山荘がある山として知られている。

       
photo1    

内間木集落へ入り、集落最奥の内間木洞に着いた。
内間木洞は総延長6Kmを超える洞穴であり、岩手県指定の天然記念物となっている。このときは閉鎖されていた。
内間木洞の脇にはキャンプ場がある。内間木洞のあたりが遠島山登山の1合目になっている。


   
photo2    

内間木の1合目から林道を進み、4合目近くの遠島山荘までは車で乗り入れた。
標高790m、3.8合目ぐらいに林道から遠島山荘への入口があり、そこには山頂まで2.5Kmの標識が立っている。


   
photo3

登山コースとなっている林道から100mほど入ったところに遠島山荘がある。周辺は広大な広場になっている。
遠島山荘に荷物を下ろした後、忘年会参加者は三々五々に遠島山へ登っていく。


photo4

遠島山荘の分岐点から登山コースを1分ほど進むと林道と登山道との分岐点となり、遠島山への登山道を辿る。


photo5

遠島山荘あたりの尾根上、「竜が平」と呼ばれる平坦地に、4合目の標識が立っている。
尾根に沿って1本の登山道が延びており、登山道を辿りながら緩く登っていく。


photo6

ここ1カ月ほど雨や雪の山行が続いていたので、青空の下での山歩きが新鮮に感じられる。
雪雲に覆われた日本海側と、青空が見られる太平洋側との違いを今更のように実感する。


photo7

山頂まで緩やかな登りが続く。八合目になると更に穏やかな登りになり、山頂が近い感じになる。


photo8  

遠島山頂上(1262.7m)に着いた。


photo9

遠島山頂上からは久慈湾あたりが眺望できる。頂上から1、2分ほど移動したところの方が展望が得られる。


photo10  

遠島山頂上から天神森方面へ1、2分移動すると展望の得られる場所に着く。
遠島山頂上には「天神森」への標識があったので、遠島山から天神森への登山道があるのだろう。


photo11

展望場所からの眺め


photo12

姫神山(1124m)が眺望できた。岩手山は雲の中にあり、姿が見えなかった。


記録



付録



ホームページへ