遠島山荘に泊まる

山仲間のIさんとKさんとが八戸山水会に属している関係から八戸山水会の忘年会に参加し、遠島山荘に泊まった。 遠島山荘は暖炉式ストーブや囲炉裏などが備わった別荘のような無料の山小屋である。 そのような遠島山荘に焦点を置いたページを作ってみた。

       
photo1    

遠島山荘は内間木集落から遠島山への登山コースの途中にある。
内間木集落から林道を進み、遠島山荘まで車で乗り入れることができる。
標高790m、3.8合目あたりに位置し、山荘周辺は広大な広場になっている。


   
photo2    

正面入口側から見た遠島山荘


   
photo3

裏側から見た遠島山荘。コンクリートで囲まれた床下空間にマキが蓄えられている。暖炉の煙突が見える。



photo4

遠島山荘の裏側には冬季用の水場がある。遠島山荘内には水道蛇口があるが、冬季は使えない。


photo5

一階は入口のあたりに囲炉裏空間あり、その周辺に板床式のベッド空間がある。
ベッド空間は五角形といった感じであり、床の幅は180cmぐらいある。

photo6

二階は一階と同様なベッド空間になっている。


photo7

二階から一階の囲炉裏あたりを見ている。山荘内にはスリッパや座布団が備わっている。


photo8  

入口玄関で靴を脱ぎ、板床式の囲炉裏空間ではスリッパを使用するようになっているようだ。



photo9

流し台には水道が引かれている。冬季、水道は使えない。


photo10  

トイレも清潔な感じだ。


photo11

暖炉式ストーブがあり、別荘のような感じの山小屋だ。マキは床下に蓄えられている。


photo12  

入口近くにあるストーブ。ここで出来たオキビを囲炉裏に利用する。


photo13

この晩は3つのグループ、20名ほどが泊まり、合同の宴会となった。


photo14  

この晩は皆既月食があり、みんなで外に出て夜空を眺めた。


記録



このときの登山



ホームページへ