八幡平〜茶臼岳 紅葉のころ

昨日は三ツ石馬蹄縦走コースを歩き、きょうは青森へ帰る日である。 三ツ石山の近くで午前中だけの散策として八幡平を選んだ。 散策の足を少しづつ延ばしているうちに・・・。

       
photo_01    

八幡平頂上(見返峠)駐車場から、散策予定の八幡沼方面を見ている。


   
photo_02    

八幡平頂上(見返峠)駐車場の登山口から出発する。


   
photo_03

まずは八幡平頂上を目指す方向へ進んだ。石畳の歩道が続いている。


photo_04

鏡沼に着いた。


photo_05

確かに鏡のようになっている。


photo_06

こちらはメガネ沼である。


photo_07

八幡平頂上に着き、頂上園地案内板を見ながら、歩くコースを考えている。
源太森あたりで折り返すのが無難か。


photo_08  

八幡平頂上(1613m)は平坦地形の縁にあり、展望台が設けられている。


photo_09

平坦地形であることを確認し、八幡沼へ向かう。


photo_10  

八幡沼のとなりにはガマ沼がある。


photo_11

八幡沼に着いた。思っていたよりも大きな沼である。しかも美しい。


photo_12  

八幡沼


photo_13

抜群のロケーションに避難小屋・陸雲荘がある。その先に見える丘が源太森であろう。


photo_14  

陸雲荘を覗くことにする。


photo_15

快適に泊まれそうな小屋である。


photo_16  

陸雲荘のデッキから八幡沼を見ている。


photo_17

草紅葉の湿原を進む。


photo_18  

湿原が続いている。


photo_19  

八幡沼の湖岸を歩く。


photo_20

歩いてきた湿原を振り返っている。


photo_21  

八幡沼の東側分岐につき、左折して源太森へ向かう。


photo_22

アオモリトドマツ(オオシラビソ)林の中に延びた登山道を進む。


photo_23  

源太森(1595m)に着き、八幡沼方面を眺望する。


photo_24

八幡沼


photo_25  

源太森から茶臼岳を見ている。片道1時間、往復2時間か。
途中の黒谷地湿原まで行ってみよう。片道30分である。


photo_26  

源太森から黒谷地湿原へは緩く大きく下る感じになる。


photo_27

洗掘の区間もある。


photo_28  

黒谷地湿原に着いた。


photo_29  

黒谷地湿原を見ながら、茶臼岳まで歩くのか思案中である。
バスを利用して茶臼岳登山口から八幡平頂上登山口へ帰ることもできる。
しかし、バス時刻表をチェックしてこなかった。さて、さて、どうしよう。


photo_30

茶臼岳まで行き、折り返すつもりで茶臼岳へ向かっている。


photo_31  

茶臼山荘に着いた。茶臼岳山頂が近いはずである。


photo_32

茶臼山荘の内部をチェックする。


photo_33  

ラッキー。バスの時刻表があった。予定では11時に茶臼口に着く。11:22のバスが利用できる。


photo_34

時間的に十分な余裕があることが分かり、茶臼山荘から茶臼岳へ向かうことにする。


photo_35  

茶臼岳山頂(1578m)に着いた。山頂は展望所になっていた。


photo_36  

茶臼岳から畚(もっこ)岳方面を眺望する。眼下に熊沼が見える。


photo_37

熊沼


photo_38  

茶臼岳から茶臼岳登山口方面を見ている。紅葉シーズンであり、多くの車が通っている。


photo_39  

茶臼岳から登山口へ下っていく。


photo_40

茶臼岳を振り返っている。茶臼岳は展望が得られ、良い山行となった。


photo_41  

茶臼岳登山口に着いた。


photo_42

茶臼岳登山口の駐車場兼バス停に着いた。30分ぐらいでバスが来るはずである。


記録


前日の山行




ホームページへ