和賀岳

秋田・岩手の県境にある和賀岳(1440m)へ4人パーティで登った。 岩手県側からの高下コースがポピュラーであるが、秋田県側の真木コースを利用した。 真木コースの方は薬師岳から和賀岳へ至る稜線が長く、その稜線全長において素晴らしい展望が得られるのが特徴的である。

和賀岳(わがだけ)の一般的な情報

photo1

ガスの中、早朝登山
薄いガスであるが、展望は得られない。
滝倉遭難小屋跡地のテント場を4時50分出発


photo2

和賀岳山頂(1440m)に8時25分到着
晴れていれば360度の大パノラマが得られるのだが
20分ほど待ってもガスが晴れないので下山


photo3

下山の途中から和賀岳方面を振り返る。
ガスが晴れつつある。


photo4

下りの方向を見る。
稜線先端のピークが薬師岳(1218m)


photo5

小杉山〜和賀岳の稜線
左端のピークが小杉山(1229m)


photo6

右端のピークが小鷲倉(1354m)
和賀岳は小鷲倉の先にある。


photo7

薬師岳からの眺望
薬師岳〜小杉山の稜線


photo8

写真中央の最も高いのが主峰・和賀岳
左側の稜線が真木コース、右側の稜線が高下コース


photo9

薬師岳から少し下った辺りから再び和賀岳を見る。
登りの場合は、この辺りから和賀岳が見え始める。


photo10

薬師岳からの下り
薬師岳〜倉方〜滝倉へと下る。


photo11

滝倉避難小屋跡地に設営したテントを撤収
駐車場から1時間半ほど登ったところに避難小屋跡地がある。


photo12

避難小屋跡地から少し下ったところにある滝倉の沢
この沢がテント場の水場になる。


photo13

甘露水の登山口
ここにも駐車スペースがある。
登山口〜薬師岳の区間はブナ林


photo14

甘露水の登山口から15分ほど下った駐車場にある休憩所
トイレや宿泊スペースが備わっている。
登山靴を洗ったりする水が引かれている。


記録

資料



ホームページへ