真瀬岳

体育の日に秋田県側から白神山地へ入り、真瀬岳と二ツ森とを1日で登ることにした。 昨日は秋晴れの登山日和であったが、今日は曇り空が広がっている。


       
photo1    

二ツ森登山口へ向かう舗装道路と別れて中ノ又林道へ入り、真瀬岳登山口へ向かう。


   
photo2    

中ノ又林道を5Kmほど進み、真瀬岳登山口に着いた。登山口は車2、3台が駐車できる感じか。
林道は更に奥地へ延びているが、少し先で終点になる。


   
photo3

登山口のところで沢を横切る。探せば登山靴でも横切れる場所がある。


photo4

林道跡を250mほど辿り、登山標識のところで左へ折れ曲がる。
沢のあたりでは道筋が下草で覆われ、少し不鮮明になっているところがある。


photo5

金山沢を横切る。ここでも、よく探せば登山靴でも横切れる場所がある。対岸に登山道の続きが見える。


photo6

尾根を登り始めると、スギ林の中にハッキリした道筋が続いている。
標高270mの登山口から標高650mぐらいまでスギ林の区間が続く。


photo7

スギ林を過ぎると、尾根に沿って落葉広葉樹林の中を登っていく。


photo8

標高715mぐらいに休憩に適した場所がある。後で示す露岩の下側になる。


photo9

休憩場所から登山口方向を見ている。


photo10

休憩場所から10mほど登り、標高725mぐらいになると露岩がある。
露岩に登ってみたが、ガスで展望は得られなかった。真瀬岳山頂方面はガスで覆われている。


photo11

露岩を過ぎると、白神岳方面への展望が得られる場所がある。今日は山並みがガスで覆われている。


photo12

標高810mぐらいで刈り払いが終わっており、笹をかき分けて進むようになった。


photo13

笹の下の道筋はハッキリしているが、笹をかき分けて進む区間が長い。


photo14

山頂へ向けて最後の登りか。


photo15

真瀬岳山頂(988m)に着いた。
山頂は背丈の高い笹で覆われており、天気が良くても眺望は得られない感じだった。


photo16

二ッ森登山の後、帰路の林道から見た真瀬岳の遠望


記録


午後の山行



ホームページへ