うぐい滝川 滝ありヘツリあり、下北の名渓

所属する八戸山水会の月例山行2日目。

 
前日の9人から8人パーティーとなり、7時少し前に、薬研野営場を出発。
ウグイ滝川の第3橋から入渓。
30分位の単調な歩きを過ぎると、滝やミニゴルジュが現れ出し、攀じ登ったりヘツッたりで変化に富む。
ここ数日続くヤマセで、肌寒い天気だったが、ドボン者続出の楽しい遡行となった。
なんでもないところで1〜2m滑落。
足から着地したものの、そのまま仰向けで水の中にドボン。
上流部の林道交差部手前、長滝の出合で休憩。
濡らして調子が悪くなったカメラを拭いて電池を入れ替えたら復活。
単なる電池切れだった。
好きだった直角に曲がる2段の滝を取れなかったのが残念。
休憩後、長滝に挑む。
ここが最後なので、慎重にも慎重を期し、2度程ロープを出した。
最後は、1〜2mの滑落がトラウマになったのか、急に登りが怖くなりKGさん、KTさんに先行してもらいロープを出してもらった。
フィックスしてもらったロープにクレムハイストで確保し、ゆったりと登ることが出来た。
更に上に小段があり、登り切ったところで林道、今回の遊びはここで終わりとなった。
1時間の林道歩きで、車まで戻る。

10年ぐらい前の記憶より、土砂が流入し、沢は荒れていたようだ。
また、滝や壁の苔が多くなり、滑り易くもなっていた


 


ヘツリ。ドボン用にロープを出した。

 


きっちり確保して登ったり。



小さく巻いたり


 


ドボンしたり


ゆったりしたり


 


ここから最後の大滝(長滝)に向かう



遡行図(同行者に書いていただいた)

 

赤点線が遡行ルート。赤@から入渓した。黒@からだとF1を過ぎてしまう
黒B(双子滝)へは行かなかった

記録



ホームページへ