キッチンスター

000311土曜日14:00〜15:00
キッチンスター
洋食屋
今日の昼食をこのスターで取ることにした。店構えから老舗の匂いを漂わせ、近づきがたい雰囲気。ショーケースのサンプルもすすけてて余人を近寄らせない。勇気を振り絞って中に入るとカウンター席に何故かステッキが置いてある。??と思ったがそこは心の動揺を見せずにカウンター内のマスターに「いいですか?」と一声かける。すると丁寧で小さな声で「どうぞ」。おお、なんか店構えと比べて接客姿勢が好感度。
店内はカウンターのみで8席程度。また週刊誌等の雑誌も豊富に置かれている。目に付いたのが週刊女性の"ホモ狩り"記事見出し(^^;;
さてまずはオーダーをしなければ。おっとメニューは・・・あったあったNHK-AMが流れるラジカセの上に。ゆうこがなんとミックスグリル(\1030)をオーダーしたので、オイラはオーソドックスにハンバーグ(たぶん\580)をオーダーする。するとゆうこがメニューを指さすので見てみるとその先にはコーンポタージュS(\250、Lもある)。すいませーん、コーンポタージュのSもくださーい。ゆうこがビール頼んでいい?というからおお、どうぞ。
ここで外から80歳ぐらいと思われる男性が入ってきた。するとくだんのステッキの前へ座るではないか。ああ、先客だったのね。たぶん常連さんなんだろう。マスターは米を炒めていた。ピラフか・・・なんかそう言うのもいいよな。
おじいさんのピラフが出来上がるとようやく我々のオーダーに取りかかる。まずはミックスグリルについてくるサラダが出てきた。キャベツをドレッシングであえたものとトマトのサラダ。次にビールとコップが二つ。
ここでまたお客さん、今度は20歳ぐらいの女性が三人。おじいさんが「珍しいな、夜ならあれだけどこんな時間に混むなんて」というから我々も席を空けながら、「いいじゃないですか千客万来で」と口を挟む。でもオイラ達が行くと後から客が来るってことよくあるんだよね。そういうことってみんな結構あるんじゃないかな?
次にコーンポタージュが出てくる。味は薄めというか、オイラは花粉症のせいかよく味がわからない。ゆうこが塩・こしょうをしてやっとわかった。
なかなかメインディッシュが出てこないが、キッチンでマスターは忙しく料理を作っている。ミックスグリルなんていう満艦飾のメニューをオーダーするからだ、と内心"忙しいときに面倒くさいもの頼んでごめんね"と思った。手持ちぶさたなので週刊文春をおじいさんの脇から取ると積んであった雑誌を全部オイラの目の前に積んでくれた。ありがとう。
今にして思えばこのふんだんな雑誌はオーダーしてから料理の出来上がるまでに読むためのものなんだ。決して手際が悪いわけではないのだが、マスターは丁寧な仕事をする人なんだ。このスターで食事をするときにはゆとりの心が必要なのかもしれない。
おじいさんのピラフが食べ終わる少し前、まずはオイラのハンバーグとライスが、次にゆうこのミックスグリルとライスが出てきた。
ハンバーグにはホワイトルーがかかっていてちょっと珍しい。付け合わせにはキャベツをドレッシングであえたものとトマトのサラダ、それにタルタルソースのついた油通しピーマンとフライドポテト。
ミックスグリルにはボイルしたエビを焼いたものとポークジンジャー、ハンバーグにナポリタンスパゲティにタルタルソースのついたブロッコリーとフライドポテト。
ハンバーグはニューバーグで食べたものよりふっくらしていて食べ応えも充分。ホワイトルーも違和感無く食べられた。また付け合わせのフライドポテトが出来立てでまだ熱々なのにはちょっとビックリ。普通作り置きするもんだろう?と思っていたのだが、このスターでは違うのだ。こう云うところに時間がかかるのだ。
ニューバーグのような作り置きスタイルの洋食屋を予想していたのだが、スターは丁寧な仕事が自慢のようだ。
2000/3/11 10:38

<MENUのページ>
ジャンル別一覧 エリア別お店一覧(新高円寺)