成都

2000/04/13 ランチが食べられなかったのでたぶん15:00過ぎ

なんとかスマートに取材できないものかねぇ?軽量薄型のフラットヘッドスキャナー(USB接続)でも持って歩くか!?

ありゃ〜お店に行ってから2ヶ月が経とうとしているよ(^_^;)
このお店について覚えていることは、とにかくメニューの量が豊富で、デジカメで写していてもいつまで経っても写しきれない、と感じたこと。
この高円寺探検隊のウリとしてメニューの詳細なレポートをお届けするということを(一応は)目標に掲げているのだが、「成都」みたいにメニューがあるとフォローしきれないのが現実。
現在使っているデジカメはフジフィルムのDS-10Sという35万画素(もあるのかな)の、スゴく初期のデジカメ。
手軽に撮影できる楽しさを教えてくれたのは事実だが、このごろ自分たちの要求する機能が弱いという限界に達している。
接写が20cmまでしか寄れなかったり、オートフォーカスが思うように機能してくれなかったり、起動時間や撮影時間がかかったり、夜間撮影が苦手だったり。ま、機械に文句を言ってもしょうがない。要は腕でカバーしきれないのが問題。
判読できないメニューの一部・・・。
新装開店バリバリのお店 当日は新装開店の日。内装工事も終わってないような状態だった。以前から「ニューバーグ」や「薔薇亭」へ行く途中で激安ランチメニューが気になるお店だった。しばらく北口へ行かなかったために改装工事が始まっていたのだ。
この日も自らの優柔不断でランチ難民と化した我々はランチタイムが終わっているのにもかかわらず、新装開店の「成都」に挑戦したのだ。
読めます?これが激安ランチバイキングの証拠写真。実際には
「31年間ご愛顧いただいた当店が2000年を迎え新しく生まれ変わりました。今までと同じ四川料理を中心に北京・広東料理他が加わりました。一流の中国の料理人達が本場中国の味をお届けします。★ランチバイキングAM11:00〜PM3:00まで(料理、点心、スープ、ごはん、デザート、等○○〜写真での判読不可〜種類以上)大人850円 小学生700円 幼児無料」
と書いてある。まず「31年間ご愛顧いただいた」にビックリ。そんなに歴史があるのか?次の「四川料理を中心に北京・広東料理他が加わりました。」と言うからにはランチバイキングでは各種料理が並ぶのだろう(道理でメニューが多いわけだ。言葉をそのまま信じると中華料理のほぼすべてをカバーしていることになる)。またこれビックリ。
それに幼児が無料というのにもビックリする。どなたか小学生になるまでのお子様を連れて確認していただけないだろうか。さすが中国4000年の歴史だ??
厨房のカウンター パ、パノラマ写真? いきなり兵馬俑がお出迎え!?
店内に入るといきなり兵馬俑がお出迎え。なんでだ?兵馬俑などの古美術品は中国から持ち出し禁止されていそうなのに。レプリカかな?どうやら中国の方の経営のようでバリバリの中国語が店内で交わされている。「四川料理」をメインにしていることは看板やメニューからわかる。四川地方って中国のどこら辺かな。隣の国なのに知らないことが多い。
海老と豆腐の土鍋ご飯700円 鶏肉の四川風ソースかけ680円 これが今回オーダーしたメニュー。よく内容を覚えてないのだが、これはuchaのマル秘メモを見ればフォローできると思う。
しかし何よりも悔しいのが写真がちゃんとフレームに収まっていないこと。
たぶん気合いが入っていなかったのだろう。取材をするときの姿勢を考えるようになったのはいいきっかけかもしれない。(万)

何故か肝心なことが書いてい無いマル秘手帳なのだ (T.T)
いやぁ〜、デジカメ期待していたものだから?って言うか、
もぉ何を食べたのか覚えていないんだよ ^^; また今度行って来ま〜す♪
とりあえずMENUのページ見てみてよ!! (う)
"まめ"の広東風炒め?580円 (・_・)......ン?〜確かお豆腐料理だったような??

メニュー紹介のページ
MENUのページ
ジャンル別一覧 エリア別お店一覧(高円寺北口) 更新履歴

更新日 00/06/12
名前 (万)