運動失調

運動失調とは?

運動の規則性・方向性・速度・距離の障害による運動の時間的・空間的効率の低下を意味し、また運動の支点となる関節での固定性を伴う。

運動失調を構成する要素

平衡障害協調運動障害(運動を円滑に行う為に、多くの筋肉が調和を保って働くこと)

運動失調の分類

 1、脊髄性運動失調症

  深部感覚(位置覚・関節覚・筋覚)の障害により生じる。

  【検査】Romberg(

  【代表的疾患】梅毒による脊髄癆フリードライヒ運動失調症

 2、迷路性運動失調症

  起立と歩行時の平衡障害が特徴。必ず、眼振を伴う。

  四肢の随意運動には障害が無く、深部感覚にも異常は無い。

 3、大脳性運動失調

  前頭葉・側頭葉・頭頂葉などの障害でも運動失調が起こる。

  最も有名なのは、脳腫瘍による前頭葉性運動失調症。

 4、小脳性運動失調

  @小脳虫部の障害

   平衡障害が強く、起立・坐位の障害や歩行障害が著明である。

   主に、体幹運動失調。

  A小脳半球の障害

   障害部位と側の四肢に運動失調が出現。

   筋緊張低下構音障害眼振も出現する。

   a,古小脳症候群(片葉小節葉)

     歩行時の平衡障害、起立や坐位での障害など、体幹運動失調がある。

   b,旧小脳症候群(小脳前葉)

     歩行障害が主で、肢の運動失調がある。

     起立ないし歩行時には、陽性支持反応が亢進する。

   c,新小脳症候群(小脳後葉)

     障害側の上下肢に運動失調・筋緊張の低下がみられる。

障害側の筋は易疲労性となり、脱力もみられる。

歯状核障害では、企図振戦がある。

 

運動失調の特徴

 1、立位

  両脚を広げ、両上肢を外転し、平衡を保とうとしているが、それでも全身が不規則に動揺

している事が多い。揺れ方は、あまり大きくなく、倒れるほどのものは少ないが、倒れる

ときには、障害側又は後方へ倒れる。

 2、坐位

椅子にかけている時には、運動失調があると両足を開いて椅子に手をついている

→坐位では、体幹運動失調を判定しうる。

 ベッドに深く腰かけさせ、足を床から離した状態にする。これで、状態が不安定になり、

膝を開き、両手をベッドについて支えるばあいを陽性とする。

3、歩行

  運動失調があると、重心をとるために足を大きく開いている。典型的なものに酩酊歩行が

ある。

軽度のものを発見するには継ぎ足歩行を行わせるか、目を閉じて直線上を歩かせると障害

側に偏倚するか倒れる事が多い。

 4、言語

  特有な構音障害:爆発性不明瞭緩慢でとぎれとぎれ運動失調性発語

 5、眼振

 6、四肢の運動失調

  四肢の小脳性運動失調症の構成要素

   @ 測定異常

   A 反復拮抗運動不能:回内−回外など

   B 運動分解

   C 協働収縮不能

   D 振戦

   E 時間測定障害:time lag

  四肢に対する協調運動障害の一般的試験

   指鼻試験膝打ち試験(自分の膝を手掌及び手背で素早く叩かせる)

  測定異常に対する試験

   【例】コップを持たせる→健側・患側で仕草が異なる。

      線引き試験1枚の紙の上に約10cm離して2本の平行な線を引き、患者にこの縦

線間に直交するような横線を左から右に引かせる。

  反復拮抗運動不能に対する試験

   回内―回外検査:手を最大速度で出来るだけ続けて回内・回外させる。

   Tongue Wiggle :舌を左右へ動かす。

 

 

起立・歩行障害の診かた

 平衡障害は歩行の不安定性と起立位維持の障害、すなわち起立時障害にてみられる。

1、起立位維持

【テスト法】

a,Romberg test

両足を揃えてつま先を閉じて立たせ、身体が安定しているかどうかをみる。

次に開眼させて身体の動揺をみると、大きく揺れて倒れてしまう事がある。

揺れが無ければ、足背の腱の浮き出しをみる。

下肢深部感覚障害末梢性前庭障害の際に陽性となる。

b,Mann test

両足のつま先と踵を一直線上に揃えて起立。前後の足を入れ替えて、開閉眼で動揺を比較。

c,片足立ち

片足立位を左右で行い、出来れば閉眼で片足立ち。

閉眼片足立ちが10秒以上可能なら正常。5秒以下なら、運動失調の疑い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【起立位維持の段階と評価法】※障害の軽い順に並べる

@Romberg徴候陰性

閉脚立ちでの足背の腱の浮き出しが開閉眼共に殆どみられない。

多少の浮き出しは陽性としない。継ぎ足立ちが可能。

 ARomberg徴候陽性

  閉脚立ちで足背の腱の浮き出しが明瞭であり、さらに開閉眼での差が明瞭である。

閉眼によって、腱の浮き出しが明らかとなる。

しかし、下肢・体幹の動揺は無い。

片足立ちは不安定、継ぎ足立ちは困難である。

 

 B片足立ちが両側ともに瞬時に限られ、Romberg試験では下肢体幹などの動揺が明らかで

ある。継ぎ足立ちは左右共に不能。脚起立は可能。

 C脚位をとる事が不能で、Romberg試験を行えない。片足立ち継ぎ足立ちも不能である。

 D開脚位の両足の距離が10〜30cmである。

E開脚位の両足の距離が30cm以上となり、起立位を保つことが困難で、起立位を保持する

と不安定であり、下肢体幹頭部が動揺している。

F起立位がとれない。

2、歩行

小脳性運動失調の歩行障害

初期 階段昇降時の多少のふらつき(自覚症状は無い)

    ↓

   平地歩行でのふらつき、歩幅の縮小、歩隔の拡大、上肢の振りの減少および外転、

足底接地の仕方、下肢の動き方、振り出しのの上がり方と角度の伸び方、頭部の揺れ

方向転換時の早さと揺れなど多くの異常が出現。

 ↓

介助を要する(起立位の維持困難)

 ↓

末期 歩行不能(這って移動)

協調運動障害の診かた

協調運動障害は、運動速度の低下運動の大きさの減少方向の異常運動時の関節固定性の不安定性としてみられる

→結果として、測定異常・運動分解・運動開始の遅延・運動の速度の低下・運動の不規則化な

どがみられる。

テスト法は、P4〜5を参照のこと。