サバイバル節約術


カガミガイ <鏡貝>







アサリよりも沖合いの若干深い場所にいます。
潮干狩りではまれにしか採れません・・・



12月末。西向きの海岸。
冬になるとサルボウガイが打ちあがる海岸・・・なんとカガミガイもあちこちに・・・

カガミガイ。
円く白いので綺麗です。
砂袋があり、完全に砂抜きする事は出来ないようですが、私は、お酒と一緒に数回噛んだら飲み込んでしまうので気になりませんでした。
パクパクとあっという間に食べてしまいました・・・
気になる方は、軽く茹でた後、一つ一つ開き、エラ周辺のやや黒っぽい部分を丁寧に取り除いてください・・・

※東京湾で増えている外来種のホンビノスガイはもっと厚みがあります。


カガミガイ料理:



酒蒸し。
煮汁(蒸し汁?)で軽く洗い、美味しく頂きました。




アミ焼き。写真手前3個。奥はアサリ、スガイ。
砂を含んでいるので、醤油で洗いながら頂きました。




串焼き。
砂袋は取り除きました。
ある程度焼いた後、醤油を付けて焼き上げました。
これは美味しいです。お酒にも合います。















 

TopPage 最初のページへ    
Copyright (C) 2011 YOSHIKOTO.HATTORI , All rights reserved.