山口県光市室積半島 杵崎神社奉納相撲大会の紹介 2002-9-1  




山口県光市室積半島
 杵崎神社奉納相撲大会の紹介
2002-9-1 

山口県光市室積半島 杵崎神社奉納相撲大会

. 峨媚山にある杵崎神社は、風の神である級長津彦命・級長戸辺
命および大伴連狭手彦を祀っています。562年、狭手彦が新羅国征
伐のため筑紫に赴く途中、周防灘で暴風に遭遇し、遭難しそうにな
りました。

狭手彦は杵崎の祠に「危難を救ってくれるならば、生前・
没後とも永く魂をこの地にとどめ、大神にして奉る」と祈ると、嵐は静
まりました。

狭手彦の霊威によって杵崎神社が創建されたといいます。
. この社の下の海中には甲羅に海草が生い茂る亀がいて、この亀に
因んで一時期「亀崎神社」と称したことがありました。
. 毎年9月に開 催される神前奉納相撲が有名です。

[室積探訪による]

. 残念ですが、現在は休止され,このホームページが最終回の記録
写真となりました。





奉納相撲看板


 杵崎神社鳥居


力士集合中


 


観戦者集合


 





 力士 高校生 一般


力士は早長八幡宮によるお払いを受ける。



 市長参加





 

               


早長八幡宮宮司 


  カメラマン多数


 


杵崎神社前御払い


杵崎神社前の力士


 間もなく相撲開始


外国人観戦


 開会式 


準備運動


 珍しい天井桟敷で観戦

              

杵崎神社相撲場


沢山のカメラマン




相撲開始


 


報道取材者



熱戦


 


杵崎神社入口駐車場



杵崎神社相撲場の場所




TOPページ