..
..
..
..
山口県光市室積 冠山総合公園 カルガモ親子の紹介 2015-6-7  





山口県光市室積 冠山総合公園   
山口県光市室積 冠山総合公園 カルガモ親子の紹介 2015-6-7
2015-6-7


 カルガモの生態について

 カルガモ大韓民国、中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国、日本、ロシア東部
 日本では主に本州以南に周年生息(留鳥)する]。和名は「軽の池」(奈良県橿原市大軽周辺 とする説もあり)で夏季も含めて見られたカモであったことに由来すると考えられている。
「生 態」
 湖沼、河川などに生息し、冬季になると海洋にも生息する。渡りは行わないが、北部個体群は冬季になると南下する。
 食性は植物食傾向の強い雑食で、種子、水生植物、昆虫などを食べる。狩猟で撃ち落とされた本種で、 3.2-6.6センチメートルのオイカワを30尾食べていた例もある。水面でも陸上でも採食を行う。
 繁殖形態は卵生。亜種カルガモでは集団繁殖地(コロニー)を形成することもある。水辺に巣を作る。
 基亜種は7-9個、亜種カルガモは10-12個の卵を産む。亜種カルガモの抱卵期間は26-28日。
 少なくとも基亜種においてはオスも育雛を行った例があ。雛は孵化してから2か月で飛翔できるようになる。  
ウイキペディアフリー百科事典



山口県光市室積冠山総合公園の場所




  冠山総合公園 カルガモ親子スナップ写真




  水の色が茶色なのは花菖蒲が育成されていた場所で
 現在せせらぎに移動中。




  親鴨についていく雛は愛らしい。




コガモは6羽確認。




偶然目の前に現れラッキーであった。























カルガモ撮影場所




感想その他 

 花菖蒲まつりを見に来て偶然見つけラッキーだった。。
 冠山総合公園で見たのは何度も来ているが初めてである。
 花菖蒲を見て帰りに見ようとしたが見つけられなかった。
 





TOPページ