山口県光市室積3丁目  早長八幡宮秋まつり 海上御神幸の紹介  2009-10-10(土)  





山口県光市室積3丁目早長八幡宮   
早長八幡宮秋まつり 海上御神幸の紹介   
 2009-10-10(土)

 早長八幡宮秋まつり 海上御神幸


  25年ぶりに行われた海上御神幸でのもちまきが、松原御旅所近くの海岸で、船上から行われた。
 松原御旅所は、1444年、宇佐神宮から勧請の際神霊を乗せた船が着いたとされる場所である。
 光市室積の早長(はやおさ)八幡宮と周辺で10日、秋祭りが始まった。

 25年に1度の式年祭に当たる今年は海上御神幸があり、漁船24隻が列を成して海を渡った。
 祭りは例年1日だが、今年は式年祭のため2日間にわたって開かれる。

 10日の海上御神幸ではご神体を載せた2隻をはじめ、氏子らの乗り込んだ漁船24隻が御手洗湾と室積海岸を周回した。

 御旅所近くの室積海岸では船が一列に並んだ後、2隻の船上からもちまきが行われ、  25年ぶりの海上御神幸を一目見ようと詰め掛けた見学者らを喜ばせた。

 2日目の11日には市有形民俗文化財に指定されている山車10台と民俗芸能用屋台「踊山」の恒例の引き回しが繰り広げられる。
 式年祭のため今年は御旅所が2カ所設けられ、約4.6キロを「鳥居」や「石燈呂」など神社の形態を整えた山車や踊山が勇壮に練り歩く。

山口新聞 2009年10月11日(日)掲載追加加筆


   早長八幡宮について


  御祭神
応神天皇(おうじんてんのう)
比売神(ひめがみ)/宗像三女神(むなかたさんじょしん)
 ・田心姫命(たごりひめのみこと)
 ・湍津姫命(たぎつひめのみこと)
 ・市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)
神功皇后(じんぐうこうごう)


 文安元年(1444年)、豊前(大分県)の宇佐八幡宮を勧請したと 伝えられている。
 その地を早長の浦と呼んでいたので、この名をつけた。

 初め祀られたのは、宮ノ崎で、その後、人家がふえて、宮ノ脇に遷座し 、寛文元年(1661年)に現在地に遷されたものです。  荘園時代に京都石清水八幡宮の社領内にあった関係から、お祭りは京都の葵 祭に似て豪華である。

 祭礼は10月の第2日曜日に行われています、祭りに引く山車は文化 財に指定されている。、ふるさと郷土館には先代の曳き舶が展示されている。
室積探訪 掲載


  海上御神幸プログラム


ポスター


25年前の海上御神幸の写真



  海上御神幸スナップ写真


御霊移しされたみこしを本殿から降ろす。


光漁港へ出発


石段慎重に



光漁港に神輿到着



神職到着









神輿は2車


神輿 乗船








出発


みたらい湾を周回した。

 

神体を載せた2隻 光漁港出発
 
            

神体を載せた2隻の船は2船連結

 

  普賢寺波止場見送り。          





  室積灯台のそばをとおり松原御旅所


松原御旅所前室積海岸到着周回

           

餅まき船


御旅所近くの室積海岸では船が一列に並んだ


船上で神事


一列に並んだ船は壮観


神事完了餅まき開始


餅まき


餅まき


餅まき終了




  光漁港へ出発


神輿のなかに御神体


今回25式年祭のスナップ写真を早長八幡宮より依頼され、
Kavisionの取材の方と二人で船に載せて頂いた。
貴重な体験をさせて頂いた。



御神体の納められた御神輿到着


台車へ


2台目の御神輿到着


無事台車へ


早長八幡宮へ













本殿へ納められ直ちに御霊移しの神事が行われた。



  早長八幡宮ステージイベント


徳山ふるさとチンドン隊


舞踊


石見神楽(竹中社中)





木遣り



周南雅楽会








早長八幡宮の紙芝居 光・早長八幡宮秋まつり題材に新作紙芝居 光市の紙芝居グループ「光紙芝居」(末岡美由紀会長、17人)が、同市室積の早長八幡宮秋まつりを題材にした紙芝居を制作した。 同まつりの「山車御神幸」前日の10日午後5時から、同八幡宮の境内で初上演された。
同八幡宮の由来を紹介する「早長(はやおさ)の伝説」(約10分)と子どもがまつりを楽しむ様子を描いた「早長の秋まつり」 (約15分)の2本で構成。由来を知ってしてもらった上で、祭りの内容を確認できるようになっている。
早長の伝説では、男2人が海中から引き上げた神が、大鳥からのお告げで室積の氏神になるまでを描いた。
早長の秋まつりは、小学生の兄妹2人が山車御神幸に参加。山車に乗せてもらった後、祭りの楽しかった思い出を祖父に話す内容になっている。
山口新聞 2009年10月7日(水)掲載




餅まき


山口県光市室積 早長八幡宮海上御神幸の場所





TOPページ