山口県下松市 東洋鋼鈑株式会社 75周年記念式典の紹介  2009-4-11 





山口県下松市 東洋鋼鈑株式会社
75周年記念式典の紹介
2009-4-11

75周年記念式典の概要

1.日時 平成21年4月11日(土)11:00-13:00

2.会場 東洋鋼鈑体育館

3.式次第 

.      社長挨拶  

.     鋼鈑DNA再構築プロジェクト発表

.     懇親会

 
会 社 概 要

1934年(昭和9年)、親会社である東洋製罐に缶材料であるブリキを
供給するため、
国内初の民間ブリキメーカーとして 設立された。

ブリキ、薄板及び各種表面処理鋼板並びに各種機能材料等の製造 ・
販売を行っている。

本社を東京都千代田区四番町に置き、ほぼ全ての製品を山口県下
松市の下松工場で製造している。



式展場外のスナップ写真


下松駅に迎えの方がおられ案内をされた。


 下松駅に迎えのバスが準備されていた。            

           

式展場内のスナップ写真


受付

東洋鋼鈑製品の展示


司会者





社長挨拶





鋼鈑DNA再構築プロジェクト発表






工場長


鋼鈑DNA再構築プロジェクトチームの紹介


鋼鈑DNA再構築プロジェクトチームの決意発表

                 


.                







終わりの乾杯


社長見送り


帰りのバスも準備されていた。


山口県下松市 東洋鋼鈑株式会社 体育館の場所




 
感 想

退職7年経過した。
OBが招待され参加した。
厳しい社会状況の中で、多くの招待者に驚いた。
生き残りためプロジェクトの説明があった。
大変な時期であるが、熱意が感じられ感心した。
社長とは環境関係の職場で仕事をしたことを思い出し
懐かしく感じた。
準備をされた従業員の方に感謝します。





TOPページ