山口県光市虹が浜 アースデイ イン 瀬戸内の紹介 2008-4-19 




山口県光市虹が浜
 アースデイ イン 瀬戸内の紹介
2008-4-19>

アースディの意味も知らず今回初めて
訪れた。
世界規模の地球環境を守る意思表示をする
国際連帯行動デーとのことである。

アースデイとは 
地球に感謝し、行動する日
大人から子どもまであらゆる立場を越えて誰しもが
自由にその人の方法で地球環境を守る意思表示をす
る国際連帯行動デーである。
今年も山口県光市虹ヶ浜海岸でアースデイイヴェント
を開催する。今年のキャッチフレーズは
[☆みんなで呼ぼう!スナメリクジラ☆]である。
海から見た地球環境に気付くことができるようにと、
郷土の“瀬戸内”という言葉を冠に付けた。
郷土の海から発せられる様々なメッセージに気付いて
、みんなで環境ムーブメントを築いていこう。

アースデイの誕生  
アースデイの歴史
1970年、アメリカ、ウィスコンシン州のG・ネルソン上院議員が
4月22日を“地球の日”であると宣言しアースデイが誕生する。
初年のアメリカアースディは、延べ2000万人以上の人々が参加し、
地球への関心を表現するアメリカ最大のイヴェントとなる。
このアースデイをきっかけに、人々の感心が環境問題に払われるよう
になり、環境保護庁設置をはじめ大気浄化法、水質浄化法など様々な
環境法が整備される。
現在では、世界184の国の地域、約5000ヵ所で行われる世界最大
の環境フェスティバルとなる。

日本での歩み  
1990年にカリフォルニアから世界に呼びかけられたアースデイに
、東京では3万人が集まり様々なイベントが行われた。
2001年、東京では実行委員長にC.W.ニコル氏を迎え、
代々木公園と明治神宮などを会場にアースデイを開催。
ゲストには坂本龍一氏のフリーライヴをはじめ、様々なイヴェント
が開催された。
その後のアースデイにはミュージシャンのハウンド・ドック、
忌野清志郎さん、俳優の窪塚洋介さん、中嶋朋子さんが応援に駆け
つけるなど、多くのアーティストも参加している。
近年ではインターネットで全国の会場をつなぎ、中継されるなど、
2日間で集客数10万人を超える国内最大の環境フェスティバルとなり
、全国に広がっている。

イベント内容  
アースデイ@瀬戸内実行委員会事務局ホームページをご覧下さい。
この海から地球が見える!
この穏やかな瀬戸内海。じつは日本にある約半数、3,000もの島と激しい
潮流を持つ、世界的にも貴重な海で、古くから自然の知恵と豊かな海洋
文化が花開いてきました。
私たちのすぐそばにあるこの海をもっと知り、もっと楽しむと、地球の
息づかいが聞こえてきます。
2回目の開催となる今回の『アースデイ@瀬戸内』のキャッチフレーズは
「みんなで呼ぼう!スナメリクジラ」です。

−− 後援 −−
光市
光市教育委員会
下松市教育委員会
周南市教育委員会
田布施町教育委員会
平生町教育委員会
朝日新聞社
山口新聞
新周南新聞社
(株)Kビジョン
[以上アースデイ@瀬戸内実行委員会事務局ホームページによる]




受付


古着や手作り品の販売


                  県内外のアーティストが参加              

           


                  長島の自然を守る会


                   山里フォーラムのんたの会


布ナプキン


宇部環境クラブ

                 


手作り品の販売


手作り品の販売



 太陽電池


県内外のアーティストが参加                  


太陽熱利用                渚の遠足受付


 



山口県光市虹が浜 アースデイ イン瀬戸内の場所 



感想 
初めて訪れた。
さまざまな参加者で運営されている
ようで、感心した。
今回都合で4月19日のみしか見れず残念であった。




TOPページ