山口県光市室積正木 御田頭祭(夏祭り)の紹介 2007-7-22 




山口県光市室積正木
 御田頭祭(夏祭り)の紹介
2007-7-22

山口県光市室積正木 御田頭祭(夏祭り)

[御田頭祭の由来]

 夏祭りは、7月の第4日曜日に行われる。
この祭りは、御田道祭(ごでんどうさい)/御田頭祭(ごでんどさい)などと呼ばれ、
神霊の田道渡御(でんどうとぎょ)を意味する。享保12年(1727)7月、西ノ庄で
稲作虫害のため虫供養の祈祷をしたことから始まった。
 元は享保14年(1729)の正一位の神位の宣命箱(せんみょうばこ)が田道を回っていた。
現在では、御輿が各自治会をトラックで回り、氏子はお祓いを受け、御輿の下をくぐり、
豊作、豊漁、そして健康を祈願する。


【午前】
 宮町⇒向町⇒西江之浦⇒東江之浦⇒岩屋⇒東ノ庄⇒神田⇒市場⇒中央・中央住宅⇒
 [正木]⇒大町⇒中西ノ庄⇒下西ノ庄⇒市延⇒上西ノ庄⇒新開⇒後松原⇒中松原⇒前松原
【午後】 
中西ノ浜⇒下西ノ浜⇒上西ノ浜⇒新市三丁目⇒新市一・二丁目⇒北町⇒南町二・三丁目
⇒南町一丁目・宮ノ脇⇒池ノ原⇒山根町⇒漁民⇒西湊⇒汐浜会館⇒昭和通り

[室積木遣り太鼓ホームページによる]





自治会役員お旅所準備


自治会役員お旅所準備


小雨模様                 お供え物              

           


お旅所準備完了                  早長八幡宮宮司さん到着


 お神輿到着


開始


 神輿到着

                 


早長八幡宮総代さんお旅所準備


早長八幡宮総代さん祈祷



 御田頭祭(ごでんどさい)


                 


           神輿くぐり準備


 神輿くぐり        


終了                   かたずけ

自治会より参加者へ飲み物接待




 御田頭祭(ごでんどさい)室積正木の場所


感想
 子供のころから何の気なしに参加して、疑問もなかった。
今回祭りの意味がわかり歴史があったのに驚いた。




TOPページ