あじさいまつり (2004-6-13)

ようこそ「コーナー」へ!
写真をクリックすると拡大します。左上プラウザの戻るをクリックすると元に戻ります。

 ■ あじさいまつり

◎ とき  2004年6月13日(日)・20日(日)
◎ ところ  光市光井(スポーツ公園内)
◎ 内容
 スポーツ公園内に位置するあじさい苑は、 ガクあじさい・アマチャ・ローレライ・サクセスなど、 30種類・15,000株が植えられ5月中旬から6月中旬までの約1ヶ月間 大きな花が斜面を覆いつくし四季彩の変化を楽しませてくれる。 苗木の無料配付・鉢物即売・野点などが行われる。

◎ 交通  JR光駅からバス=北河畑下車 徒歩20分





スポーツ公園総合体育館裏側のアジサイ

総合体育館西側の駐車場に車を駐車したので見ることが出来た。
すべてピンクだった。
No. 1

   紫色のアジサイ

庭木風に刈り込まれたアジサイ。すっきりしている。
No. 2

焼きもの施設

中で製作されているのがみえた。
No. 3

焼き物即売会場

先ほどの窯で焼かれたのだろうか?。
No. 4

即売会、野点会場 

苗木や野点が行われていた。イカ焼き等の出店も開かれていた。

No. 5

出店      

食べ物、飲み物が売られていた。

No. 6

 草花出店

アジサイその他草花の苗木が販売されいた。
No. 7

手作り品の販売
孫は背を向けている。感心なし。  
No. 8

 野点会場

お手前が行われていた。
No.9

出店の定番

娘の主人と男の子と食べた。  

No.10

白いアジサイ

和名: アジサイ(ユキノシタ科)
学名: Hydrangea macrophylla f. otaksa.
花言:ほら吹き・移り気・あなたは冷たい・元気な女性・高慢・無情・辛抱強い愛情。 

No. 11

ガクアジサイ

ガクアジサイは中心の小さい両性花と、まわりの大きな装飾花から成っている。野生種に近い。

No. 12

青いアジサイ

装飾花だけが丸く手毬状になっているのが一般的な手毬型のアジサイである
アジサイは現在いろいろな色の品種が売られています。
青、白、ピンク、紫、赤に緑その他、でも本来の日本のアジサイは青だったそうである。
No. 13

アジサイ展望

20数種15,000株あるとのことである。
展望台から撮影した。
No. 14

展望台  

関係者。
No.15

展望台から振り返ると

ここも沢山植えられて手入れがされている。
No. 16

薄いピンクのアジサイ
ヨーロッパの人々が初めて見る美しいアジサイを持ち帰り、 青以外の色の花を作り出した。
元々ヨーロッパは土壌がアルカリ性なために、青かった花も自然と赤っぽくなり、 また元来華やかな花を好む欧米人のために色とりどりで大きな花へ変化を遂げた。
No.17

黄色のアジサイ
あまり見かけない色である。
アジサイの学名: Otaksa Hydrangea Otaksa Sieb. et Zucc.
オタクサの由来は、シーボルトの愛人、楠本滝の愛称であると解されている。
No. 18

アスレチックぶらんこ

綺麗なアジサイといえども子供にとって、アスレチックには敵わない。

No. 19

アスレチック  

夢中。


かなりの種類が森の中に整備されており子供づれで訪問の際はお勧めである。
No. 20

感 想 そ の 他

 毎年訪問している。今回は広島から娘一家が来宅し見物した。
よく手入れがされている。天気が良すぎてアジサイは疲れ気味だったが森の中花は 元気だった。
子供にはアスレチックが嬉しかったようである。


- 2004年6月16日更新 -