瑞典国内状況
17世紀末から18世紀初めのスウェーデン国内事情



当時の貨幣
名称英語名省略記号説明
リックスダーレル
又は
リクスダーレル
rixdaler, riksdalerrdターレル銀貨もしくはターラー銀貨〔taler, thaler〕の事。
1ターレル(ターラー)は3〜2マルク(マーク)。
ターレルは神聖ローマ帝国(ドイツ)で作られていた(使われていた)物で、当時において国際的な基軸通貨 、所謂今日のドル、の役割を果たしていた。
リックスダーレルの名称でスウェーデン、オランダ、イギリスでも流通していた。
ダーレル・シルバーメント
又は
ダーレル銀貨
daler silvermyntdsmスウェーデンで作られていた(使われていた)ダーレル銀貨。この硬貨は国内的な取引に使われた。そしてそれは1銀貨として使われた。
しかしながらそれらは、額面金額通りに素材価値のある硬貨ではなく、当時の現金取引においては銅製の物が(銀貨として)頻繁に使われた。
つまり多くの場合広義の意味での信用貨幣として使われた。
ダーレル・カッパーメント
又は
ダーレル銅貨
daler kopparmyntdkmスウェーデンで流通していた額面価値と同じだけの素材価値をもつ銅貨である。
しかしながらそのことは逆に、この銅貨が質の良い(価値の高い)銅で鋳造されている銅貨である事を意味し、結果個々に運ぶには重すぎる硬貨となってしまっていた。
その為、持ち運びの便から銅貨と言いながら銀製のdkm硬貨も流通した。この銀製の硬貨は成る可く銅製の同じ額面硬貨と同レベルの素材価値にしようと試みられたが、やはり同じ額面の銅製硬貨より高い額面評価を受けたようである。

上記3通貨の交換比率は1rd=3dsm=6dkmである。1バレルの金(barrrel of gold)は100,000dsmである。

参考:兵士の給料など

インデルニング制採用初期において、兵士たちは[rota]に登録された時の登録金としておよそ500dkmと言う法外な金額を貰っていた。しかしこれはすぐに是正され、登録金は100dkmとなった。また同じように普段貰う給料も初期には35dkmだったのだが、20dkmに下げられた。

また、当時のスウェーデンで銃兵の完全装備を調えるのには60dsmかかり、騎兵においては、本人の装備と馬、それに馬具を含めると260dsm必要であった。

またスウェーデン王国全体の国家予算はだいたい4,570,000dsmぐらいであり、その内軍事費は2,800,000dsmぐらいであった。

このページのトップに戻る