サイトマップ > Epubサンプル | English

日本語Epubブックサンプル

日本語のEpub電子書籍サンプルです。 Epubは、アップル(Apple)のアイブックストア(iBookStore)、グーグルエディション(Google Editions)、ソニーリーダー(Sony reader)などが採用した公開電子書籍フォーマットです。 アマゾン(Amazon)のキンドルブック(Kindle book)の入稿形式としても利用可能です。

このサンプルは最初、Windows環境で動作するEpub対応電子書籍リーダーアプリケーション、アドビ(Adobe)のデジタルエディション(Digital Edition)でテストしました。 iPadのiBooksリーダーでもテスト済みです。

ダウンロード: epub-sample.zip

PodcastでiBooksへ配信: podcast.xml

(上のリンクをクリックすると、PCのiTunesが起動し、ライブラリにサンプルがダウンロードされます。このときPodcastの登録を求められてもキャンセルしてください。続いてiPhone/iPadを接続して同期させ、iBooksを起動してください。本棚にサンプル本が登録されているはずです。)

参考: このEpubサンプルをAmazon形式に変換してKindleで表示

参考: 英語のEpub本『Java Programming with Mifare and ACR120』をApple iBooks Storeから発売開始しました(アゴラ関連記事)。

ADS


いちにち
エンジニア・デザイナー向け
いちにち訪問セミナー


iApp
iPhone/iPadむけデジタル
コンテンツ閲覧アプリケー
ションのご提供

まとめ

この日本語のEpubブック(Open eBook)サンプルは下記のリンクにある英語のEpubサンプルを元に作成しました。

.epub eBooks Tutorial (How to Make an ePub eBook by Hand)

Epub形式は、XHTMLの本文と、目次などいくつかのXMLファイルをZIPファイルにまとめたものです。 この例のように特別なツールを使わなくても、テキストエディタとZIPコマンドだけで作成できます。

表示のテストは、Windows環境でEpubに対応したAdobeのReaderソフト、Digital Editionを用いて行いました。

Adobe Digital Edition 1.7.1

英語のサンプルの文字を単に日本語に直しただけでは、日本語は表示されませんでした。 下記リンクのとおり、XHTMLファイルに言語指定を加える必要がありました。

Sigilで作成した日本語ePUBコンテンツの文字化けを修正する方法

要約すると、本文のXHTMLファイルのHTML宣言に言語を指定する必要がある、ということです。

	<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
	   |
	   v
	<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">

この修正で日本語の表示が確かにうまくいきました。

Adobe Digital Editionでの表示例

このサンプルブックはタイトルページ、第一章、第二章の三つのセクションに分かれています。 サンプルEpubファイルをAdobe Digital Editionで開いた様子です。

Screen shot of Digital Edition, title page

Screen shot of Digital Edition, page one

Screen shot of Digital Edition, page two

はじめに

Epubとは、電子ブック(eBook)の公開規格のひとつで、ファイルの拡張子が.epubのため、この名前があります。 International Digital Publishing Forum(IDPF)という団体が規格を決めています。

簡単にまとめると、

IDPFが策定した主な仕様のバージョンです → 仕様書一覧

(2010/03/30加筆)Epubには、XHTMLベースのもののほか、DTBookと呼ばれる形式も含まれています → アクセシブルな教科書としての電子書籍(ろす氏)。 こちらにはEPUB仕様書の日本語訳のリンクもあります。

ファイル構成

サンプルのZIPファイル(sample-epub.zip)を解凍すると、次のファイルがあります。

	sample.epub
	sample/
	  mimetype
	  META-INF/
	    container.xml
	  OEBPS/
	    content.opf
	    toc.ncx
	    title_page.xhtml
	    chap01.xhtml
	    chap02.xhtml
	    stylesheet.css
	    page-template.xpgt
	    images/
	      koma.gif (sample.jpg replaced)
	makeepub.bat

sample.epubがEpub形式のZIPファイルです。 その中身がsampleフォルダ以下に置いてあります。 sample.epubの拡張子部分をzipに付け替えて解凍したものです。 上で紹介したオリジナルの英語サンプルの内容を借りて、日本語の表示テストを行うためにいくつかのファイルを書き直し、あるいは置き換えました。 太字のファイルが修正・置換したファイルです。 makeepub.batsampleフォルダの内容をsample.epubにまとめるのに使ったバッチコマンドです(後述)。

次のファイル群はEpub仕様に準じたメタファイルです。

mimetypeEpub形式のZIPファイルであることをリーダーに知らせるファイル
META-INF/container.xml次のOPFファイルの場所を示すファイル
OEBPS/content.opfブック本文を構成するファイル一覧。XHTML、CSS、画像などすべて。ページの表示順(spineという)もここに記述する。
OEBPS/toc.ncx目次。

次のファイル群は、Epubブックの本文を構成するファイルで、このままWebでも表示可能です。

	title_page.xhtml
	chap01.xhtml
	chap02.xhtml
	stylesheet.css
	koma.gif

次のファイルは、AdobeがEpubに加えた拡張のひとつ、XML形式のスタイルシートです。 iBooksではAdobeのページテンプレートはサポートされません。

	page-template.xpgt

Epubファイルの作成

ソースからEpub形式のZIPファイルを作るには、なんらかのZIPツールを使用します。

ただ、ひとつやっかいな条件があります。 metafileがZIPファイルの最初のファイルで、しかも圧縮されてないことが条件です。 Windows XP内蔵のZIPツールで無圧縮を指定する方法はわからなかったので(たぶんできない?)、コマンドラインのZIPツールを使用しました(いつも使用してるもの)。

Info-ZIP

makeepub.batの内容は次のとおりです。

	cd sample
	zip -0 ..\sample.epub mimetype
	zip -r ..\sample.epub * -x mimetype
	cd ..

ここで、-0オプションは圧縮しない指定、-rは下位フォルダも格納する指定、-xは除外するファイルの指定です。

日本語テキスト表示の改善

日本語の文字の表示については多くのEpub対応リーダーで実現されています。 文字の配置が不揃いで読みづらいものもありますが、多くのリーダーで大幅に改善が進んでいると感じます。

日本語特有の機能として、禁則、ルビ、縦書きがあります。

禁則

iBooksリーダーでまとまった日本語の文章を表示してみると禁則がサポートされているように見受けられます。 禁則のサポートは技術的にもむずかしくないので順次進むのではないかと思います。

ルビ

ルビは、XHTML 1.1の<ruby>タグをリーダーがサポートすることによって実現されると思います。

	<ruby><rb>工文社</rb><rp>(</rp><rt>こうぶんしゃ</rt><rp>)</rp></ruby>

	(ルビをサポートしないリーダーは読み仮名をカッコで囲んで漢字に続けて表示する)

Epub 1.2には<ruby>タグは含まれていません。 Epub 2.0では拡張モジュールとして定義されています。 つまりリーダーによってはオプションでサポートされると予想します。

縦書き

日本市場が立ち上がるにつれ、内外のリーダーメーカーが、Epubの仕様に関わらず、順次対応してくるのではないかと期待しています。

以上です。

(10/04/14加筆) 日本電子出版協会(JEPA)が、Epubの日本語対応要件(英語)を公開しています。 また、その元になったという、W3Cの日本語組版の要件(英語、日本語訳あり)には、日本語の組版ルールについて詳しく書かれています。

(10/06/03加筆) 上記を踏まえて、リーダーに縦組みか横組みかを指示する具体的なスタイルシート属性が提案されています → EPUB仕様の日本語組版拡張を目指して(村上・村田氏)。 全体、ブロック、文字列の縦横を指定するwriting-mode、ブロックの四辺の空きを指定するmargin-before/after/start/endなどです。

参考

このサイトのほかの文書サンプルです。

横浜工文社の関連ビジネスです。

このEpubサンプルに関すること、広くテキスト・XMLベースの文書作成、電子出版など、お問い合わせ、コメント、お困りの点のご相談など、歓迎いたします。

Contact


Kobu.Com Logo

提供: 横浜工文社
作成: 2009/09/18
更新: 2010/10/17

公開するサンプルは試作品で、完全なものではありません。
この解説書とサンプルの転載はご遠慮ください。
リンク張りやお問合せやコメントを歓迎いたします。