能登半島を紹介
 能登の慣習と伝統文化
能登島水族館 
 能登島水族館魚達    
能登のクラゲの舞     
能登島水中散歩    
 ジンベェーザメ雄姿    
 
   
能登半島近海に住む魚を中心に約500種4万点の生きものを飼育しています。イルカ・アシカショーをはじめ、ラッコのお食事、ペンギンのお散歩、マダイの音と光の世界などのイベントが多く、時間が経つのも忘れてしまうくらい。エサやり体験やイルカなどの生きものとのふれあいもできる参加型水族館です。2010年8月にオープンした、ジンベエザメ館 青の世界では、日本海側最大規模(水量1,600トン)の水槽にジンベエザメをはじめとした大型魚類をメインに展示しています神秘的な照明効果と高低差のある立地を活かした多彩な演出に!