[最新(HTML版)][][一言][a]

nightsongs: 74914の日々

リンクは無許可でご自由に。更新時刻の取得はupdate.txtをご利用ください。

2003年3月11日(Tue)

p.o.m

魂の平安というものがあるとしたら、それは現世的、地上的なものでなくてはならない。徹底的に、この世、此岸、言い方はなんでもいいが、現世に足をつけたものであると思う。来世、天国で救われるというのは、不安や怖れを(手の届かない)先へ放り投げることだと思う。さきのばしにすることだと思う。〆切をのばしても、〆切そのものがなくなるわけではないように。単におれが真の意味での救済を理解(あるいは信仰)していないからかもしれないが、来世の救済を信じて魂の平安を得るのは、宗教においてのみ、かつ宗教的な意味においてのみ、可能だ。信仰から逃れて平安はあるだろか。臨終に`es ist gut'と言えたらそれは確かに平安かもしれないが、死ぬ間際までわからない平安なぞありがたみに欠ける。平安を得たら、それと保証してほしい。わたしの心は平安であると、確信したい。

ねこ「平安神宮にでも行ったらどうですか」
おれ「今日は寒いからいやだ」
続きは平安神宮に行ってから。



2003年3月12日(Wed)

無題

病で死ぬほど苦しんでいる人がいる。薬はない。その人にナイフでとどめをさしてやるのと、痛み止めと偽ってただのビタミン剤を与えるのと、どちらが慈悲深いと言えるだろか。

ねこ「実は病気のフリをしているだけなので蹴り倒してさしあげるのがよろしいかと」
おれ「正解」
蹴り倒されました。



積ん読(を減らす)部活動

『漢字の常識・非常識』加納喜光、『広辞苑を読む』柳瀬尚紀。並んでいるのは単にいっしょに買ってきたというだけで、内容的に連関があるというわけではないので為念。


両方とも基本的に雑学の本。ラフカディオ・ハーンが漢字(表意文字)について語っている引用を見て、あーこれを十年前に読んでいればなぁと思ったり。「日本人の頭脳にとっては、一個の表意文字は、すなわち、一個の生きた絵なのだ(『日本瞥見記』)」。そういえばロマン・ロランも漢字についてなにか書いてなかったかな。柳瀬氏の本は、いずれ柳瀬尚紀なんて読んでるようじゃ駄目だよと言えるようになるのがおれの無謀な野望なので、何も言わない。


共通して言えるのは言葉(書かれたもの、話されたもの)が変化するものであるという前提のうえで、それを受けいれるかどうか、つまり取捨選択ということだが、それの決定が純粋に恣意的、ありていに言えば「好みの問題」であること。自分の好みにあう変化ならとりいれるし、そうでない変化は無視する。単純なことだけどね。それを言葉に適用してもいいという安心感は得られる。「本来の字形はこうではない」だの「そもそもの用法はこれこれである」だの言いだすのは勝手だけれど、我々の言葉というのはどうしても我々が育ったところの「刷り込み」から逃れることはできんのだと思う。だからおれは、たぶん、おれが言葉を習得した時代(厳密に言えばおれの周辺にあった本だの人だの社会だので通用していたモノからおれは日本語を習得したのだから、必ずしもある特定の期間に限定できるわけではないが)の日本語と呼ばれるものを基準に、そこからの変化を認めたり認めなかったりする。おれが言葉を覚えた時点で変化していたものはそのまま使うし、何かの言葉について、昔はこうだったけどこれからはこうしましょうね、と言われても、それに相応の説得力と、おれがそうすべき理由を承服できない限り、変えない。……ものすごくアタリマエのことだが。たとえそれが「正しい」用法でなくても変えたくないと思わせるナニカが、言葉にはありますね、ということなんですっ。

ねこ「億劫なだけか、そうでなければ不勉強です」
おれ「…それ以上のなにかが言葉にはあるんです」
しかしこういうのも読書と言うんだろか。雑学を身につけるだけのは読書じゃない気がする。どうでもいいけど。



2003年3月19日(Wed)

無題

3ヶ月ぶりにテレビを見る。なんか、別世界。テレビなぞなくても生きていけるし、実際テレビなしでもう何年も暮らしているが、あまり見ずにいるのも考えものだ。テレビを見て疎外感を覚えているようではまずかろ。


くしゃみが出そうで出ないときは明るいもの(太陽とか)を見るといいらしい。


シェーラひめシリーズの続編が出る、と。


Ever17のWindows版が出るらしい、と。


歌って踊ってスタミナつけてください。みなさん。




今月のへびーろーてーしょん。
Dancing With The Moonlit Knight / GENESIS フィル・コリンズ萌え。
Thank You / LED ZEPPELIN
[Makoto Moe Moe Consortium]
Genarated by DiaryMaker ver.0.942 and sdp ver.0.10
copyright © 2002-3174 YUZUHA "tomo-chan" Tomo <foxtail@ayuayu.to>