[最新(HTML版)][][一言][a]

nightsongs: 74914の日々

リンクは無許可でご自由に。更新時刻の取得はupdate.txtをご利用ください。

2003年3月2日(Sun)

無題

文章書かない→書き方忘れる→モチベーション下がる→文章書かない。たいていはみっつめで歯止めはかかる。モチベーションで書いてるわけではないから。それがうまくいかないと、だからひたすら落ちていく。


その本は『成恵の世界』を「主人公が突然女の子と同居する物語」と分類していた時点で読むのをやめました。立ち読みでしたが。



2003年3月4日(Tue)

自分自身をあわれむ人間は、自分を貶めている。自分をどうしようもない最低野郎だと思っている人間は、しかしそうではない。もし本当に自分を、最低の、度しがたい阿呆だと理解しているなら、そこからはいあがろうとするからだ。もし本当に、心から、自分を無価値だと認めているなら、どうにかして価値ある存在になろうとするからだ。そうでないなら、それはポーズにすぎない。自分が最低の人間だというフリをしているだけだ。真剣に、心底から、自分の愚かさを理解し、認め、直視している人間なら、その状態を、自分の力で、なんとかしようとするはずだからだ。まず自分の価値の無さを認識せよ。自分の存在にわずかでも価値があるなどと思うのは、ずっと後の話だ。


思いこみ、ひとりよがり、他人の意見を容れず、自尊心は強く、わかったフリをして本当は何も理解せず、口先だけ、嘘を隠すために嘘を重ね、自虐思考にふけることで問題が解決したように思いこむ、後ろむき、ケツに火がつくまで何もせず実際に火がついたときには火傷している、楽をするための苦労さえ厭う、問題意識を持たない、こうやって分析しているうちは真に事態の重大さを把握していない、馬鹿。焦燥。焦燥。焦燥。からまわり。


新しい朝がきた。おれには今日がある。明日はないけど。



2003年3月5日(Wed)

無題

元長-東対談を読む。「中学の頃にTMネットワークを聴いた世代」とか「テレビ大阪が見られない」とか「美少女ゲームではクリックが命」とかに深く共感をおぼえる。元長氏とおれは多くを共有しているらしい(のか)。


「神大」に「しんだい」以外の読み方があるとは思いもしなかった関西人がここにひとり。


先月の積ん読部活動。2月は29冊が山に追加された。ふむ、順調に増えている。いや、増やしちゃいかんのか。まあ「積ん読を減らす部」とか「積ん読しない部」ならともかく「積ん読部」なのだから問題なかろ(←あります)。購入本のリストでも晒そうかと思ったが、つまらんのでやめ。



2003年3月6日(Thu)

他力本願という言葉はよく知られているが、その反対にあたる言葉は自力作善と言う。スタンスは違えど、根底は同じい。自分の力を徹底的に否定するか、自分の力を徹底的に信じるか。両者とも中途半端ではありえない。他力にすがるには矜恃が許さず、自力に頼るには怠惰にすぎる、そういう半端者だけが救われない。宗教ならばそれはちがう。すべてを救うことこそが本意だからだ。罪を赦すこと、それこそが宗教的至高存在のなしうる最大の恩寵であり、奇蹟だ。無限大から見ればゼロも100万も同じであるように、神の目からは善人も悪人も同じだ。人間だけが、罪を峻別する。そしておれは人間の世界に生きている。罪には罰が応報する世界に。




今月のへびーろーてーしょん。
Dancing With The Moonlit Knight / GENESIS フィル・コリンズ萌え。
Thank You / LED ZEPPELIN
[Makoto Moe Moe Consortium]
Genarated by DiaryMaker ver.0.942 and sdp ver.0.10
copyright © 2002-3174 YUZUHA "tomo-chan" Tomo <foxtail@ayuayu.to>