今回も最初に登場人物紹介(読むの面倒くさかったら飛ばしてちょ!)



プル・ミグト

 サイド1のあるコロニーに住む10歳の元気な女の子。しかし,ザンスカール帝国軍の攻撃の中偶然にもガンダムに乗り,敵を撃破してしまう。



ジュドー・アーシタ

 かつてのガンダムZZのパイロット。その後は木星船団で働いていたようである。当年U153では79歳の老人であり,引退している。そして一人の少女,彼のかつて知っていた少女エルピー・プルと瓜二つの少女と出会う。



バルト・バハッド

 連邦軍第1方面軍第7実験戦隊司令。階級は中佐。かなり怪しげな人物。プルがガンダムを操縦したことから,ニュータイプではないかと思い,何か画策しているようである。



デルグ・ベヤナグ

 バルトの部下。MS隊の支援任務にあたる。やや丸っこい。実はオタク。



カケル・レガルス

 連邦軍のモビルスーツのパイロット。階級は少尉で19歳。MSの腕は士官学校出たてにしてはそこそこだが,精神年齢は子供。



レグリー・ミグト

 プルのお父さん(?)。少し気が弱いようである。

?



リアム・キロッド

 カリスト級巡洋艦エウテルペ所属のザンスカール軍のパイロット。そこそこベテランで階級は中尉。ガンダム奪取作戦に参加するが,隊長をガンダムに討ち取られてしまい,復讐を誓う。



デロッサ・テラス

 エウテルペ所属の新米パイロット。階級は准尉で17歳。親がガチ党の偉いさんらしい。



ケリアム・ベルト

 ザンスカール帝国で最も残忍と言われるケリアム・ベルト戦闘部隊の隊長。階級は少佐。部下にバーンズ,デリー,バイガルがいる。





これまでのあらすじ

 ガンダムに乗ってしまった少女プル・ミグト。その彼女の前に現れたあまりにも残虐な敵,ケリアム・ベルト特別戦闘部隊。灰になっていく人々,瓦礫になっていくプルの育った街。プルは恐怖する。戦い,敵の悪意に。
 そして敵の前に何もできない何もしてくれない大人たち。少女はただ守りたかった。そして再びガンダムに乗ってしまった。もう戻れないかもしれない道を少女は歩む。平穏なあの日には






『刻の向こうの少女と』



第7話『鉄の船と故郷を離れて』






  「いくら貴官の申し出とは言ってもまずいだろう。これは!」

 戦時下のミノフスキー粒子の影響で少々乱れているディスプレイの中の軍服姿の男が少し呆れたような表情をして大声で言う。大声なのはその男が普段からそうだからである。それは軍人には珍しいことではない。その男の風貌は年の頃50前後,がっちりとした体格で坊主頭,そして軍服の襟には中将の階級章が光る。

  「ですからその辺はゲベル閣下の御威光で何とかしていただきたいのですよ?!」

 そう答えるのは実験部隊指令バルト・バハッド中佐である。そしてここは地球連邦軍所属機動打撃巡洋艦スレイプニルの司令室である。

  「だが,こういうことをマスコミの連中が嗅ぎつければ,また騒ぎになるだろ!だいたい子供をモビルスーツに乗せてどうしようというのだ,貴官は?」

  「ニュータイプですよ!あの子はニュータイプなんですよ!そうかつてのホワイトベース隊のアムロ・レイのように!これほど素晴らしい機会はないのです!ですからアホのマスコミなど相手になどしないで!」

  「そう言うが時代が違うぞ!今の戦局は一年戦争ほど苦しいというわけでもない。貴官がそこまで押すメリットというものがあるとも思えんが・・・」

 とゲベル中将はバルトに返す。

  「いえいえ,リガミリティアの少年パイロットの話は閣下のお耳にも入っているでしょう。年齢は関係ないのです。そしてザンスカール軍もその戦果を傍観できないはずです。そう再びニュータイプと言うものが研究対象になり,世に出るでしょう。いえ,すでに研究は行なわれているはずです。そしてそれが戦場に現れてから慌てても遅いかと存じます。ここはその事態に備え,我が軍も対抗策を打っておく必要があると具申します。リガミリティアとていつまでも連邦の味方とも限りませんし。」

  「う〜〜〜む・・・しかしな・・・さすがに10歳の女の子というのは問題だと思うのだが!」

 ゲベルは腕を組み,考え出す。

  「要は戦果なのですよ,年齢は関係ありません。一年戦争時のブライト艦長の功績を誰が批判しましたか。そんなのはアホの人権団体ぐらいではないですか。まあ,まともな人間はああいうカス供は相手にしてはいけませんが。」

  「ぐむううううう・・・」

 そしてバルトは続ける。

  「歴史を動かせるのは,そして勝者となりうるのは清濁併せ持ったリーダーなのですよ。すべては閣下の英断にかかっています。」

  「ぬうう・・・まあわかった。貴官がそれほどまでに言うのならば,その件については私の方で善処しよう。だが,あまり派手に動きすぎるなよ。」

  「ありがとうございます,閣下!さすがはゲベル閣下です。懐の深さが違います。」

  「うむ,わかった,わかった。」

 とゲベル中将はしてやられたと言う表情をしながら話を切る。

  「プル・ミグト嬢についてのデータは後ほど送信します。ではよろしくお願いします。」

 そして通信が終わる。

  「ククク,さてと。」

 そう言ってバルトは今度は内線を取る。

  「ベヤナグか?レグリー殿を私の部屋まで呼んでもらいたいのだが。」



 スレイプニルの居住区の一室で少女が静かな寝息を立てている。少女の名はプル・ミグトといい,10歳くらいの女の子である。何故このような幼い少女が軍用艦にいるのかとういことは不思議であるが,それだけではない。彼女はモビルスーツ,ガンダム・ユプシロンを操縦し,敵を撃破したのである。
 プルはベッドの傍にいる男の手をぎゅっと握ったまま,眠っていた。その男はレグリー・ミグトと言い,プルの父親と名乗る男である。
 レグリーと再会した時,プルは泣いていた。ただ泣きじゃくっていた。そして泣きつかれたプルは自室のベッドで眠っていたのである。
 レグリーはそんなプルの顔を心配そうに見つめている。プルの目元には涙の跡がまだ残っていた。レグリーはそっとプルの頭を撫でる。



 そんな時,プルの部屋の扉をかすかにノックする音が聞える。レグリーはプルを起こさないようにそっとその手を解き,ドアの方へと進んでいく。レグリーが背中を向けたとき,プルの手はその手を求めてか,宙をさ迷う。

  「レグリー・ミグトさん,こちらにおられましたか?」

 少し開けたドアの向こうに立っていたのは少し丸っこい少尉であった。確かベヤナグ少尉という名だったとレグリーは思い出す。

  「中佐が今後のあなた達のことについてお話があると申しております。ご足労願えませんか。」

  「は,はい・・・ですが,今はプルのそばにいてやらねばいけませんので・・・」

 レグリーは少し気のない返事を返さざる得なかった。確かに今はプルのそばに付いていてやりたいのである。しかし自分たちの処遇も気になるのも確かである。どうも艦はコロニーからどんどん離れていっているらしいことが気になっていた。

  「プルさんのことについてはこちらの方で様子を見ておきますのでご安心ください。」

  「は,はあ・・・わかりました。」

 とベヤナグに案内されてレグリーは進み出す。



 モビルスーツデッキで老人が一人白い機体を見つめていた。ガンダム,プルが操縦し,敵を退けたガンダム・ユプシロンである。前回の戦闘でこっぴどくやられたため,メカニックマンたちが装甲の付け替え等におおわらわである。
 老人の名はジュドー・アーシタという。老人もかつては第1次ネオジオン抗争,俗に言うハマーン戦争の時,ガンダムZZのパイロットであった。ただしそれももう65年も昔の話ではあるが。
 老人は思う。結局は自分は何もできなかった。あの中佐の毒気に当てられただけである。老人はプルが戦うことを止めたかった。しかし老人には何もできなかった。ただ中佐に抗議することしかできなかった。要するにただ喚くだけである。所詮老人の愚痴である。あの時,中佐は

  「ならご老人がガンダムに乗ってくださるということですかな。」

 と言っていた。それに老人は戸惑ってしまった。昔ならかつてガンダムに乗っていた少年時代なら即座に飛び出しただろう。だが,老人にはもはやその力はなかった。そして少女は力を持っている。老人は艦橋から少女の戦いを見ているだけだった。ガンダムを駆り,敵の攻撃をかわし,そして敵巡洋艦を撃破する。凄まじいまでのセンスを目の当たりにした。
 確かに老人がかつて知っていた少女のセンスも素晴らしいものがあった。だが,その少女はパイロットして訓練されていた。そう物心ついた時から。
 だが,プル・ミグトは違う。まるで宇宙の意識を吸収しているのかと思えるように反応し,動いていた。これまでモビルスーツに触れたこともない普通の少女がである。
 そんなことを言っても言い訳である。結局自分の無力さに苛立つだけなのである。
 そんな時,老人の耳に場違いな若者の声が入る。

  「じいさん,じいさん!」

 カケルと呼ばれていたまだ少年とも言えるパイロットである。カケルは老人の方に駆け寄ってくる。

  「じいさん,聞いたよ!じいさんって昔ガンダムのパイロットだったんだって?」

  「ああ・・・」

 と唐突の問いにジュドーは気のない返事をする。

  「やっぱり!そのガンダムってどんな感じだった?やっぱガンダムはものすごく強かった?」「それに敵はどんな連中でした。どんな感じで戦った?」「どれくらい敵を倒した?」

 ちょっとマニアックになると

  「ハイメガキャノンってやっぱりすごいんすか?」

 と言った具合に興奮したカケルは次々と質問を投げかけてくる。ジュドーはその質問に当り障りのない答えをしていく。やはりこれまでも自分がガンダムのパイロットをしていたことを知られるとこういった質問をされることが多々あった。またかと言った感じである。そしていつのまにかそういう質問に対して当り障りのない答えをしてきた自分に気づく。

  「結局・・・俺も・・・」

 ジュドーは自分の語る英雄譚に興奮するカケルを見ながらそう思った。



 ザンスカール帝国所属カリスト級巡洋艦エウテルペのモビルスーツデッキには見慣れない巨大な3つのタイヤが並べられていた。そして一人の男が吼える声が響く。

  「殺す!殺す!殺す!あのガンダム野郎!絶対八つ裂きにしてやる!全身の生皮を剥いで全身串刺しにしてばらばらに切り刻んでやる!ぜえぜえ!」

 まるで獣のような声である。この男こそザンスカール帝国軍で最も残忍と言われるケリアム・ベルト特別戦闘部隊の隊長である。そして彼の母艦であったモトラッド艦リシテア級バイク巡洋艦デーヌカは先の戦闘でベルトの言うガンダムに撃沈されている。
 そんな状況であるから,今のベルトには誰も近づこうとはしない。最も普段からこの隊長には彼の部隊のメンバー以外はあまり近づこうとはしないのだが。
 その様子をデッキの隅のモビルスーツの陰から一人の少年が眺めいていた。彼の名はデロッサ・テラスといい,その容姿は美少年の部類に入るものであろう。そして隣にいた隊長のザイガ中尉に向かって小声で言う。

  「あの中佐・・・ガンダムのパイロットをギロチンにでもかけてやるつもりなのですかね?」

 だが,その返事は彼の後ろから別の人物によって帰ってきた。

  「ギロチン・・・?うちの隊長はそんなおやさしい人道主義者じゃねえよ!」

 デロッサがぎょっとして振り向くとベルト特別戦闘部隊の隊員バイガルがその場にいた。

  (人道主義者・・・?)

 意外な言葉にデロッサが微妙に不思議な顔をしたが。

  「あの人なら相手を鋸でギイコ,ギイコとちょっとずつ引いていくよ。逆さ釣りにして股からな。ケッケケケ♪」

 そしてその後ろから来たデリーがバイガルの言葉に続ける。

  「中世のドイツで農民反乱の処罰に使われたやつらしい。何でもかけられた奴はへそまでノコギリが達するまで意識を失わないと聞く。」

 その言葉を聞いてデロッサはぞっとする。そして決して捕虜にはなるまいと思う。確かにこの前攻撃したコロニーの住人などに捕まったら八つ裂きにされるだろう。ベルト戦闘部隊があれだけ無茶をやったのだから。

  「ぶっ殺してやるーーーーー!微塵切りだーーーーー!!!生きたまま微塵切りだーーー!!!」?

 再びベルトの咆哮がモビルスーツデッキに響く。



  「う・・・う・・・あ・・・いや・・・やだ・・・」

 プルはひとりうなされている。
 プルは夢を見ていた。プルはひとり暗い森の中を走っている。プルの手や足にはところどころ木の枝や草で切った傷から赤い血が滲んでいる。そしてプルの後を4匹の獣が追う。
 プルは必死逃げる。獣達の笑い声にも聞こえるような唸り声の中,ろくに周りも見えないくらい森の中をさ迷っていた。どこに向かっているかもわからないまま。
 プルは何かに足をとられ倒れこむ。そして獣達はプルに追いつきのその周りを囲い込んだ。獣達はさらに激しく唸り声を上げる。

  「やだ!やだ!やだよ!いやーーーーー!」

 プルは叫び声を上げるが,プルは闇の中でひとり取り残されているだけだった。けものたちの間のわずかな隙間からプルは這いずり出そうとするが,その瞬間一匹の獣の体当たりによって阻まれてしまう。そして獣はプルに襲いかかり,覆い被さりプルの首を食い千切らんとする。
 その時もがくプルの手は一本の棒切れを掴んでいた。プルは無我夢中で獣に向けてその棒切れを打ちつけた。その刹那,棒切れは光の剣と変わり,獣をなぎ払う。そしてプルの手は装甲に覆われていた。見覚えのある腕,ガンダムの腕である。プルの腕はガンダムの腕に変わっていた。次の瞬間プルはガンダムと一体となり,タイヤに乗った獣達をなぎ払っていく。
 その時プルにはある言葉が聞えた。

  「だが悪いやつらはいやと言っても出ていってはくれないんだがね。」

  「君にはその力があるということを。」

 否定したい言葉であったが,実感としてある。
 プルはガンダムを操縦できてしまった。そして敵をなぎ払った。



 そしてプルは目を覚ます。プルの目には再び見慣れない天井が入っていた。プルはまた一人だった。
 プルは再びさっきの言葉を思い出す。

  「だが悪いやつらはいやと言っても出ていってはくれないんだがね。」

  「君にはその力があるということを。」

 バルト中佐の言っていた言葉である。あの人は信用できない。とプルは思っていた。だが,その言葉にはどこか本当のことが含まれていると思えてしまうのであった。
 そしてプルは感じていたプルの育ったコロニーがどんどん遠くなっていっていることを。

  「わたし・・・このまま・・・でも,もう・・・あんなの・・・あんなの・・・もうやだよ・・・」

 プルは暗い部屋で膝を抱えていた。



  「申し訳ありませんな,レグリー・ミグト殿,ご足労を願いまして。」

 司令室でバルトがベヤナグに案内されて入ってきたレグリーと向き合う。

  「あの・・・私達はどうなるのですか?いつコロニーに帰していただけるのでしょうか?どうもこの船はコロニーから離れていっているように思うのですが。」

 開口一番,レグリーは思い切ってバルトに聞いてみる。

  「結論から言いますとコロニーにはしばらく帰ることはできないでしょう。」

 とあっさりバルトは言う。レグリーが感じていた悪い予感はあったが,それでも尋ねる。

  「私達のために艦をコロニーに戻していただくわけにはいかないかもしれませんが,どこかのコロニーか基地で降ろしていただくと言うわけには行かないのですか?」

  「いえ,そういう話ではなくお嬢さんにはしばらく我々と行動をともにしていただかなくてはなりません。」

  「そんな・・・我々は民間人なのですよ!」

  「お嬢さんは二度も我々の軍事機密であるガンダムを使用してしまったのです。それだけでも機密保持のために拘束させてもらう必要があります。」

 一度目はともかく二度目はバルトがわざとプルがガンダムに乗るように仕向けたのであるが,そんなことはそ知らぬ顔でバルトはそう言う。

  「娘はプルはまだ子供です。巻き込まれてしまったのです。そんなことはあなた方にもわかっているはずです。」

 何とかレグリーはバルトに反論しようとする。ひざがガクガクと震えようとしていた。これまで平凡・・・に生きてきた男にとって,こんなふうな感覚は人生で2度目にしかすぎない。いや今回は違う。軍,軍人という圧倒的な力を目の前にしてである。

  「軍,そして戦争というものの前では子供とか,大人とかは関係ありませんよ。まあどちらにせよ,あのコロニーにはしばらくは戻らない方がいいでしょうから。」

 そんなレグリーにまったく構わないかのようにバルトは続ける。

  「前回の戦闘でコロニーは徹底的に破壊されました。もちろんそれはザンスカール軍,ケリアム・ベルト特別戦闘部隊のせいですが。しかしコロニーの住民達はガンダムが何故もっと早く出なかったのだ!とか,ガンダムが来たからコロニーが破壊されたのだ!などと言ってガンダムも連邦軍も叩くでしょう。そう無力でつまらない連中というものは目の前にある叩き易いものをたたきますから。もしあなた達がガンダムに関わったとわかったら,あなた達の身にも危険が及ぶかもしれません。ですから軍の保護下にいた方が安全と言えるでしょう。」

  「そんな・・・」

 バルトの言うことはショックであり,レグリーは言葉が出なかった。バルトという男は好感の持てるような存在ではなかったが,言っていることを否定はできなかった。なぜなら自分もこれまでは無責任な一般市民の一人であったから,その光景を何となく想像できた。そしてそういう目に見えない脅威にはレグリー達には対抗する術がないのも事実である。



 次の朝,カケルはまたガンダムを見上げていた。何で中佐は自分をガンダムのパイロットに指名してくれないのだろうかと思う。はっきり言ってパイロットは自分しかいないはずなのに。とは言うもののもうすぐランデブーする補給艦で補充のモビルスーツとパイロットが合流することになっている。確かに現状正規のパイロットは自分しかいないことには不安も感じないこともないが,それでもガンダムのパイロットの競争率が上がることには不満だった。
 ガンダムのパイロットと言うと,そういえばプルのことを今朝は食堂で見かけなかった。まあ昨日あれだけ酷い目にあったんだから,まだ部屋で寝ているのだろうとカケルは思っていた。そんなカケルの耳にシミュレーターの音が入る。一体誰が使っているのだと思いながら近寄ってみる。
 プルが一人シミュレーターの操縦桿に向かっていた。カケルはそのことを意外に思いながら「こいつまさかガンダムのパイロットを狙っているのか?」等と思ってしまう。そしてプルのやっているシミュレーションの様子を外からモニターで確認する。モニターには地上の風景画映し出されている。プルのモビルスーツは森の中で敵モビルスーツと交戦をしていた。カケルにもその動きがいいことがわかる。
 敵のモビルスーツがプルの機体を囲む。プルは機体を後退させるが森が途切れ,街に入りそうになる。プルは機体をそこで一瞬止まってしまった。そこへ敵の斉射が浴びせられ撃墜されてしまう。プルは明らかに街に入ることを怖がっていた。シミュレーションが途切れたタイミングでカケルは外からプルに声をかける。

  「なんか張り切っているみたいだけど,市街戦なんてあんまり関係ねえよ!」

  「あ,カケル?おはよう。ところで何なの,関係ないって?」

 カケルの言葉にシミュレーターの中からプルが答える。

  「だってこれからやるとしたら宇宙戦だし!シミュレーターも宇宙戦モードでやらないと意味ないって!」

  「そっか・・・そうだよね・・・」

 とカケルの言葉にプルは少し元気がないかように答える。別にさっきまでのプルが戦うことに自己満足を覚えていたとか,のめり込んでいたと言うわけではない。ただ,自分のやっていたことが抜けていたことに気づいたというのは理由ではあるが。

  「どうせついでだから俺が相手してやるぜ!」

 と言いながらカケルは外からシミュレーターの設定を操作すると反対側のシミュレーターのシートに着く。

  「ありがとう,カケル。」

  「違うよ!俺の方がガンダムのパイロットにふさわしいってことを見せてやるだけだって!」

 そんな素っ気のない返事だが,今のプルには誰かが相手をしてくれることで少し楽になった気がする。今までの日常で自分を知らなかった誰かが相手をしてくれることで。
 シミュレーターのモードが変わり,プルの周りに虚空の宇宙が映し出されていく。元々モビルスーツデッキが無重力であったこともあり,宇宙にいるような感覚になる。宇宙の中に浮いていく感覚にどこか懐かしい感じがする。
 だが,そんな宇宙の光景も再び戦場に戻る。モビルスーツ戦のシミュレーターだから当然のことなのだが。



 スレイプニルの居住区の一室で一人パソコンに向かっている男がいる。ケースから一枚のディスクを取り出し,パソコンに入れデータを見る。机の上に置かれたそのパッケージには『装甲下の天使たち』特典データディスクというタイトルとモビルスーツを背に立つ少女達のイラストが示されている。少しばかり昔のアニメのものである。

  「まさかこんなところでとは・・・でもやはりこの子だ・・・瓜二つじゃないか・・・?」

 パソコンに向かっていたベヤナグ少尉は呟く。ベヤナグにはずっとプル・ミグトの姿を見てからずっと気になっていたことがあった。確かにプルのことどこかで見たことがあった。しかしどこであったかが中々思い出せなかった。それは彼自身にとっても意外なところであった。ディスプレイにはプル・ミグトと本当に瓜二つの少女が映し出されていた。













 いやあ、まったく・・・前回から4ヶ月空いてしまったっす・・・・・

 さぼりすぎっす・・・特に何があったというわけではないのですが・・・

 中々話がまとまらなくて

プルツー「単にさぼっていただけだろ!」

 ギクッ!

 そ,それは・・・アイデアがうまくまとまらなかったっていうか・・・

プルツー「別にこの話でもまとまっていないだろ!」

 ・・・シクシク・・・

プルツー「今まで読んでくださっていた方ももう完全に話を忘れられてしまっているぞ!」

 はううううううううううう・・・・・・

 見捨てないでください!見捨てないでください!駄文SSですが・・・



プルツー「ところでベヤナグ少尉の見ていた資料は何なんだ!どうしてアニメの特典なんだ!」

 そ,それはZZの全話ビデオの!

 プルツー「ガンダムの世界でもZZが放映されているのか・・・?

      そんなわけあるかーーーーーーー!」

 (とツーちゃんはファンネル攻撃!)

 ぎゃあああああああああああああああああ!!!

 いやそれは次回以降に・・・語るわけで・・・

 請うご期待!お願いします!お願いします!

 感想もお願いします!お願いします!



プルツー「まあ・・・哀れだから見捨てないでやってくれ・・・」




戻る