週記2013


ジャミル・ミートの妄想とか,妄想とか,戯言とか,電波とか・・・




 週記 2008〜2009 週記 2010 週記 2011 週記 2012

 週記 2014 週記 2015,2016 週記 2017 週記 2018〜


第109夜『そしたら妄想』



  ジャミル・ミート(以下ミート)「更新,また空いてもうた・・・」

  プル「もう月記にもなっていないよ・・・」

  プルツー「隔月記だな・・・」

  ミート「でも,ベルセルクの連載よりは頻繁だけど」

  プルツー「こんなページと比べるものではないだろ!」

  プル「100億倍ぐらい違うよね。」

  ガロード「て言うか,こっちはゼロに何をかけてもゼロだから比較できねえだろ。」

  ミート「プルたんとリィナほどの差はないと思うけど。」

  プル「・・・・・」



  ミート(以下ミート)「今年もプルプル重大ニュース!」

  プル「今年は『何もねえ!』がよかったな・・・」

  プルツー「そうだな・・・」

  ミート「今年の重大ニュースはやはりこれになる。」



  本多知恵子さん逝く



  ミート「今後ゲームとかでプルたんが出てくる時,どうなるのだろう・・・」

  ガロード「これ以上暗いニュースはねえか。」



  ミート「まあ,少しは明るいニュースも。来年分にはなるけど
   プルたんがフィギア化されるらしい。
   何とかして手に入れねば!
   10個だろうと20個だろうと買う資金はあるが,うまく手に入るかが問題。」

  プルツー「相変わらずそういう買い方を・・・」



  プル「来年こそはよい年になるといいな。」

  (2013.12.26)



戻る





第108夜『消えるぞページ』



  ジャミル・ミート(以下ミート)「今日は悲しい日・・・」

  プル「て言うより,全然更新してないじゃない!」

  プルツー「前回から3か月近くたっているぞ!『月記』にもなっていないだろ!」

  ミート「最近気力がなくて・・・」

  ガロード「そろそろページが滅んで楽しい日ってとこか♪
   (やっと,ティファのところに帰れる)」

  ミート「まだだ!まだ終わらんよ!」

  プルツー「なら,もう少し更新しろ・・・」



  ミート「先々月のガンエー」

  プル「もうやっぱり古新聞だよ〜〜〜」

  ミート「久々にZZがスパロボ大戦に出ているようだ。
   記事の写真にツーちゃんが写っていたし,
   きっとプルたんもちゃんと出ているだろう♪
   でもダウンロードってどうやって買うのかわからん!
   普通にソフトを売らんかい!
   本当に不便な世の中になったものだ!」

  プルツー「それはお前だけだろ・・・」

  ミート「ネットだとかコンピューターはわからん!」

  プルツー「・・・・・」



  ミート「真ガンダム無双の写真にもツーちゃんのキュベレイが写っていたけど,
   こっちは声をどうするのだろ・・・」



  プル「それにしても,更新が8月以来っていくらなんでも空きすぎだよ。」

  ミート「最近過労死しかけな生活をしているもので。」

  ガロード「そうなれば,やっぱりこのページも滅亡ってか。」

  ミート「わしは死なんぞ!死んでなるものか!
   忠萌精鋭たる諸君がいる限り 有萌たる諸君がいる限り
   我が『プル萌えオタ末代』は永遠に不滅なのだ」

  プルツー「この男には赤い人よりドルチェノフの方があっているな。」

  ガロード「諸君って誰もいねえだろ。やっぱり滅亡か♪」

  ミート「『プル萌えオタ末代』に栄光と人気を〜〜〜!!!」

  プルツー「だったら更新しろ!」

  プル「・・・・・
   こんな状態だけど,わたし達のことよろしくね♪」

  (2013.11.8)



戻る





第107夜『プルのため満たすフロ』



   信○の忍びの武田信玄はプルたんと仲良くできそう・・・



   ジャミル・ミート(以下ミート)「更新が止まって,暑くて焼け死んだと思われていたかもしれませんが,
    一応生きています。」

   プルツー「安心しろ。この週記読んでいる人間いないと思うから。」

   ガロード「なんだかなあ・・・」

   ミート「もう,今年の夏は暑くて・・・晴れと言う文字を見ただけでムカついてきた。
    それでもって,別の意味にでもムカついたり。」



   ミート「この間久しぶりにアキバに行ってきた。
    手に入ったエルピー計画は1冊だけ・・・
    アニメイトの方は売り切れていた・・・
    まあ,プルたんの人気が高いから売り切れたのだろう。」

   プル「話題,そんなことしかないんだね・・・」

   ミート「そういう人生なんで・・・」

   プル「・・・・・」

   ミート「それにしても,エルピー計画をそろそろ再版してほしいぞ。
    せっかく新装版にしたのだから。」


   ミート「先々月のガンエー」

   プルツー「完全に古新聞だな・・・」

   ミート「先々月のガンダムマインドはZZ特集なのに,何故カラーでないんじゃああああああ!」

   プルツー(話が古すぎて心の叫びになっていないな・・・)

   ミート「ついでに来ているイラストは,きっと99%はプルたんとツーちゃんのはずなのに,プルたん達のイラストの率が少ないぞ」

   プルツー「待て。」

   ミート「『プルツーのような妹が欲しい。』ってあったけど,プルツーのような義妹が欲しい。
    と言うことか(爆)」

   プル&プルツー「待て。」

   ミート「それから,ガンエーのクオカードが当たった。これもプルたんに票を投じている善行のおかげ♪」

   ガロード「こんな奴に結構当たるな。」

   プル「ガンエーは水増ししていないってことだよね♪」

   (2013.8.30)



戻る





第106夜『プル萌えがすべて』



   ベルセルクが正月以来ずっと休載中・・・このままFSS化してしまうのだろうか・・・

  プルツー「FSSは再開したらしいぞ。」



  ジャミル・ミート(以下ミート)「暗い・・・暗い・・・暗い暗い暗い暗〜〜〜〜〜い!
   暗いじゃねえか!
   暗い暗い暗い暗〜〜〜〜〜い!!!」


  ガロード「壊れたか・・・(元々だけどよ・・・それにしてもなぜジャコウ・・・)」



  プル「もう!また,何やってんのよ!」

  ミート「おお!光だ!」

  プル「光って・・・?」

  ミート「もっと光(プル萌え)を!もっと光(プル萌え)を!」

  プルツー「だから光ってなんだ?」

  ミート「プルたんに萌えることは 我ら人外にとって まさに至上のこと
   神に寄り添い抱かれるに 等しい。
   ということで,プルたんこそがこの世を照らす至高の光!」

  プルツー「こいつはどこの使徒だ・・・」

  プル「・・・・・」



  ガロード「にしても,このページも完全に末期症状だな・・・」



  ミート「今月のガンエー!
   ランキングで再びプルたんが5位!
   前回は本多知恵子さんの追悼票もあっただろうが,
   アウェイの地で再び5位とはさすがはプルたん!」

  プル「へへ♪みんな,ありがと♪」

  ガロード(今度はティファが入らねえかな。)

  ミート「それにしてもプルたんのイラストがあるのに,何であのページはカラーにならんのじゃああああ!!!」

  プルツー「そうだな,せっかくカラーでイラストを描いてくれているのだからな。」

  ミート「あと,プルたんの人気のおかげでZZの人気が上がってきている♪さすがはプルたんだ。
   でも,ジュドー最強のNT説とかは関係ないだろ!プルたん萌えは宇宙最強〜〜〜〜〜!!!ということだろ!
   ZZはプルであり プルこそがZZである!
   ジュドーなんぞ,『その他大勢』なんだから!」

  ガロード「あのなあ・・・」

  (2013.6.11)



戻る





第105夜『プル萌えは消えず』



   金が少しあると思ったら,電気代,ガス代,水道代の請求がジェットストリームアタックのように来て,やはり金欠に・・・
   そんな今日この頃。



  ジャミル・ミート(以下ミート)「また,週記が空いてしまった・・・」

  ガロード「いつものことだろ・・・」

  ミート「もう古いけど,先月のガンエー。」

  ガロード「もう今月のが出るだろ・・・」

  ミート「ランキングでプルたんが5位に!
   何でカラーページじゃないんじゃあああーーーーー!!!
   プルたんのイラストもあるのに!」

  ガロード「そこはちょっと納得いかねえよな。
   カラーイラストで送ってくれている人に悪いだろ。」

  ミート「下らんものに使うカラーページがあるんだったら,こういう時のランキングをカラーせんかー!!!」

  ガロード「何が下らんものかは,想像に任す。まあ,分かりきってるけど。」



  ガロード「ついでにこいつも古新聞だが,今年はプルとプルツーの誕生日ネタがなかったな。」

  ミート「プルたんとツーちゃんが喪中だったから。」

  ガロード「しかし,履歴のところには『プルたん,ツーちゃん,誕生日おめでとう!』とあるじゃねえか。」

  ミート「あれは去年のだ!」

  ガロード「・・・このページ,ダメだな・・・2行下は一昨年のじゃねえか・・・」



  プル「もう!ちゃんと更新してよ!」

  (2013.4.25)



戻る





第104夜『プル萌え 再び』



   現世において,プル的に最も重要な人がなぜピンポイントで・・・
   などと思っている今日この頃・・・



  ジャミル・ミート(以下ミート)「ゲームとかで,プルの新しいセリフはもう聞けないのだろうか。

   スパロボやGジェネは,これまでのストックで何とかなるかもしれないけど,
   フルボイスのゲームがもっと増えていくだろうから,
   もうプルもプルツーも今後のゲームに出てこないのだろうか。

   プルが出ない以上,ZZそのものが出ないということに・・・
   ZZの存在価値の99.999999999999999999999999999999999999999999999
   999999999999999999999999999999999999999999999999999%は,プルだから。」

  ガロード「また何をぶつくさ言ってやがんだ・・・それにZZって・・・主役のジュドーはどうなるんだ。」

  ミート「ZZの主役はプル!宇宙の絶対真理!!!
   ジュドーなんぞ,『どうやら・・・あっしはその他大勢・・・』だ!」

  ガロード「・・・・・」

  ミート「それにしても,ガンダム無双Specialのような神ゲームが,もう出ないと考えるとさびしい限り・・・
   あれのせいでガノタ魂もすっかり萎えて,購買意欲も衰えてしまっていたけど(もちろんプル関連は除く),
   こうなると,ある意味ガンダムそのものが終わってしまった感じ・・・
   もっとも新しいのが出たら,揚げのように惰性で見るとは思うけど。」

  ガロード「惰性かよ・・・」



  ミート「ZZを出す時に,プルの声を代役がやってもたぶん合わない・・・
   違和感なくやれる人材がいるとも思えんし。たとえ存在したとしても,わざわざ探してくれるかも疑問だし・・・
   もう新約ZZなんて夢のまた夢・・・」

  ガロード「またブツブツと・・・ていうか,新約って何だ?」

  ミート「プルが主役で,プルとプルツーが幸せなエンディングを迎えられる真のZZ!!」

  ガロード「まあ,真ってしておくか・・・」



  ミート「そうだ!サイレントムービーだ!音を全部消してしまえばいいんだ!
   最初から音を入れなければ,この問題はクリアできる!」

  ガロード「あのなあ・・・ストーリーわからんだろ・・・」

  ミート「弁士を使えばいい!!!」

  ガロード「何故・・・そんなレトロに・・・」

  ミート「初のサイレントロボットアニメ!話題になるぞ!」

  ガロード「ただの自爆だろ・・・」

  ミート「これこそ!サイレント・ヴォイス!
   新約ZZはこれで決まりだな!」

  ガロード「暴走しとるな・・・」



  ミート「デジタル編集とかで,プルの声を入れられないだろうか・・・」



  ミート「今月のガンエー。」

  ガロード「何か久々だな・・・」

  ミート「何でプルたんが出ているのに,ランキングのページが白黒なんじゃあああ!!!
   でも本家本元って言ってることは,ガンエー編集部もあれが中○製のパチモンであることを認めたのか(笑)」

  ガロード「中○製ってなあ・・・」



   表紙もうら表紙も視界に入れたくないものが出ている。
   ま○ゆバリヤーーーーー!と先週のマガジンを上に載せてみる。

 (2013.3.10)



戻る





第103夜『雲上の人』







  プル「・・・・・・」

  プルツー「・・・・・・」



  ジャミル・ミート(以下ミート)「大変なことが起こった・・・」

  ガロード「何てことだよ・・・」

  ミート「本多知恵子さんがお亡くなりになられるとは・・・」



  プル「ウソだよね・・・」

  ガロード「信じたくねえけど,YAHOO!のニュースにも載っていたから
   本当のようだ。」

  ミート「2ちゃんを見た時は,あらしだと信じたかったのだけど・・・」

  プルツー「だって,まだそんな年じゃ・・・」



  プル「う・・・う・・・うわ〜〜〜〜〜〜〜ん!!!」

  プルツー「そんなことあるのか・・・こんなに早く・・・」









・・・・・・・・・・・・

  プル「27年も本当にありがとう・・・」

  プルツー「どうか安らかに・・・眠ってくだ・・・う・・・」







  ガロード「エニルも本多さんだったよな・・・
   俺にとっては,『年上の人』だったわけか・・・」



  本多知恵子さんのご冥福をお祈りします。


 (2013.2.23)



戻る





第102夜『元帰ろう』



  JSというのを見て,正しく『女子小学生』と読みながらも,『ヨシフ・スターリン』とも読んでしまう。
  どっちにしろ,ダメじゃんな今日この頃



  プル「新年あけましておめでとうございます。って,もう2月じゃない!」

  プルツー「旧暦で祝おうとでもいうのか・・・相変わらず,更新されていないから・・・」

  ミート「ネタがないもので・・・」

  プルツー「イベントのない人生だもんな・・・」

  ガロード「今年こそはこのページほろぶと思っていたが・・・」

  プルツー「どうせ滅びかけだろ・・・『週記』もろくに更新されないから・・・」

  プル「もうちょっと真面目に更新してよ。」

  ミート「では,正月当たりのプル的なイベントを」

  プル「だから,もう2月だって!」

  プルツー「プル的イベント?」

  ミート「まず,正月に旧ガンダムズでプルTシャツをまた手に入れた。
   だが,京都でエルピー計画を手に入れることができた本屋が改装されてよくわからん店になってしまった・・・
   地下のプラモ屋はそのままだったからよかったけど・・・
   こっちに帰って来てからは,アキバでエルピー計画を2冊手に入れた。」

  プルツー「そんなことしかないのか・・・」

  プル「て,それはミートのダメダメ日記じゃない。」



  ミート「ネタになるように,また新しいガンダムやらんかなあ。」

  プル「AGEやってたけど,ほとんど書いてないじゃない。」

  ミート「揚げはあんましネタにならんかったし。」



  ミート「ついでにこの前の土曜日に元帥のプルたん同人誌を手に入れた。
   内容はプルたんでなければ,ご飯を食べまくりな感じ。
   ハアハア・・・」

  プル「ファンネル!」



  ドッカーン

  ミート「ぎゃああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

  ジャミル・ミートは灰燼と化した。



  プル「こんな状態だけど,今年もよろしくね。」

  (2013.2.10)



戻る