天使の住むところ


「天使の住むところ」







 ずっと遠くなる。あの船が。

 彼はどうしたのだろう。彼女はどうしたのだろう。

 住み慣れた居場所=Aいいことも悪いこともあった想い出=B

 遠くに浮かぶ……悲しい閃光が消え、彼女の思いが宇宙(そら)を伝う。

 いろんなことのあった人生だった。カプセルの中で外の世界に思いを馳せ。

 閃光から逃れた世界で悪夢を見て。

 助け出されて、世界の果てで人の暖かさを感じて。

 若い心に出会い、愛してくれる人の思いを感じ、命懸けで守ってくれたあの人の悲しみを感じ。

 赴くままに走り出し、赴くままに戦い、赴くままに運命を―――

 出来るだけ伝えたかった。出来るだけ愛したかった。

 この世界を。でも私は飛び出してしまった=B

 後悔は無いかと言われれば、何所を後悔すればいいのか未だに解らない。

 でも、やるだけの事をした。それも考えることが出来なかった自分£Bの分も含めて。



 悲しみに満ちた世界が今度は優しくなりますように。

 それだけを祈ってから星の海を渡ってゆく。

 誰かが呼んでいる気がした。私の中に入る暖かい心が。



 ―――――おーい!―――――



 誰?



 ―――――おーい!―――――



 何所?



 ―――――ここだよ!―――――



 目の前に光。眩しくて見ずらい。



 ―――――プルツー、あれ、あれ!―――――



 ―――――ここだ! ここだ!―――――



 何故だろう。さっきまで生きていた℃桙フ、重い鎧のような悲しみが脱げて行くような。



 ―――――間違いないよ! ―――――



 ―――――こっちだ!!―――――



 どこかで見たような記憶が。そう、あのスーツを着る前の、ヘルメットを被る前の。



 ―――――早く! 早く!!―――――



 ―――――さあ、こっちだ!―――――



 もう涙が出る体も無いのに、胸が熱くなり何かが迸りそうになる。



 ―――――頑張ったんだね! よく頑張ったね!―――――



 二人の少女が手を振っていた。満面の笑顔。

 一人は両手を思い切り振りつつ、目頭を拭いている。

 もう一人は片手を振って励ますように。

 あれが天使というものなのだろうか?

 まるで昔、私達が戦場に出て征くときの彼女達≠サのものだった。



 ―――――遂に最後の―――――



 ―――――みんな、来ちゃったな。姉さん―――――



 天使が両手を掴む。



 ―――――さあ、行こう!―――――



 ―――――何があったのか、教えてくれないか?―――――



 天使達にせがまれながら光の中へ飛んでゆく。



 ―――――ねえ、教えてよ!―――――



 その顔は、既に知っているのかもしれない。でも、自身から聞きたいのかもしれない。

 出来るだけ答えることにした。私が辿ったこと、私が私が守ろうとしたこと、そして……



 ―――――ええ、お姉さん―――――



 私が見守っていきたいことを。


戻る