プルの絵


プルの絵





プルたんがティファに真似して絵を描き出した。その理由は・・・



 プルたんはいつも'リィナ!''リィナ!'なジュドーにデコバチされて全然かまって貰えないものだから・・・


プル「わたしもジュドーとのツーショット描こうっと♪せめて絵の中だけでもジュドーと・・・」

プルツー「姉さん・・・」



プルやプルツー,そしてエルとルーが集まっている。どうやらプルの描いた絵を見ているらしい。

ルー「へえー,結構プルって絵うまいじゃない。」

エル「そう何か以外って感じ。」

プル「ティファに色々教えてもらって描いたんだよ。」

プルツー「そう姉さん努力したから。姉さん『が』!」

プル「プルツー,何で『が』を強調するのよ。もうひどいよ,むうう・・・。わたしだってがんばる時は,がんばるんだから!」

エル「プルはえらい,えらい。よくがんばった。」

 とエルがプルの頭をなでる。

ルー「ジュドーとプルが仲良く並んで。中々憎い演出ね。」

エル「特にジュドーなんて良く描けてるし,やっぱり愛の力ってやつ?」

プル「えへへ」

とちょっと照れたようにプルがはにかむ。



そこへジュドーがやって来た。

エル「ジュドー,見てみなよ。この絵プルが描いたのよ。」

ジュドー「へえ,結構うまいじゃないか。ほんと良く描けてるし。」

プル「へへ♪」

プルツー(姉さん,ジュドーに褒められて本当にうれしそう。)

と見ていたプルツーも自分のことのようにうれしくなった。

 だが・・・



ジュドー「ところでこのプルの隣にいる男って誰?」

プル「ジュドーだよ。そう見えない・・・?」

ジュドー「なあに言ってんの,そんなはずないでしょ!俺だったら横にいるのはリィナのはずだし!」

プル「・・・・・」



夕暮れ時,プルがつまらなそうな顔をしてプルとジュドーが描かれたキャンバスの前に立っている。

プル「・・・・・」

トン!

プルがキャンバスの中の自分をつつく

トン!トン!トン!

プルがつつく度に立てかけられたキャンバスが揺れる。

プル「・・・・・」



プルツー「姉さん・・・」

 そっとしておくべきだったのかもしれないが,プルツー堪らなくなってプルに声をかけてしまう。

プル「プルツー・・・」

 プルがプルツーのところへ歩み寄っていく。そしてプルはプルツーに抱きつき,その胸に自分の頭を押し当てた。

プル「ごめん,プルツー。ちょっとの間こうさせていて・・・う,う・・・。」

プルツー「いいよ・・・姉さん・・・」

 プルツーもプルのことを軽く抱きしめ返す。

プル「プルツー・・・,わたし悪い子だね。」

プルツー「え・・・?」

プル「嘘つきだもん・・・わたし,「ジュドーが私のことどう思おうとかまわない。それだけでいいの。見返りなんて、いらないんだ!」って言ってたはずなのに・・・
   う,う・・・わたし悪い子だね・・・。」

プルツー「・・・姉さん・・・」

プルツーはプルの頭をやさしく撫でていた。だが,その顔は怒りに燃えていた。

プルツー(あの子許さない!)



 その頃諸悪の根源はというと

ジュドー「リィナ!俺もプルに対抗してリィナとのツーショット描こうと思うんだ!」

リィナ「ふ〜ん」

ジュドー「というわけで脱いでくれ!」

リィナ「いや」

ジュドー「そう恥ずかしがらなくったって,俺も脱ぐから♪」(ヌギヌギ)

リィナ「いやあああああああああああああああ!」



ジュネ=コク「馬鹿な!ヌードだけが芸術ではない!」






戻る