『悩めるシスコン二等兵2』


『悩めるシスコン二等兵2』







 『妹通信』の裏表紙であるリィナのとのコラ写真(別にコラを作る必要ないだろ・・・)を
編集しているジュドーの元に不景気な顔をした少年がやってくる。

シン「会長・・・」

ジュドー「どうした,シン・アスカ?妹への愛を表す修行は進んでいるか?」

シン「はあ・・・,それはちゃんとルナマリアに会長のようにボコボコにされていたのですが,
   今日はガンダムの主人公の先輩としての会長に相談があります。」

ジュドー「(会長のようにボコボコにって何のことだよ?)ガンダムの主人公としてって何だよ?
     主人公としての妹との愛とはどうすればいいかとかか?」

シン「僕は種デスの主人公のはずなのに,なんで全然目立てないだーーー?!
   この間の放送なんて出番すらなかったんですよ!
   会長ですらEVOLVEの宣伝をしていたのにーーー!」

ジュドー「・・・・・
   ヒロイン格のステラだって最初にちょっと出てきただけで全然出てないことだし気にするな!」

シン「・・・ヒロインはマユです!(怒)」

ジュドー「!!!!!す,すまない!この俺が何という間違いをしてしまったのだ!
    おお!シスコンの神よ!この愚かなジュドー・アーシタをお許しください!」

シン「全く困りますよ!会長が一番の基本を忘れてもらっては!
   ヒロインとは主人公の妹に決まっているじゃないですか!」



カミーユ「おい,おまえ達!だったら妹いない主人公の作品はヒロイン無しだっていうのかよ!」

 と怒りのカミーユ登場!

カミーユ「Zのヒロインのフォウなんだぞ!フォウが俺の妹だっていうのかよ!」

 怒りの理由はそこか・・・ファはどうでもいいのね・・・

ジュドー「な〜〜〜に言ってんの!妹もいないような奴がガンダムの主人公になれるわけないでしょ!」

カミーユ「だったらZの主人公は誰だっていうのかよーーー!」

ジュドー「まあ,あの赤いロリコンってことになるのかな・・・?」

シン「議長も昔はガンダムの主人公だったんだ・・・?」

 と墓穴を掘ったカミーユ・・・

 と言うことはZのヒロインもセイラさんだったのか・・・

ジュドー「リィナを助けてくれた人だからね♪」



 ここで質問です。このジュドー理論で逝けば,Vガンと∀の主人公は誰になるのでしょう?



ジュドー「そう言えばカミーユさんもアムロさんとロリコンが出ている話では
   存在感がなくなったって話でしたよね?」

カミーユ「!!!」

シン「何だ♪昔の人も一緒だったんですね♪」

カミーユ「おまえと一緒にするなーーー!それに昔の人って言うなーーー!今年映画化されるんだぞ!」





ルチーナ「プルツーが姉さんでプルが妹だったらジュドーの理論でもプルがヒロインだったのにね♪」

プルツー「ルチーナ・・・言っておくが私は女だーーー!!!」

ルチーナ「もちろんよ!でも男役♪ヒロインはプルに譲るとしても
     プルツーの恋人役は,わ・た・し♪きゃっ!」

プルツー「・・・・・」



!!!

 そう言えば初詣妄想以来プルたんが妄想に登場していない・・・

 というわけでプルたん登場

プル「むううううう・・・退屈だよーーー!ぷううううう・・・」

 とコタツの中でむくれているプルたん。そしてまたなぜかいるグレミーが・・・

グレミー「プル,そんなに退屈なのでしたら,私の作った詩を聞いてくれませんか?
     ルー・ルカの美しさを詠った詩を!

     ああ・・・あなたの瞳は虚空の宇宙を越え 私の体を貫き
     その風に舞う艶やかなる髪は 私の心を撫でもてあそぶ
     その姿は」

プル「和田ア○子より高くそびえ立つ・・・」

グレミー「!!!」

プル「あ〜〜〜ん!つまんな〜〜〜い!ジュドー,遊んでよ〜〜〜!」




戻る