『悩めるシスコン二等兵1』


『悩めるシスコン二等兵』







ジュドー「種デスのシンも入会させたことだし次に入信させるターゲットはっと♪
     セルピコ(ベルセ○ク)に,サーベルト(ドラ○エ[)にっと♪
     そうだせっかくシンのやつも入会したんだからシスコンの魂ってものを教えてやらねば!」

 とシン・アスカのシスコンとしての実習が始まる。

ジュドー「ということでついて来い!」

と街へと出かけるジュドーとシンとレイ(南斗の)であった・・・

シン「妹よりの使者,シスコンを究めたらどうなるのだ?」

ジュドー「どうなるって,シスコンを究めたものにはその善行への報いとして
     最終回で妹が生き返り,ハッピーエンドを迎えるに決まっているだろ!」

シン「最終回で妹が生き返る・・・マユ・・・」

 など話しているシスコン達の前へ・・・

プル「プルプルプルプルプル〜〜〜♪」

 と我らのプルたんが登場!しかし・・・

ジュドー「うきょっ♪ちょうどいい,真のシスコンというものを見せてやるぜ!
     妹への愛を貫く一撃デコバチを!」

シン「デコバチって・・・?まさかあんなにかわいい子にデコバチをするつもりなのか・・・?」

レイ「シスコンの道は修羅の道。会長のように鬼になりきらなければ究めることはできない・・・」

シン「だが・・・あんなかわいい子にそんなことを・・・俺にできるのか・・・マユ・・・」



 そしてプルたんのまえにジュドーが現れる。

プル「ジュドーーー♪」

 とプルたんはジュドーに走り寄る。

ジュドー(この野郎,相変わらず人々を真の愛(シスコン)から堕落させようとしやがって!)

ジュドー「プル!悔い改めよ!」

 とプルたんのおでこ目掛けてジュドーはデコバチを放つ!

 だが,その瞬間プルたんの目は鋭くなり,ヘッドスリップでジュドーのデコバチをかわす。

 そしてジュドーの肝臓めがけて鉄拳が!

ジュドー「ぐはっ!ガガガガガ・・・」

プル?「ジュドオォォォォーーー!!!貴様はまた姉さんをーーーーーー!」

 なんとプルたんだと思っていたのはプルたんの格好をしたツーたんだったのである!

ジュドー「プルツー・・・だましやがったな・・・」

プルツー「私は誓ったんだ!私が姉さんのガロードになってでも姉さんを守るって!
     おまえのシスコンの魔の手から!オラオラオラオラオラオラオラオラオラ!!」

ジュドー「うぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃーーーーーーー!」

 とジュドーは八つ裂きにされて逝く(笑)



レイ「まずいあれはプルツーだ!」

シン「プルツー・・・?」

レイ「プルの戦闘タイプだ!要するにユリアに対するマミアのようなものだ!」

シン「ラクスに対するミーアのようなものなのか・・・?」

 こらシン!プルたんの位置に酢を入れるんじゃない!それにミーアは戦闘タイプ?

 それにレイの例え間違っているだろう!それはそっくりさんだろ!

 (例えるなら天帝ルイとリンだろうが・・・それともライガにフウガ(爆))

 しかもマミアがユリアに似ているという設定はあとの方では忘れられていたし・・・



プルツー「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーーーーー!」

ジュドー「ばぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃぎゃーーーーーー!」

 とジュドーはプルツーにボコボコにされ続ける。



シン「・・・シスコンを究めるって・・・ロリッ子にボコボコにされるっていうことか・・・?」

レイ「それは違うぞ!」

シン(ちがうのか・・・?ということはショートカットでもみあげの長い子に
   ボコボコにされればいいということか・・・?)

 と激しく勘違いなシン・アスカであった。





 で種デスのミネルバ(ラオ=ザビじゃないよ!戦艦の名前だよ)に戻ったシン

ルナマリア「あ,シンどこに行っていたんだ?突然ミネルバから消えて・・・?」

シン「・・・・・(マユ・・・)」

 グイ!とデコバチ!

ルナマリア「何さらすんじゃあああーーー!!!ゴッラアーーー!」

 正拳!裏拳!肘撃ち!膝蹴り!とシンもルナマリアにボコボコに・・・

メイリン「シン・・・何やってるんだろう・・・?」

レイ(ザ・バレルの方)「もしや種割れの秘密がここに?
            ボコボコにされることにより気力を上げて,130で発動とか?」



議長(赤い人)「もっとしばけ,どつきまくれ,ルナマリア!
        貴重なロリッ子だ。なんとしてもマユたんを復活されるんじゃあああ!
        最終回よりも前に復活させるんじゃあああ!
       (この私が出ている作品にロリッ子が全然いないとは何事だーーー!)」



シン「マユ・・・」

 とんでもない男に弟子入りしてしまった種デスの主人公(?)の運命やいかに?




戻る