続『ジュドーの遺書』(後編)




蛇足シリーズ 続『ジュドーの遺書』(後編) 『復活のジュドー』





  ダブリンの廃墟,そしてコアファイターの残骸の前で一人の少女が泣いている。

 プル「う,う,うわ〜〜〜〜〜〜ん!ジュドーが死んじゃったよー!ジュドー!ジュドーーーーー!」

  そしてそれを見守るもう一人の少女,プルツーだ。あの後ちゃっかり仲間になっていたりして・・・いきなりサイコガンダムマークUをぶっ壊したのでネオジオンをリストラされたのか?

 プルツー「ほっとけ!」



 プル「ジュドー!ジュドー!ジュドー!うわ〜〜〜〜〜〜〜ん。う,う・・・」

 プルツー「姉さん・・・・・」

 プル「プルツー,ジュドーが!ジュドーが!どうしてジュドーが!ジュドー!」

 プルツー「・・・姉さん,ジュドーのことは私にも・・・・・・・全く責任はないけど!(全部ジャミル・ミートのアホのせいだ)・・・どうにかしてあげる。」

 プル「どうにかって。まさかジュドーを生き返らせてくれるの?」

 プルツー「まあ見ていて,姉さん。」

  と言って,コアファイターの側によるプルツー。そしてなにやら呪文を唱える。



 プルツー「おお全知全能たる神(御大)よ。さまよえるジュドーの魂を再び呼び戻したまえ!」

  タラララ〜ラ〜ラ〜ラ

  なんとジュドー生き返った!



 プル「ジュドー!」

 ジュドー「プルーーーーー!」

  しっかりと抱き合う二人

 プル「ジュドー!ジュドー!ジュドー!」

 ジュドー「プル!プル!プルたん!」

 プルツー「・・・・・」

 プル「もう離れないよ!ずっといっしょだよ,ジュドー!」

 ジュドー「俺もだ,プル!俺にとって宇宙でプルが一番大事なんだ!プルが一番なんだ!俺にはプルはいなければならないんだ!」



 プルツー「ちょっと待って姉さん!」

  そう言うと『離れないさいな』的にプルツーは二人を引き離した。

 プル「え,プルツー。もしかして焼きもち♪」

  だがプルツーは

 プルツー「カイザーフェニックス!」

  ドッカーーーン!!!

  とジュドー目掛けて大魔王のメラゾーマを放った!

 ジュドー「ぎょおおおおおおおおおおおおおおおおお!」

  ジュドーは再び灰になった・・・

 プル「何てことするの,プルツー!」

 プルツー「姉さん,さっきのジュドーの様子変だと思わないの?」

 プル「変って?ジュドーはわたしのこと大事に思ってくれているんだよ!」

 プルツー「・・・・・・きっとさっきのジュドーには復活させる時にジャミル・ミートの灰がちょっと紛れ込んでいたのよ!」

 プル「え!」

 プルツー「でも姉さん,安心して今度はちゃんと灰を分離してから復活させるから。」

 プル「分離って?」

 プルツー「まず姉さん,そっちに立っていて。そしてこっちに」

  とプルツーはリィナの脱ぎたてパンツを取り出した。(何でそんなもの持っているんだ,プルツー?!)

  そうすると灰が分離し出した。大半の灰はリィナのパンツの方へ,そして少量の灰がプルのほうへ

 プル「わたしの方に来たのがジュドーだね♪」

 プルツー(そんなわきゃねえだろーーー!)

  とギンガナム調に心の中で叫びつつ,ほうきとちりとりでプルの方に集まった灰を集め,水洗便所に流す・・・

 プル「・・・・・」

  そしてリィナのパンツに集まった灰に向かって再び

 プルツー「おお全知全能たる神(御大)よ。さまよえるジュドーの魂を再び呼び戻したまえ!」

  タラララ〜ラ〜ラ〜ラ

  なんとジュドーが生き返った。リィナのパンツをくわえて!



 プル「ジュドー!」

  プルがジュドーに駆け寄る。だが

  ドン!

  いきなりデコバチ!

 ジュドー「プル邪魔だって!俺はリィナのところに行かなければならないんだ!リィナーーーーーーー!」

 プル「う,うわ〜〜〜〜〜〜〜〜ん!」

 プルツー「今度はジュドーの復活は完璧なようね!」



  ジュドーは走る リィナのもとへ ジュドーは走る リィナのパンツをくわえたまま



 プル「うわ〜〜〜〜〜〜〜〜ん!」





  その頃,下水道では

  チチチチチチチチチチチチチチチーーーーーー!

  とドブネズミが集まり,

 ジャミル・ミート「プル萌えーーーーーーーーーー!」

  ジャミル・ミート再び受肉!












戻る