『ダブリン近海を血に染めて』


『ダブリン近海を血に染めて』





プルツー「どれ位眠っていたのか?その間に物事が整理されたとは思えないな」

グレミー「全てが整理されたのなら、お前など必要とはしない・・・プルツー」

プルツー「・・・うっ・・・」

 裸のままベッドを降りて立ち上がるプルツー。

グレミー「しかし・・・状況は悪くない。むしろ有利というべきだろうな」

プルツー「じゃあ、どうしてあたしを目覚めさせたんだい?」

グレミー「戦いには機というものがある・・・たとえ戦況が味方に有利だとはいえ、その機を逃せば、戦況は逆転する」

プルツー「前口上はいらないよ、グレミー」

 歩き出すプルツー。

グレミー「プルツー!」

プルツー「戦功を上げたいのならはっきり言えばいい・・・あたしは協力する。アーガマを沈めれば良いのだろう?体慣らしには丁度いい」

(とここまでFOREVER ELPEOPLEより

プルツー「手抜きな・・・」)



 とツーたんは裸のままで廊下に出ていきました。しかし・・・

 スタスタスタスタと廊下を進むプルツー。でも向こうから

水兵「ふんふんふ〜ん♪ 今日のメリーさんの羊はしょうゆ味〜♪ 明日のメリーさんの羊はケチャップ味〜♪ 明後日のメリーさんの羊はカレー味〜♪」

と水兵さんが・・・そしてプルツーとバッタリ・・・

水兵「・・・・・」

プルツー「・・・・・」

水兵「ゴブハァーーーーー!!!」ブシューーーーーーーー!!!

 と鼻血が噴水のように

プルツー「・・・・・」

 そんな水兵くんを無視してプルツーはスタスタと歩き始める。



 さらに向こうから兵士が二人ほど

兵士A「昨日ふんどし一丁のラカンにグレミーが追い掛け回されている夢見たよ。」

兵士B「プププッ,実はあの二人そういう関係だったりして。ラカン『グレミー,君のためならハマーン様を裏切ってもいい。ハァハァ』とか♪」

 そんなところへスッポンポンのプルツーが・・・

兵士A&B(あんぐり・・・ブハーーーーーー!!!)

 と鼻血,耳血の血の池天国・・・・・

プルツー「・・・そうか・・・グレミーはそういう趣味なのか・・・」

 と勘違いしながらツーたんはモビルスーツデッキに向かう・・・



 艦橋にて艦内モニターにプルツーのあられもない姿・・・

ブリッジ要員「ロリッ子が・・・ロリッ子が!はうおーーー!」

 みんな鼻血を垂らしてモニターにしがみつきながらブリッジも大パニック・・・・・



 バンバンボバンボ♪ボンババン♪バンバンボバンボ♪ボンババン♪

 っとどっかの缶コーヒーのコマーシャルのようにプルツーの進む先に噴水が・・・鼻血だけど・・・(だいぶ昔のバージョンのB○SSのコマーシャルだっけ?)



兵士C「向こうにロリッ子が裸で歩いているらしいぞ!急げ!何でもグレミーのニュータイプ部隊員だとか!」

兵士D「ハマーン宮殿で下着姿のまま走り回った子がいたとは聞いていたが。今度は裸かよ!すごいぜニュータイプ部隊!ハァハァ・・・」

 と次々とプルツーの通る廊下にクルーが集結!そして更なる流血が・・・



 コールドスリープルーム前の廊下ではグレミーが・・・

グレミー「何か傾いているんですけど・・・?」



 ブリッジでは

操舵士「血がピューーーーー!ひ,貧血ー・・・・・」

 と傾きながら操艦。そして・・・

 ザッバーーーーーーーーンとサンドラ着水。そのまま沈没・・・



 その後,救命ボートに乗ったグレミーとプルツー

 そして後ろから平泳ぎでついて行くクルー達

クルー達「一生ついていくっす!」

グレミー「やかましい!」

クルー達(てめえじゃねえよ,ツーちゃんにだよ!)

グレミーの上着を羽織ったツーちゃんは

プルツー「ふん・・・少し暖かいな・・・前に着ていたやつの感じか・・・」

 夕日に照らされた彼らはどこへ向かって進むやら・・・



 そしてツーたんとその下僕たちがキリマンジャロ基地まで『巡洋艦エムデン』状態でたどり着くまではまた別の話。



 そのころ我らがプルたんはアーガマの病室で

プル「みかんおいしい・・・」

 と缶詰のみかんを食べていた・・・



 ところでコールドスリープルームにいたプルクローンの子はどうなったの?

 というのは

 コールドスリープの維持装置は生きており,

 後にトスロフ兄弟の弟のバルオとオルクのナーカス一味によってサイコガンダムマークUとともにサルベージされるのもまた別の話



ナーカス「ミスター・バルオ,どこでこんな情報を?」

バルオ「それは秘密です。」




戻る