2000年ベスト


お名前: 井伏銀太郎   

 昨年に引き続き2000年仙台演劇のベスト・ワーストのコーナーを立ち上げました。
1月末まで開設します。今年1年観劇して貴方が良かったと思った公演もしくは
つまらなかった公演。形式は自由です。
今年後少し公演がありますので、それから足していただいても結構です。
ベスト3でもベスト10でも、ワーストでも、印象に残った公演でも結構です。
バックナンバーで、劇評やカレンダーを参考にして書き込んで下さい。
 
私の印象に残った公演はすでに劇評バトルに書いているので、
見た中でのベスト・ワーストということです。残念ながら見れなかった公演もありますので、
これが今年すべての公演のベストというわけではありません。
あくまで個人的感想です。
 
私のベスト2
仙台以外では劇団第七病棟の「雨の塔」 
南河内万歳一座の「なつざんしょ」
 
仙台ベスト3
未来樹シアター「みんな,待ってる」
作家の文月奈緒子は自分の怖くてキレイな世界を確立してきたと思う。
俳優も年代的にバランスがとれていて、「繃帯」に続き完成度の高い世界を作り上げた。
 
鳥の庭園「奇妙な果実」
水や空中など、野外の独自性をうまく使って、詩的で、映像的な世界を作り上げた。
ゲスト出演の俳優達の新しい魅力をひきだした演出の力がすばらしかった。
 
劇団ピアス「楽園」
渡辺ケンの脚本選びと演出の冴が発揮された公演だった。
劇団の色が出てきて、独特の空気感を感じさせる公演だった。
十二月に初の創作に挑戦するなど、意欲的な姿勢も見せた。
 
今年を振り返って印象に残った公演
 
今年は仙台演劇界で初の民間から立ち上げた演劇祭「衝劇祭」が一番のニュースだと思う。
Lada Trosso「Sambo?」
俳優組合MANKAI-DO! プロデュース実験室 壱「マシーン」って何だ?、
仙台以外の俳優も含めてのプロデュース形式の公演は仙台演劇の今後の新しい展開を
期待させた。
俳優組合MANKAI-DO!はこのままシアタームーブメント仙台として上演してもいいのでは
ないかと思わせるぐらい良かった。
単なる劇団の枠を超えての公演が多くなってきたのが今年の特徴かと思う。
 
たかはしみちこの「続蒲田行進曲プロデュース」が仙台駅前のビルの一室を一ヶ月借り
切って発表の場にしたのも新しい動きに感じた。
 
今年は久々に力のある若手が台頭してきた年だと思う。
「青葉玩具店」「きらく企画」、才能とやる気と技術。総合力で仙台の劇団の中でも
トップクラスに位置すると思う、それ以前の若手は、演劇的な基礎力や舞台表現の
技術力が不足していて、未熟さが目立つ公演が多かったが、彼らは他の劇団に
客演するなどして実力を伸ばし、今日的演劇センスをもった集団だと思う。
このまま実績を延ばせば、間違いなく仙台を代表する劇団になるし、全国的にも通用する
集団になるだろう。
 他に若手ではオリジナリティーがある「重箱企画」「もしもしガシャ〜ン 」が今後を
期待させた。
 
若手以外で「未来樹シアター」「鳥の庭園」「劇団ピアス」の活躍も印象に残った。
十年目をむかえた「OH夢来'S」も着実にオリジナルミュージカルの世界を作り上げた。 
独自の世界を作り上げてきた「翔王シアター」が解散したのは非常に残念だ。
 
「三角フラスコ」「サイマル演劇団」は仙台以外の地域での公演を積極的にこなし、
実力を伸ばした。
「サイマル演劇団」が活動の拠点を東京に移すのは残念だ。
 
”OCT/PASS”は仙台演劇祭で大仕掛けのテント公演「又三郎」を再演した。
久々にアンダーグラウンドの底力を見せた公演だった。
関連でAging Attack!!や戯塾の公演があったが、去年の「夜を散る」をベスト1
に挙げている私はもっと”OCT/PASS”の公演が見たかった。
 
六面座は、金野むつ江さんの一人芝居や客演、演劇講座、名セリフコンテスト等で話題が
あったが、本公演がなかったのが残念だ。今から来年の名取突GEKI祭がたのしみだ。
 
劇団麦は世代交代の時期にきていると思う、年二回着実に公演しているのは素晴らしいが、
ここ数年、演出的にも俳優的にも舞台技術的にも色々問題を感じていたが「ら抜きの殺意」で、
本来の丁寧な舞台作りが少しづつよみがえってきたようだ。
俳優の北島寛の入団が新しい魅力を作り出している。
 

[2000年12月16日 15時11分28秒]


私的・ベスト 

お名前: 少女遊 科白   

面白い企画ですね。仙台が本当に劇都になれるのが何時の事になるかは判りませんが、
面白いものが根差しているのも事実。もの凄く偏ったものではありますが、個人的なベス
トを書き込ませて頂きましょう。
 
面白かった芝居達
 
第1位 泉松陵高校 「fractional....」
第2位 富谷高校 「広くてすてきな宇宙じゃないか」
第3位 宮城教育大学 「ミナモノカガミ」
第4位 劇団ミモザ 「太陽に背を向けて走れ」
第5位 きらく企画  「回りまくる人」
第6位 黒川高校 「ドールメイカー」
第7位  仙台向山高校 「戦の中での花の散り際」
 
良かったと思わせた男優達
第1位  最上  純(泉松陵高校)
第2位  阿部  秀徳(黒川高校)
第3位   若井 一真(仙台第三高校)
第4位   奥田  健太郎、正井  貴(共に東北大学演劇部)
第6位   さざなみ しおん(劇団ミモザ)
  etc...
 
良かったと思わせた女優達
第1位  たかはし みちこ(フリー)
第2位  後藤 尚子(白石女子高校)
第3位  八巻 雪絵(仙台向山高校)
第4位  池下 愛(富谷高校)
第5位   えんどう ゆか(劇団ミモザ)
第6位  照井 麻貴子(宮城教育大学演劇部)  etc...
 
 このランキングの基準、それは特に難しいものではなく、笑えたもの、考えさせられた
もの、というのが主なものです。他の皆様から見れば、何故、という考えが起きるかもし
れませんが、そこら辺はあくまでも、私の好み、であるので。随分と知らない名前が多い
な、と思われる方もいるでしょうね。黒川高校や仙台向山高校等は、劇評バトルにも取り
上げられませんでしたから、この二校については少し理由を細かく説明します。
 まず黒川高校。此処では、一人の役者に目がいってしまった。男優部門で2位に挙げた
阿部秀徳、彼は滑舌こそ気になる所が多かったが、役から表れる雰囲気に私は飲まれてし
まった。役者としての彼の、瞳、というものに私は捕らわれてしまった。そして、ランク
に入れてないが、蛇という役で現れた庄司裕美、彼女の妖しい雰囲気も、芝居を面白いも
のにしてくれた。私は選ぶ面白い芝居というのは、どうしてもその中に面白い役者がいて、
それも偏ったものであるため、他人の意見と相容れないものが多い。それも、皆様には、
その様な見方があるか、という事で許して頂きたい。さて、劇の内容にしても(あらすじ
までは勘弁)、シリアスな中に笑える場面がしっかりと盛り込まれていたため、楽しむ事
が出来た。主に役者から選んでしまったものである(ただ、演技力もまずまずであったか
もしれない)。
 次に、仙台向山高校の説明をしなくてはならない。この高校も、先の黒川高校と同様に、
演技力から選んだものでは無い。此処には、戦争、というスケールの大きなものに、敢え
て立ち向かった姿勢に敬意を表したい(仙台工業高校も、戦争を取り扱ったものではあっ
たが)。戦争を無理矢理に肯定化しようとする右翼団員の考え、捻くれた考えの私として
は、そこに引かれた。高校演劇コンクールで、あの様な考えをぶつけた所等、他には何処
にも無かったからである。欲を言えば、その役を演じた結城沙織の演技というものが、随
分と雑であったという所か。さて、此処でも、良い、と思える役者をみつけてしまった。
女優の中で3位にランクさせた八巻雪絵、彼女の演じる母親は、暖かった。そして、どん
な役でもこなせるであろう、という勝手な直感が働いたのだ。パンフレットによると、彼
女はまだ一年生らしい。来年への期待を込めた、7位と3位なのだ。
  その他、上位に名を連ねさせたものという作品からは、勉強、させられた感が強い。特
に、その団体、高校の役者に(男優・第4位と女優・第4〜6位は好みでしたが)。他に
も、名前を挙げたい人物は多数いるが、それもこの辺でいいだろう。さて、読者の皆様?
私の6・7位評は当てにならない、と思われるやもしれませんが、他の団体は、期待して
いいですよ。絶対に損はさせませんから(その役者達以上のものがまだ残っているとすれ
ば、ですけど)。
 
 取り合えず、この辺にしておきましょうか。今年は今までになく、面白かった、という
経験が多い年でした。来年から、ようやく芝居作りに関われる様になるので、こんな所が
名前が挙げられる様に頑張りたいですね。来年の仙台の演劇会にも、期待です。あとは、
古川女子高校さんが、来年の全国大会でどの様な成績を残せるのかも、気になりますね。
 

[2000年12月31日 20時56分29秒]


独断と偏見のベスト 

お名前: W.S   

大変失礼しました。第5位に上げた三女高の芝居のタイトルは「カケラ」の間違いです。
 
ついでですので、今年の高校演劇演劇。私が審査員だったらという順位をつけますと,
 
  第1位  仙台三高「ウルトラマンの母」
 
      少なくとも県大会での演技は高校生離れしたものがあった。内容的に「嘘だ!」
     と思うところもあったのだが,コンクールとしては1位