脂漏性皮膚炎は、寄生虫や細菌感染などが原因となって、皮膚から皮脂が過剰に分泌してしまう皮膚疾患です。

犬が脂漏性皮膚炎にかかると、皮脂が多くなるため、体がベタベタと脂っぽくなり、体臭が徐々に強くなっていきます。
寄生虫、細菌、ウイルスなどの感染症、アレルギー、ホルモン分泌異常などが原因で発症し、湿疹や脱毛などの症状が見られるようになります。



皮膚の常在菌やアレルゲンを光の力で徹底分解!

犬の脂漏性皮膚炎に光触媒ミスト
犬の脂漏性皮膚炎に光触媒ミスト


犬の脂漏性皮膚炎の原因

 

食事に含まれる脂肪分が多すぎる場合には、それによって皮脂の分泌量も増えてしまうため、脂漏性皮膚炎の原因になる場合があります。

 

また、寄生虫、細菌、ウイルスなどの感染をきっかけに、皮膚がバリア機能をさらに高めようと、皮膚の新陳代謝が極端に速くなり、皮脂が過剰に分泌されたり、皮膚の角質化が極端に速くなる場合もあります。

 

脂漏性皮膚炎は、他にも内分泌器官( ホルモン分泌器官) の異常から引き起こされる場合や、他の病気が原因で起こる場合もあります。

 

パグ、シーズー、コッカースパニエルなど、犬種によっては遺伝的な要因が関係している場合もあります。


脂漏性皮膚炎に!光触媒テクノロジーから誕生した光触媒ミスト

犬の脂漏性皮膚炎は、アレルギー、細菌感染、ホルモン分泌異常が原因で皮膚の新陳代謝が極端に速くなってしまう病気です。 また、遺伝的な要因から引き起こされる場合や、他の病気が原因となって起こる場合もあります。