税理士試験を独学

税理士試験は独学で合格するには厳しい資格です、予備校は当然の選択肢ですが、過去問を徹底的に攻略することにより独学合格の光明も垣間見えます。

トップページ >> どうすれば税理士になれる

どうすれば税理士になれる

税理士になるには、以下っぽい手段があります。

・税理士試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)に合格する

・税務署に一定期間以上勤務する

・弁護士や公認会計士の資格を取得する

・大学院を卒業して資格を取る

最も一般的なのが、税理士(国家試験である税理士試験に合格すれね、すぐに税理士になれるというわけではありません。また、税理士試験に合格する以外にも税理士になる方法はあります)試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)に合格する方法です。

試験内容は難しいのですが、諦めずに努力をすれば合格することが出来ます。

また、あまり知られていませんが、税務署に一定期間以上勤務することによって、税理士(企業や個人などの依頼を受けて、税金に関する相談にのったり助言をしたり、書類の作成、会計帳簿の代行や申請などを行う税務の専門家です)になることができるでしょう。

つまり、試験を受けなくても税理士(企業や個人などの依頼を受けて、税金に関する相談にのったり助言をしたり、書類の作成、会計帳簿の代行や申請などを行う税務の専門家です)として働けるということです。

それに、弁護士や公認会計士の資格を取得すると、税理士(企業や個人などの依頼を受けて、税金に関する相談にのったり助言をしたり、書類の作成、会計帳簿の代行や申請などを行う税務の専門家です)の業務も行えるようになります。

ただ、一般的には、司法試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは)や公認会計士試験の方が難易度が高いと言われているので、税理士になりたいのなら税理士試験を受けた方がいいことはいうまでもありません。

また、一定要件を満たす大学院を卒業した場合にも、税理士の資格を取得することができます。

このように、税理士試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)に合格しなくても、なろうと思えばなる事ができるのが税理士という職業です。



Copyright (C) 2014 税理士試験を独学 All Rights Reserved.
↑先頭へ