税理士試験を独学

税理士試験は独学で合格するには厳しい資格です、予備校は当然の選択肢ですが、過去問を徹底的に攻略することにより独学合格の光明も垣間見えます。

トップページ >

独学でも税理士試験に合格できる

税理士試験に独学で合格することは可能なのでしょうか?

結論からいえば、可能になるでしょう。

但し、一発合格はむずかしいと思ってください。

何度か受けることになりますが、独学で合格行っている人も中にはいます。

そのため、独学(参考書選びや勉強方法などは、ある程度、合格した人の話を参考にした方がいいかもしれません)で合格を目指すのであれば、長期的な学習プラン(計画や案のことをいいます)を組み立てる必要があります。

少しでも早く合格したいという方は独学ではなく、通信教育や学校に通われた人が良いでしょう。

独学だと自分で全てを管理しないといけないので、意思が弱いと勉強(きちんと睡眠をとらないと効率が落ちるんだとか)をせずに遊んでしまう可能性が高いです。

しかし、通信教育や学校だとお金を支払っていらっしゃるので、確実に勉強をします。

また、分からないことを質問することができますし、学校だと他の生徒と一緒に勉強するのでモチベーションを維持しやすいです。

そして、何よりも専門的な勉強(大人はみんなやっとけねよかったと後悔するものですね)ができるというのが大きいでしょう。

お金はあるていど掛かってしまいますが、確実な合格を目指すのであれば、独学よりも通信教育や学校を利用された方が断然良いといえます。

税理士ってどんな資格

これから税理士の資格を取得したいと思っている人もいるかと思いますが、実際にどのような資格なのか理解していますか?

理解しないまま資格を得ても、使い道に困ってしまうので、前もって把握しておいた方がいいですよ。

税理士というのは、税金の専門家だと証明する資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)です。

税金は非常にややこしいので、詳しく理解している一般人は少ないです。

しかし、自営業をしている人や会社を経営している人はそんなことは言ってられません。

ただ、税金のことまで自分で行うとなると非常に大変なので、そういった時に税理士にお願いします。

そうすると、税理士が経営者の代わりに税金の対応をしてくれるという訳です。

そのために、会社員よりも経営者の方に馴染み深いといった職業であり、資格だといえます。

そして、税理士には、以下のような3つの独占業務があります。

・税務代理

・税務書類の作成

・税務相談

簡単に説明するなら、税務代理は税務署に確定申告書を提出するなんかの業務のことで、税務書類の作成は確定申告書という税に関する書類を作成する業務の事をいうのです。

そして、税務相談は税金に関する相談に乗ったり、アドバイスすることをいいます。

この3つの業務は、税理士の資格を持った人にしかできません。



Copyright (C) 2014 税理士試験を独学 All Rights Reserved.
↑先頭へ