●中国に移住した作者が庶民の生活を楽しく綴る。農村紹介、日本人紹介、おもしろユニークニュース等がある  

手作りホームページ

          モニターの画面を明るめにしてご覧ください。
KANKAN 1
KANKAN2
KANKAN 3 
KANKAN4
kankantop2.jpg (44967 バイト)

野良2.bmp (404216 バイト)大連の農村

画家2.bmp (318056 バイト)大連の芸術家

024.bmp (360056 バイト)大連で活躍する日本人

hh01520a.gif (1047 バイト)ユニークニュース

何でも掲示板

mizugiinu.gif (2200 バイト)posutowanwan.gif (9399 バイト)busuinu.gif (2584 バイト)

kitekudasaine.gif (647997 バイト)

,

 

 

大連紹介   「東洋のパリ」「北海の真珠」「北の香港」大連

中国東北地方、遼寧半島の先端に位置する大連。我々日本人には昔日のノスタルジィーを感じさせる街並みと、近代的ビル群が整然と立ち並び経済発展の証を如実に物語る現実とが混在する素晴らしい都会である。

かつての大連は『青泥』と呼ばれる小さな漁村だった。1898年に帝政ロシアの祖借地になり、1905年日露戦争後は日本軍の占領下に置かれ『満州』の海の玄関として40年間賑わった。冬なお凍らない良港で日本とロシアがその利権をめぐって争うほど魅力有る港だったわけだ。

東北地方の一番南に位置する“市区”で、人口は約560万人と言うが外来人口を含めると『沢山いる』としか言いようがない“市内”人口は約230万人と聞くがこれも都市に集中する外来人口を考えると『いっぱいいる』と言った方が正解だろう。


気候は他の地域と比べると大変温暖である。三方を海に囲まれているので海洋性気候と言えない事もないが冬はけっこう乾燥を感じる。その乾燥が寒さを体に感じさせない。夏は涼しく冬は暖い、春と秋の風は爽で空は青に澄みきっている、年中素晴らしい気候と言える。     

造船・石油コンビナート・機械製作・紡績など工業が盛んであり、1984年に経済開発区に指定され日本企業が多く進出している。最近は観光に力を入れており、森林動物園・老虎灘・付家庄・星海公園・労働公園などが整備され賑わいを見せている。
 

.

syouri1.jpg (77656 バイト)

fuukei1.jpg (41388 バイト)

fuukei3.jpg (46401 バイト)

zennkei2.jpg (73610 バイト)

 

 

yangrou6.JPG (68485 バイト) yangrou1.JPG (67970 バイト)

yangrou2.JPG (62974 バイト) yangrou5.JPG (65455 バイト)
yangrou3.JPG (74866 バイト)
ウイグル羊肉串

tokiy7.JPG (76267 バイト)
一般の羊肉串
羊肉串(ヤンロウチュアル)

大連人が大好きな食べ物の一つに羊肉串がある。ちょっと昔は路上で街のいたる所でやっていたものだが、最近は衛生がうるさくなり室外での羊肉串は禁止になった。

羊の肉を串に刺して、南蛮、塩などを振りかけて炭火で焼いて食べる。羊肉串は2種類あって、私の好きなのはウイグル族の羊肉串だ。「綿羊メンヨウ」の肉で大きくてボリュームがある(1本/1元)。一般の羊肉串は「山羊ヤギ」の肉で、針金に刺してあり、肉の量が少ない(3本/1元)。

仕事帰りにチョッと寄ってビール片手に食べる人が多い。最近は学校帰りの中学生が食べるようになった。一般工人の1日の日当が20〜30元程。ビール1本が1.8元と比べても安くはない。

「綿羊肉」であるはずの「ウイグル羊肉串」がその日によっては「山羊肉」であったりする。主人は『美味しければどっちだって良いではないか』と言っていた。それはそうだが・・・

熱心な「モスリン」なので、ビールは売っていない。飲みたい人は近くの「小売部」から買って来るか、私のようにビールを持参する。この雰囲気がなんとも言えない。昨日は隣の客から2串貰って食べた。庶民のお付き合いは羊肉串から、、、。
 

 

50年ぶりの寒波

新年早々大連では珍しく大雪が降った。ここに移り住んでから8度目の冬を向かえたが、こんなに降ったのは始めてである。シベリアからの寒波が東北地方に居座ってしまったそうだ。外は−24℃。沈陽市は-31℃、鉄嶺市の西豊県はなんと-42℃。50年来の寒さらしい。寒さでスズメが物干しにとまったままで、近づいても逃げようとはしない。外に出たくないので、部屋の中より撮影した。 01.1.12

21yuki1.JPG (76860 バイト)    21yuki2.JPG (72325 バイト)    21yuki3.JPG (74601 バイト) 

21yuki4.JPG (72026 バイト)
大連で始めて雪捨てを見た。

suzume.jpg (52978 バイト)
寒さで動けないスズメ

 

 

豆腐脳 (ドーフノオ)

toufnao1.jpg (75664 バイト)  toufnao3.jpg (73920 バイト)  toufnao4.jpg (74425 バイト)


toufnao5.jpg (68532 バイト)

遠くからカン高い声で『ドーーフノォー』と澄みきった女性の声が聞こえてきた。いつもの声である。

子供の頃に幾度か聞いた金魚売りの声に似て清涼感があり、爽やかさを感じる声である。毎日の午後決まった時間に川向かいの道を天秤棒に木桶を下げて売り歩く「豆腐脳」売りのおばさんの声である。

日本の絹ごし豆腐よりも、もっと柔らかくした感じで、かき混ぜると動物の脳に似ていないこともない。箸ではつかめないのでスープのようにスプーンで頂く。咽喉越しがよく、寒いときには体が暖まる。

柄杓(ひしゃく)のようなもので1すくいが0.12元と安く、どんぶり一杯で約1元。更に胡椒・ネギ・香菜・南蛮・ニラの花などをふり掛けてくれる。00.7
 

 

ひまわり歯

ひまわりの殻を前歯で器用に割り、中の実を食べるが、食べている間は何も考えないそうだ。ボーとしながらタバコを吹かしている時の精神状態に似ていると言う。

同じ動作を繰り返しながら500gくらいならあっと言う間に食べてしまう。子供の頃から食べているので歯が三角に擦り減ってしまうのだ。
himawari_daje.JPG (64573 バイト)      himawari6.JPG (75795 バイト)      himawari5.JPG (76145 バイト)

最近、中身だけを売っているがあまり人気が無い。ひまわり油を取った後の実だそうで美味しくない。

  himawari3.JPG (77395 バイト)   himawari4.JPG (74695 バイト)

 

 

狗  肉   (ゴウロウ)

inuniku.jpg (73100 バイト)

一皿30元前後、一般工人の1〜2日分の給料に値する高級料理。

 

 

 

中国と北朝鮮の国境に中国名で長白山、朝鮮名で白頭山と言う1500m程の山がある、その山の山菜を買い付けに行ってた頃によく犬の肉を食べさせられた。最初は恐る恐るだったが馴れるに従い美味そのものである。今まで通計して多分小型犬一匹くらいは食べただろうと思う。

ところが3年ほど前よりピッタリと犬肉を食べるのをやめた。朝鮮自治区では犬肉は高級料理であり接待する場合も接待される場合も必ずと言ってよいほどテーブルの上にのる。いつものように白酒(60度)を飲み犬肉に舌鼓を打っていたとき『クーン・クーン』と悲しそうな泣き声が続いた後、『ギャン』と大きな悲鳴が聞こえた。その後苦しそうな声が何秒か続いた。私たちが犬肉を食べていた壁一枚隣で今、犬を殺したのだ。

人間にとって太古の昔より一番の友達は犬であったはずだ。いつの時代でも人間の最も近くにいる動物は犬である。他に食べるものは沢山あるのだからこれからは犬を食べるのをよそう。でも、あの美味しさは脳裏に焼き付いている。

翌朝、飯店の前に犬の可愛い耳・しっぽ・手首が散乱していた。
 

 

開襠褌   kai dang ku

  kaidangku1.JPG (72173 バイト)       kaidangku2.JPG (69721 バイト)
開=開く。襠=ズボンの両股の接する部分。褌=訓読みで”ふんどし”。直訳すると『股の部分が褌(ふんどし)状に開いたズボン』となるだろうか。日本の様な”オシメ”は無い。幼児の頃は男も女もこのようなズボンを穿く。

北方中国人は精力が強いと聞くが、幼児の頃より冷金法で鍛えているせいか???。
 

 

更に楽しい   KANKAN 2      KANKAN 3     KANKAN 4  へどうぞ、

大連の農村

大連の芸術家

大連で活躍する日本人

 a_link05.gif (11219 バイト)      

alachina.GIF (7754 バイト)

     ciw20.gif (2417 バイト)

news.gif (1581 バイト)

recip_sm.gif (1352 バイト)

 

email.gif (11006 バイト)