今更、雑誌の打ち込み mz−80K系〜1500


(注)このページは、いまだに雑誌のプログラムを打ちこんだ事を記すだけの 私もmzファンですのコーナーです。  
2017年10月の打ち込み  ’81/03 アスキー GAME−MZ コスモファイト MZ−80K用 OK    プログラム自身に間違いはありませんが  リストの行番号が紙面とCRT画面とズレかたが違うので  注意が必要です    ’84/05 BASICマガジン 新・日本プロレス MZ−700 Hu−BASIC用 要修正    訂正記事があるのか不明  1730行の再ゲームか終了かの入力待ちにYキーを押せば  10行へジャンプするのですが10行が無いのでエラーになります  不自然に10〜40が無いので  10〜40行をREM文にしておけばエラーは無くなります    ’84/05 BASICマガジン ケーブル・マン MZ−80K SP−5030用(MZ−700可) OK      MZ−80シリーズ ゲーム・プログラミング ドン・チャック ゲーム MZ−80K SP−5030用 OK      MZ−80シリーズ ゲーム・プログラミング ゴキブリ クン MZ−80K SP−5030用 OK      MZ−80シリーズ ゲーム・プログラミング 万年カレンダー MZ−80K SP−5030用 OK    掲載されている写真と若干ちがいます    MZ−80シリーズ ゲーム・プログラミング 簡略版ギャラクシアン MZ−80K SP−5030用 OK       2017年09月の打ち込み  ’79/06 アスキー ドラゴン メイズ MZ−80K SP−5010用 OK    SP−5010用となっていますがSP−5030でも使用可    ’80/10 I/O エンドレス・スペース・ウォーズ MZ−80K SP−6010用 OK    SP−6010用となっていますがSP−5030でも使用可    ’85/09 PiO BUG HUNTING MZ−80K WICS用 OK      ’85/12 PiO ザ・カラテ2 MZ−80K WICS用 要修正    ゲーム自体の動作はOKなのですが  ボーナスステージのヌンチャックの表示部分が変になっています  訂正記事の有無は不明なので勝手に修正します     5510のPRINT文の内容(空白)   5600のPRINT文の内容(ヌンチャク横CHR)を入れ替える   入れ替えた後ヌンチャク横のCHRもそれらしく変更する(5310、5510)   5210、5610のPRINT文の内容をヌンチャク縦のCHRに変更    どうやらリストを取り、後でキャラクタCHR部分を貼りつけていたみたいですが  編集ミスのようです(1340行の部分もCHRが1文字はみ出ている)       ’82/12 I/O NEWサザンクロスラリー MZ−80K WICS用 OK       2017年08月の打ち込み  ’81/01 I/O FORTRAN−MZ MZ−80K用 一応OK    ダンプリストの印刷がかなり薄い部分があり  mz−80K版を移植した  mz−80BのFORTRAN−MZB(MZ−80B活用研究)  を参考にします  多分手持ちのI/Oだけだと思いますが念の為  見辛い部分のダンプリストは下記になります    2ED0:00 B7 ED 52 C9 CD B3 09 CD CE 0B FE 66 C8 FE 60 :70  2EE0:28 1D FE 30 FA D5 2E FE 3A F2 D5 2E F5 CD 44 2F :D2  2EF0:11 0A 00 CD 79 2E 16 00 F1 D6 30 5F 19 18 D6 11 :13  2F00:0A 00 CD 5A 2E 3E C7 CD DC 0D 18 C9 21 00 00 CD :E9  2F10:B3 09 CD CE 0B FE 66 C8 FE 60 28 1B CD F9 03 38 :30  2F20:EE F5 CD DA 03 CD 44 2F 11 10 00 CD 79 2E 16 00 :78  2F30:F1 E6 0F 5F 19 18 D8 3E C7 CD DC 0D 11 10 00 CD :F7  2F40:5A 2E 18 CB FE 02 30 04 32 AE 2F C9 F5 3A AE 2F :83  2F50:B7 20 12 F1 FE 0D CA 06 00 C5 D5 E5 4F 47 CD 46 :DD  2F60:09 E1 D1 C1 C9 F1 D5 F5 3E 00 CD 7E 2F F1 D3 FF :7B  2F70:3E 80 D3 FE 3E 01 CD 7E 2F AF D3 FE D1 C9 57 0E :C7  2F80:00 3E 00 08 DB FE E6 0D BA C8 08 F5 3E 00 3D 00 :0C  2F90:00 00 20 FA F1 3D 20 EB 0D 20 E8 AF 32 AE 2F C9 :EF  2FA0:D5 1A FE 0D 28 06 CD 44 2F 13 18 F5 D1 C9 00 31 :53  2FB0:F0 10 CD CC 2D C3 00 50 CD FF 20 CD FD 1F FE 5E :0A  2FC0:28 02 AF C9 FD 36 00 D5 FD 23 FD 36 00 EB FD 23 :08  2FD0:CD FD 1F FE 5E 28 06 FD 36 FF D1 AF C9 DD 23 CD :BB  2FE0:FF 20 FD 36 00 CD FD 36 01 01 FD 36 02 35 11 03 :D2  2FF0:00 FD 19 18 D5 C8 2B 7E C6 80 77 C9 00 00 00 49 :43  3000:13 13 13 13 ED 53 34 28 C3 F6 22 00 19 19 19 19 :27  3010:22 34 28 C3 CA 1B DD 23 CD F3 32 FD 36 00 CD FD :15  3020:36 01 F9 FD 36 02 34 11 03 00 FD 19 C9 00 00 C5 :51    ’84/08 Oh!mz みつばちマーヤの冒険 MZ−700 S−BASIC用 OK      ’88/01 BASICマガジン FACE PUZZLE MZ−80K SP−5030用 OK      ’88/04 BASICマガジン SUPER DICE 700 MZ−700 S−BASIC用 OK      ’84/08 Oh!mz Othello700 MZ−700 Hu−BASIC用 OK    入力の説明が少し違います  マシン語のセーブの説明でファイル名を指定していませんが  BASICプログラムではマシン語ファイル”MACHINE”を  ロードするようになっているので  説明通りだとマシン語がロードされません  モニタに移り   *C000 C3FF C000:MACHINE  を実行してマシン語をセーブします    ’83/06 I/O HALの逆襲 MZ−700 S−BASIC用 OK       2017年02月の打ち込み  ’85/01 BASICマガジン BAT KILLER MZ−700 Hu−BASIC用 OK      ’84/02 BASICマガジン DOKI DOKI DRIVIN MZ−80K SP−5030用 OK    MZ−80/1200/700(S−BASIC用)と表記され  MZ−700ではSP−5030、S−BASICで動作します    ’87/08 BASICマガジン 道路ハンター MZ−700 S−BASIC用 OK      ’84/05 テクノポリス ダブルメイロ MZ−700 Hu−BASIC用 OK       2016年09月の打ち込み  ’82/01 I/O PCトレーサの移植版 トレーサ MZ−80K用 一応OK    3月号に修正記事があるのですが少しおかしい所があります  旧データと新データの書き換えは無視して  訂正ダンプリストの方を見て修正します  0A060H−0A740Hのダンプがプリンタ無しの修正  残りのダンプがプリンタルーチンを付けた修正みたいです     2016年08月の打ち込み  ’80/10 I/O MZ→PC変換プログラム MZ−80K用 OK    大昔に打ち込み使用していた事があったので動作は分かっていたのですが  再度打ち込み、エミュレータ上でPC用テープをWAVで作成  そのPC用テープをツールでT88ファイルに変換して  N−BASICが動作するエミュレータでロードができました  ちなみにソースをOCRでテキスト化  テキストのスペースを置換で詰め(2つ以上のスペースを1つにする)、  エミュレータ上のSP−2002でコピー、ペースト  置換コマンド(Qの方)で修正するとかなり楽に出来ます    ’81/09〜11 I/O WICS MZ−80K用 OK    まず、BASE−80 Ver3.5を打ち込みます  ただしI/O誌では色々とバージョンがあるみたいに表記されていますが  ’81/04が旧バージョン、 それ以降は新バージョン(Ver3.5)となります  ’81/05のVer2.0のソースは3.5のソース(スタート02000H)  ’81/08のVer3.3のバイナリは3.5のバイナリ  このBASE−80 Ver3.5のプリンタ・モードの修正   $306Fの$F5を$00に変更     WICSのソースはBASE−80 Ver3.5でアセンブルしますが  ソースでは余分なスペースは入れない  ただし行始めにスペースを入れないとラベル扱いになる  リスト通りに入力、アセンブル、動作が完璧なら下記の修正(’81/12)  また修正は多量の変数を扱わない限り不具合が起きない為  修正しなくても可、またコンパイラでは問題なし   〈ソースレベルでの変更の場合〉    1)’81.10月号リスト中のソース1562行目      1562 A=(HL+) H=(HL) L=Aを削除する。      2)そして1583行目に下線部を追加する。      1583 NAMECHK [DE [HL L=(HL) H=A     〈バイナリレベルでの変更の場合〉    1)変更前データ      $2D2E:7E 23 66 6F CD 72 2D       を次のように変更      $2D2E:00 00 00 00 CD 50 31      2)さらに      $3150:D5 E5 6E 67 C3 74 2D      を追加    WICSコンパイラのソース  WICS上でリスト通りに入力、RUN  仮のコンパイラを作成する(パスは2)   SOURCE PROGRAM ADRS:$4000   OBJECT PROGRAM ADRS:$8000   WORKING AREA   ADRS:$C000   ADDRESS TABLE(Y/N) N   PASS   (2/4) 2    コンパイル終了後MONでモニタへとびJ8000で$8000にある  仮のコンパイラを起動して実際のコンパイラを作成(パスは4)   SOURCE PROGRAM ADRS:$4000   OBJECT PROGRAM ADRS:$A000   WORKING AREA   ADRS:$C000   ADDRESS TABLE(Y/N) N   PASS   (2/4) 4  雑誌上の作成例のように変数アドレスが一致したなら  WICSを再起動、コンパイラソースをロードして修正(’81/08)  ただし訂正記事が間違っています  文書ではあっていますが表の部分が違います(GOTO文だけ修正する)   3720 [B+]=$7D:[B+]=$32:GOTO 840    を次のように変更   3720 [B+]=$7D:[B+]=$32:GOTO 860  同様に仮のコンパイラを作成、実際のコンパイラを作成  オブジェクトのセーブはMON[CR]S[CR]でメッセージにしたがい  ファイルネーム、スタート、エンド、実行を指定してセーブする    追加:コンパイラのCP$処理の修正   7490行内のCAL=$48をCAL=$51に変更      ’83/03 I/O Z80 EDAS FOR MZ−700 MZ−700用 OK    eMZ−700だとテキストのセーブが出来てもロードが出来ません  今のところMESSがテキストのセーブ・ロードが出来ます。  ただしMESSのクロックが3.58MHzではないので  テキストファイルは専用になってしまいます     2016年03月の打ち込み  ’83/05 テクノポリス バイオリズム MZ−1200 KC−1210用 OK    KC−1210用となっていますがSP−5030でも動作するので  他のMZでも動作します  またグラフィックキャラクタがリストにはF8等表示されているので  打ち込む場合は対応したアスキーコードで打ち込みます     2016年02月の打ち込み  ’80/09 I/O Tiny FORTH FAST MZ−80K用 一応OK    細かいチェックはしていません  なお11月号に補足説明+改良があります  ソースの先頭追加   ASAVE:EQU 4114H   FLAG:EQU 4115H    DCASC:PUSH BC以降追加   XOR A   LD (FLAG),A    DCD2:ADD HL,BC以降追加   LD (ASAVE),A   CP 30H   JR NZ,DCD3   LD A,(FLAG)   OR A   RET Z   DCD3:LD A,FFH   LD (FLAG),A   LD A,(ASAVE)    ’80/08 I/O FORMを使った LIFE GAME MZ−80K FORM用 OK      ’81/08 I/O TANK−DEFENDER MZ−80K FORM用 一応OK    587行がリスト抜けになっています  単純なゲーム画面表示(WRITE文)部分なので  適当に合わせる必要があります(おそらく586行と同じ)  尚、訂正記事はなさそうです    ’81/02 I/O UFOアタッカー MZ−80K用 一応OK    まずリスト抜けがあります(3月号に掲載)   15E0 43 00 5A 5A 5A 00 5A 5A   15E8 5A 00 5A 5A 5A 00 5A 5A  次に数ヶ所チェックサムが合いませんがゲームは出来ます    ’80/11 I/O S.O.S バチスカーフ MZ−80K SP−5020用 OK       2015年11月の打ち込み  ’82/02 I/O MZモニタパワーアップ NEW MONITOR MZ−80K用 一応OK    チェックサムがありませんが一応動作は大丈夫みたいです  ただし後の号で追加記事があります  若干の不具合がありますが操作だけで回避します     MZ−80K/CのNEWモニタのロード・コマンドで、   1ブロック目を読み込みエラーが生じ、   2ブロック目を読んだ場合に暴走する場合があります。   この場合、リセット後、コマンドのC1かC2を再設定してから   再ロードしてください。    ’80/05 I/O CAP−Xインタプリタ MZ−80K用 一応OK    ソースリストとダンプリストが若干違いますが  プリンタのワーク等、それほど動作には関係さなそうです  またチェックサムが1箇所違いますが  このあたりのMZのチェックサムはよく間違いがあるようで  信用が出来ないみたいです    訂正記事が9月号にシフト動作の修正があり  0280AH−0280FHを全て000Hにします(ダンプリストの場合)  ソースの場合は1231行あたりの修正となります    ’80/04 I/O 新説 桃太郎ゲーム MZ−80K SP−5020用 OK      ’83/03 I/O MZプロレス MZ−80K SP−5030用 OK      ’83/04 I/O メモ殺人 MZ−80K SP−5030用 OK       2015年09月の打ち込み  ’81/08 I/O 音声入出力システム OK MZ−80K用 OK    元々、本体を少し改造して使用するシステムなので  エミュレータによっては音声入出力が出来ません  eMZ−80Kの場合   CMT −> Play Tape Soundをチェック   CMT −> RecでダミーのWAVファイルを作成  これで音声出力は出来ます(ダミーのWAVファイルにも音声録音されてしまいます)    ’80/05 I/O 銀河鉄道999 MZ−80K SP−5010以降 OK       2015年08月の打ち込み  ’80/05 I/O DEEP SCAN MZ−80K用 OK    ゲームの説明に訂正記事がありますがリスト自体にはありません   番加号が0(ゼロ)を番号が0(ゼロ)に修正    ’80/12 I/O SEA ADVENTURE MZ−80K SP−5010以降 不明    特定の動作をするとエラーが出たり、おかしい動作があります  訂正記事は1月号には無く、3月以降もみあたりません  このままでもゲームは出来、クリアも出来ます     2015年03月の打ち込み  ’80/05 アスキー GAME−MZ スーパー・スター・トレック MZ−80K 一応OK    メイン・プログラムのエンドポインタが$356Dとなるらしいが$35E8になってしまいます  サブルーチンの方は同じエンドポインタになります  一応動作におかしい所はなくクリアもできます  ただしメッセージミスがあったりキー入力に難があったりします    ’80/07 アスキー ルナー ランダー MZ−80K SP−5020用 OK       2015年02月の打ち込み  ’86/09 BASICマガジン 移植版PAD GAME MZ−700 S−BASIC用 OK      ’84/12 PiO マイナーミラクル・カーレース MZ−700 Hu−BASIC用 OK       2014年11月の打ち込み  ’86/09 BASICマガジン CRAZY FIGHTER MZ−80K SP−5030用 OK       2014年08月の打ち込み  ’86/02 PiO 迷路オリエンテーリング MZ−80K SP−5030用 OK       2014年06月の打ち込み  ’85/12 PiO UFO GAME MZ−80K SP−5030用 OK       2014年04月の打ち込み  ’80/07 I/O 地底最大の作戦 MZ−80K SP−5020用 OK       2014年03月の打ち込み  ’81/09 I/O カンフルZP−5039 MZ−80K用 不明    リストがかすれて読めない所が随所に見られ  チェックサムが128バイト単位なので逆算も出来ない為  旧SP−5030の逆アセンブルリストを見ながら  不明箇所を決めていくしかありません  起動、省略命令、拡張命令の単純な動作は一応Okでした    ’80/06 I/O DNAシミュレータ MZ−80K用 OK      ’80/08 I/O 陣取りゲーム MZ−80K用 OK(リスト化けあり)    エディタ・アセンブラSP−2102の紹介の為のサンプルとして掲載  ソースのデータ部分にカーソルコントロール(アスキーコード)が印字されていません  バイナリ出力を参照しながら打ち込む必要があります     2014年03月の打ち込み  ’83/03 アスキー THE BUILDING MZ−80K GAME−MZ用 一応OK    ソースで1バイト多くなってしまい、コンパイルでも1バイト大きくなります  コメントか表示関係が怪しいのですが3年程たまにチェックしていましたが  動作自体はOKのようです    ’84/08 BASICマガジン BOXING MZ−80K/700 SP−5030用 OK    mz−80Kも対応となっていますがキー操作がカーソルの左右なので  mz−700以降の動作を想定しているようです  キー入力がGET文なのでmz−80Kでも動作します    ’79/11 アスキー エリアン・ゲーム MZ−80K SP−5010用 OK    SP−5010用ですがSP−5030でも使用可(通常版、高速版 共に可)     2013年12月の打ち込み  ’80/12 I/O CRAZY BALLOON MZ−80K SP−5010、20、30用 OK       2013年11月の打ち込み  ’81/03 I/O ミサイルコマンド MZ−80K FORM用 OK      ’83/09 Oh!mz HOUSE MAZE MZ−80K/700 SP−5030/S−BASIC用 Ok      ’81/10 I/O 魔界転生 MZ−80K Hu−BASIC用 一応OK    テンポの初期設定がされていない為、実行時に音のテンポが違う(遅い)場合があります  3面ごとにクリアするデモ時にPLAY7にしてゲームのルーチンに飛ぶので  ゲーム本来はテンポ7のようです  そこでPLAY7:RUNで実行するか  最初の行にPLAY7を入れるなりの対処をしなければなりません    ’80/08 I/O スーパーコマンダー MZ−80K SP−5020用 OK    先頭部分が0にしてあるのと1行が入力バッファがギリギリなので入力には注意が必要です     2013年06月の打ち込み  ’82/11 I/O ピエロ MZ−80K SP−5030用 OK      ’80/06 I/O パチンコ&アレンジ MZ−80K用 一応OK    チェックサムが無いので単純なチェックだけです     2013年05月の打ち込み  ’81/01 I/O 平安京パックマン MZ−80K FORM用 OK      ’80/06 I/O FORM MZ−80K用 OK    チェックサムが8月号に掲載されたのですが、チェックサムが一部合いません  ’81年2月号に8月号のチェックサムの1部訂正がありました  まず2FAE:01 −> 00に変更  1200 - 127F = 2E35 | 1A00 - 1A7F = 3D1B | 2200 - 227F = 38FA | 2A00 - 2A7F = 3A3E  1280 - 12FF = 29C3 | 1A80 - 1AFF = 33AB | 2280 - 22FF = 327B | 2A80 - 2AFF = 337D  1300 - 137F = 2CD6 | 1B00 - 1B7F = 3CAE | 2300 - 237F = 310B | 2B00 - 2B7F = 2C34  1380 - 13FF = 2B14 | 1B80 - 1BFF = 319E | 2380 - 23FF = 36CD | 2B80 - 2BFF = 2CFD  1400 - 147F = 345A | 1C00 - 1C7F = 3041 | 2400 - 247F = 3520 | 2C00 - 2C7F = 3E30  1480 - 14FF = 3754 | 1C80 - 1CFF = 2FD6 | 2480 - 24FF = 23C8 | 2C80 - 2CFF = 3362  1500 - 157F = 3894 | 1D00 - 1D7F = 3201 | 2500 - 257F = 204E | 2D00 - 2D7F = 3454  1580 - 15FF = 3203 | 1D80 - 1DFF = 3944 | 2580 - 25FF = 1E5C | 2D80 - 2DFF = 34AF  1600 - 167F = 2DC5 | 1E00 - 1E7F = 2C9B | 2600 - 267F = 1E00 | 2E00 - 2E7F = 3739  1680 - 16FF = 3768 | 1E80 - 1EFF = 2957 | 2680 - 26FF = 0FD8 | 2E80 - 2EFF = 3635  1700 - 177F = 3825 | 1F00 - 1F7F = 31A2 | 2700 - 277F = 0000 | 2F00 - 2F7F = 3D2A  1780 - 17FF = 3835 | 1F80 - 1FFF = 3454 | 2780 - 27FF = 0739 | 2F80 - 2FB4 = 1614  1800 - 187F = 3BB2 | 2000 - 207F = 3821 | 2800 - 287F = 17F7 | END  1880 - 18FF = 39BE | 2080 - 20FF = 3D19 | 2880 - 28FF = 27D5 |  1900 - 197F = 378A | 2100 - 217F = 37D8 | 2900 - 297F = 387C |  1980 - 19FF = 38BD | 2180 - 21FF = 3CF1 | 2980 - 29FF = 37AC |    またWRITE文の右詰め10進表示でおかしいので  修正する投稿記事(RANDOM BOX)があります   2E20:3D −> 47   2E21:47 −> 3D   298C:06 −> 05   2CFF:06 −> 05 特に修正の必要なし   2D3F:06 −> 05 特に修正の必要なし    ’80/06 I/O 月面救助大作戦ゲーム MZ−80K SP−5020用 OK       2012年08月の打ち込み  ’84/03 BASICマガジン ウジャウジャ MZ−80K/700 SP−5030用 OK      ’84/04 BASICマガジン 牛乳屋さんゲーム MZ−80K用 OK    5面クリアするとゲームオーバーになると表記されていますが  実際には5面クリアしてもゲームオーバーになりません     2011年02月の打ち込み  ’85/03 BASICマガジン トムトム&ジェリジェリ MZ−80K SP−5030用 OK       2011年01月の打ち込み  ’84/12 PiO BLOCK TENNIS MZ−80K SP−5030用 OK       2009年12月の打ち込み  ’84/11 BASICマガジン タタカエ!SHIDER MZ−80K SP−5030用(MZ−700可) OK     2009年 8月の打ち込み  ’82/08 アスキー DON MZ−80K用 OK       2009年 1月の打ち込み  ’81/05 アスキー GAME Fore and Aftパズル MZ−80K用 OK      ’82/11 テクノポリス CAR RACE MZ−80K用 OK      ’82/11 アスキー SQUARES MZ−80K用 OK       2008年 5月の打ち込み  ’82/10 BASICマガジン BASE DEFEND MZ−80K SP−5030用 OK      ’82/11 BASICマガジン スペース・アドベンチャー MZ−80K SP−5030用 OK      ’82/12 BASICマガジン 富士山大ふん火ゲーム MZ−80K用 OK      ’82/12 BASICマガジン 顔めくり MZ−80K用 OK      ’82/12 BASICマガジン KISS MZ−80K用 OK      ’82/12 BASICマガジン DIG ALIEN MZ−80K用 OK      ’83/01 BASICマガジン 瀬戸内海殺人海流 MZ−80K用 OK      ’83/01 BASICマガジン REVERSE GAME MZ−700K Hu−BASIC用 OK      ’83/02 BASICマガジン MACHIガエル MZ−80K SP−5030用 OK      ’83/02 BASICマガジン スネークバリケート MZ−80K SP−5030用 OK     2008年 2月の打ち込み  ’81/02 アスキー GAME−MZ スペースファイト MZ−80K用 OK      ’81/04 アスキー GAME−MZ テトラヘックスパズル MZ−80K用 OK      ’81/08 アスキー GAME−MZ スペース パニック MZ−80K用 OK(バグ有り)     訂正記事がありますが、画面がおかしくなるので更に下記の様に修正が必要になります。(訂正記事込みです)       BASICマガジン ダッシュツ・ゲーム MZ−80K用 OK(MZ−700以降では画面が化ける)     MZ−700以降ではCG−ROMがMZ−80Kから一部が変更された画面が化けます。   2050と2110のPOKE文の書き換えるデータ64を0に変更する必要があります。    BASICマガジン ALIEN MAZE MZ−80K用 OK      BASICマガジン DEFEND CITY MZ−80K用 OK      ’82/07 BASICマガジン スペース・ソルジャー/カプリコン/F1スクランブル MZ−80K用 OK      ’82/07 BASICマガジン カプリコン MZ−80K用 OK      ’82/07 BASICマガジン F1スクランブル MZ−80K用 OK      ’82/07 BASICマガジン 星空の決闘 MZ−80K用 OK      ’82/08 BASICマガジン シー・ダイビング MZ−80K用 OK      ’82/08 BASICマガジン ゴルフ・ゲーム MZ−80K用 OK      ’82/09 BASICマガジン JUMP & HIT MZ−80K用 OK      ’82/10 BASICマガジン 橋渡しゲーム MZ−80K用 OK      ’82/11 BASICマガジン 大脱走ゲーム MZ−80K SP−5030用 OK      ’83/01 BASICマガジン SKI ゲーム MZ−80K用 OK      ’83/01 BASICマガジン おかしな和音プログラム MZ−80K用 OK      ’83/02 BASICマガジン 雪ん子UFO MZ−80K Hu−BASIC用 OK      ’81/01 I/O スネーキー ゲーム MZ−80K用 OK     2008年 1月の打ち込み  ’81/04 アスキー GAME−MZ ブロックシュート MZ−80K用 OK     訂正記事がでています。   1320 S='5 #S=1330,1340,1350,1360,1370    ’82/05 アスキー GAME−MZ DEEP SCAN MZ−80K用 OK      ’80/08 アスキー GAME−MZ バルーン ボンバー MZ−80K用 OK      ’83/02 テクノポリス BOXING GAME MZ−80K用(700可)       2007年10月の打ち込み  ’83/10 アスキー CATCH UP MZ−80K/1200/700用 OK    リストで1バイトかすれて見え難くい部分がありますがチェックサムから逆算出来るのですが  一応訂正記事があったので記しておきます。   37C8:3D 32 10 60 C9 3A 10 60 −−−51   2007年 9月の打ち込み  ’82/11 I/O EDAS FOR MZ−K/C1200 MZ−80K用 OK    テープのセーブ、ロードがIOCSを通さずにソフトで行っているのでエミュレータによっては動かない可能性があります   2007年 7月の打ち込み  ’84/12 PiO TANK COMBAT MZ−700用 (OK)     2006年 3月の打ち込み  ’82/04 I/O ワンキーオルガン MZ―80K用 OK (MZ―700不可)     キーの説明に誤植あり、VキーでなくUキー、プログラム自体はOK    ’82/08 I/O MZ版多機能チェンジ・メモリ MZ―80K用 OK (MZ―700不可)     デバグが10月号に載っており5A96:BDを5A96:C2に変更    ’81/07 I/O SUPER MONSTER MZ―80K用 OK (MZ―700可)     SP−5020用ですがSP−5030でも可    ’82/08 I/O BOXING MZ―80K用 OK (MZ―700不可)      ’86/03 PiO 間一髪! A HAIR’S BREADTH MZ―80K/700用 OK      ’82/05 I/O 因幡白兎 JUMPING BUNNY MZ―80K用 OK (MZ―700不可)      ’85/06 PiO パニック・ロード MZ−80K用 OK (MZ―700可)      ’82/04 I/O バイキング MZ―80K用 OK (MZ―700不可)       2006年 2月の打ち込み  ’86/02 Oh!mz MZ−700用 S−OS Sword OK(MZ−80K用ともに後にデバグ情報あり)      ’86/02 Oh!mz MZ−80K用 S−OS Sword OK(ただしmz700winでのmz80kモードでの動作は不可)     2005年 4月の打ち込み  ’82/01 I/O ウイリアム・テル MZ―80K用 OK (MZ―700可)       2005年 2月の打ち込み  ’84/07 PiO VESERENATOR MZ−700用 OK       2004年 7月の打ち込み  ’81/04 I/O BASE−80 MZ−80K用 OK      ’85/06 PiO バッティング MZ−80K/700用 OK       2004年 6月の打ち込み  GAME−MZ サーカース ゲーム MZ−80K用 OK(MZ―700不可)       2004年 1月の打ち込み  ’86/02 PiO ゼルディス MZ−80K/700 OK      ’85/11 PiO ゼルバス MZ−80K/700 OK       2002年  9月の打ち込み  '84/8 Oh!MZ チェックサムプログラム MZ−80K/700用 OK    本体付属のシャープBASICのモニタで動作すると書かれていますが  MZ−700以降ではS−BASIC、Hu−BASICのモニタでは動作しません  リセットした時に起動するROMモニタでないと動作しません    ADVANCED MZ−700 ライフゲーム MZ−700用 OK      ADVANCED MZ−700 FN−700 MZ−700用 OK      ’79/10 アスキー GAME−MZコンパイラ MZ−80K用 OK(700不可)      ’79/10 アスキー GAME−MZインタプリタ MZ−80K用 OK(700不可)      ’83/8 テクノポリス BURGLAR HOUSE MZ−80K/700用 OK(クリアはしていません)    10月号に訂正記事(全体のチェックサムの間違い、本体部分の訂正、mz用のBIOS部分)   mzー80K用のBIOS部分の訂正    9000 C3 00 91 18 0B 18 27 C7 00 18 78 18 51 C3 3E 00:77    9010 FE 0A C8 FE 60 38 02 D6 20 FE 0C 20 02 3E 16 FE:DC    9020 1D 20 02 3E 14 FE 1E 20 02 3E 12 C3 12 00 CD 1B:43    9030 00 A7 20 FA CD 1B 00 A7 28 FA FE 66 20 02 3E 0D:CE    9040 FE 60 D8 20 03 3E 08 C9 FE 80 38 03 C6 20 C9 FE:35    9050 61 28 DB FE 64 30 D7 C6 67 CD DC 0D 18 D0 CD D0:FD    9060 90 CD 27 00 CD 2A 00 D2 4D 93 CD 89 95 54 41 50:63    9070 45 20 52 45 41 44 20 45 52 52 4F 52 5E 00 CD 0D:0F    9080 90 18 DB CD D0 90 21 A1 90 11 F0 10 01 0E 00 ED:74    9090 B0 11 02 11 0E 06 ED B0 CD 21 00 CD 24 00 C3 4D:90    90A0 93 01 42 55 52 47 4C 41 52 20 44 41 54 41 0D A6:2A     本体部分の修正    A131 32 ->F2    A15D DE ->1E    AEEC 8B ->CB    ’82/6 I/O DIGITAL INVADER MZ−80K用 OK(700一応可)     キーマトリクスの関係上違うキーで受け付けてゲーム自体は遊べない事もないです。 Home へ戻る