SEGA SC-3000


BASIC LEVEL IIIへ   SEGA SG-3000 のスペック
CPU D780C-1(Z80A) 3.579MHz
VDP TMS9918A
PSG SN76489
ROM スロットにより供給
RAM 2KB(拡張可)
V-RAM 16KB
セガ・エンタープライズさんのパーソナルコンピュータ事業部から発売された低価格パソコンで最低限の設計はしている。 拡張も色々考慮されていて5スロットの拡張ユニットが発売されなかったのが悔やまれる。 TV番組の”パソコン宇宙大作戦 − アイドルを救え”ではスポンサーがセガさんだったのでゲストにSG−1000が贈呈され 番組ゲームのパソコン福笑いはSC−3000を使用される BASICが少し遅いのと/INTをフックにせずROM内で固定されている不満はある。 しかし本体内RAMを使用禁止に出来る為、メモリが簡単に増設できるようになっているのは良い。   またカスタムチップがD−RAMのリフレッシュ、I/Oポートのデコードを行っている為、内部はシンプルに出来ている SC−1000からSC−5000までの予定はあったらしく実際に発売されたのはこのSC−3000だけである ディスクシステムSF−7000と同時期にCATVを利用したネットワークシステム SEGA DOSの予定もあったが実験だけで終わった模様   CPU CPUはNECのPD780−1を使用 クロックは約3.579MHz 割り込みはモード1でNMIはRESETキー(ポーズキー)、INTはVDPからのVSYNCに割り当てられています /OSRAMは本体内のSRAMの/CSに繋がっていて1にする事によって使用禁止に出来ます   VDP VDPはTI製TMS9918Aを使用、CPUCLOCKをシステムクロック(約3.579MHz)として使用します   PSG SN76489ANを使用、クロックは3.759MHzで、MSBはD0、LSBはD7に繋がっています /WEとREADY信号が繫がっています /WAITはR5(4.7k)のプルアップになってCPUの/WAITに繫がっています   ROM ROMは本体には内蔵されておらず、カートリッジ又はカード(要カードキャッチャー)で供給する形となります メガROMはカートリッジ内のマッパーで制御されます(ロレッタの肖像)   RAM RAMは本体に2KB(0C000H−0C7FFH) カートリッジ(B3端子を常に1)から本体内RAMを使用禁止にすることが出来ます これにより新たに追加できるように設計されています カートリッジ端子からはD−RAMのコントロール信号が出ているのでD−RAM、S−RAMのメモリ増設が可能   カートリッジ端子   B7の/I/OR、B8の/I/ORはポート0C0H−0FFH   I/Oポート  000H−03FH:未使用  040H−07FH:PSG   SN76489 、ポート07FH     を使用  080H−0BFH:VDP   TMS9918A、ポート0BEH−0BFHを使用  0C0H−0DFH:キーボード+JOY端子   、ポート0DCH−0DFHを使用  0E0H−0FFH:拡張用   SF−7000   ポート07FH  PSG SN76489のポートです。   ポート0BEH−0BFH  VDP TMS9918Aのポートです。   キーボード、JOYパッド端子、カセット端子、シリアルプリンタ端子  ポート0DCH:PA キーデータ   Bit7:KEY PA7 (入力)   Bit6:KEY PA6 (入力)   Bit5:KEY PA5 (入力)   Bit4:KEY PA4 (入力)   Bit3:KEY PA3 (入力)   Bit2:KEY PA2 (入力)   Bit1:KEY PA1 (入力)   Bit0:KEY PA0 (入力)    ポート0DDH:PB キーデータ、CMT、シリアルプリンタ、カードリッジ端子   Bit7:CMT LOAD   (入力)   Bit6:SPR BUSY   (入力)   Bit5:SPR /FAULT (入力)   Bit4:EXT /CONT  (入力)   Bit3:KEY PB3    (入力)   Bit2:KEY PB2    (入力)   Bit1:KEY PB1    (入力)   Bit0:KEY PB0    (入力)    ポート0DEH:PC キーセレクト、CMT、シリアルプリンタ   Bit7:SPR /FEED  (出力)   Bit6:SPR /RESET (出力)   Bit5:SPR DATA   (出力)   Bit4:CMT SAVE   (出力)   Bit3:CMT MOTOR  (出力)1=On、0=Off(未実装)   Bit2:KEY SEL P2 (出力)   Bit1:KEY SEL P1 (出力)   Bit0:KEY SEL P0 (出力)    ポート0DFH:8255のCW   SF−7000用(SC−3000専用拡張ユニット)ポート  3インチ コンパクト・フロッピー(CF)ドライブ1台装備(ベルトドライブ駆動)  メモリをRAM64KB(D−RAM64KB)、IPL ROM4KB  RS−232C(ボーレートは本体内のジャンパーで設定可能だがハンダ付けで固定されいる)  セントニクス仕様のプリンタ端子を装備  ただし拡張端子は無し  SC−3000の割り込みは全て使用している為FDC割り込みは使用できません  したがってFDCの/INTをポートリングする仕様になっています。   FDCμD765ACのポート  0E0H:ステータスレジスタ  0E1H:データレジスタ   PPI μD8255AC−2のポート  0E4H:PA     Bit7: −     Bit6: −     Bit5: −     Bit4: −     Bit3: −     Bit2:FDD INDEX     Bit1:PRT BUSY     Bit0:FDD FDCINT    0E5H:PB     Bit7:PRT DB7     Bit6:PRT DB6     Bit5:PRT DB5     Bit4:PRT DB4     Bit3:PRT DB3     Bit2:PRT DB2     Bit1:PRT DB1     Bit0:PRT DB0    0E6H:PC     Bit7:PRT /STROBE     Bit6:SYS /ROM SEL  1=RAMを選択 、0=IPL ROMを選択     Bit5:FDD ???不明     1=ドライブの起動、0=ドライブの停止     Bit4: −     Bit3:FDD RESET     1=リセットする、0=リセットしない     Bit2:FDD TC     Bit1:FDD /MOTOR ON 1=モーターオフ、0=モーターオン     Bit0:FDD /INUSE    0E7H:8255のCW
  RS−232C(μD8251AFC)のポート  0E8H:データレジスタ  0E9H:コントロールレジスタ  
キーマトリクス  SC−3000はSG−1000、SEGA MARK IIIと違い  全て8255のポートで入出力を行います  そして、Key No7を選択した場合にJOY端子1と2の8ピン(他機種ではGND)が”0”になり  JOYデータはキーボードと同じくPA7−0、PB3−0の読み込みが出来るようになります  +5VとGNDが無い為、連射パッドは使用出来ません  方向とボタン1とボタン2は1=オフ、0=オン  
他機種(SG−1000等)との違い    パソコンとして設計されているのでD-RAMのリフレッシュ回路がありカードリッジ端子に出力しています。  JOY端子が8255のポートで読んでいてVCCが出てなくGNDもなくLS145のセレクタで  JOY端子をセレクトすると0(COMMON)にしている  他機種+SK−1100ではキーボードを読む時はJOY端子禁止になってキーデータを読み  JOY端子を読む時はキーボードを禁止になって本体内のJOY端子のデータを読みます    キーボード+JOY端子とJOY端子のみの2種類がある為  両方の対応する為にはキーボードが接続されているかチェックを行い  JOY端子のみとキーボード付きの2つルーチンを持つ必要があります  SC−3000ではキーボード+JOY端子のルーチンが使用されます    キーボード一体型なのでキーボード操作すると振動で本体とカセットの接触不良になりやすく暴走しやすい。  暴走を防ぐ為に紙を折って本体とカードリッジの隙間に詰める等の工夫をしないと安心して使う事が出来ません。    JOY端子   SC−3000の場合    PPI制御 方向、トリガーボタンは入出力が可能     SG−1000、MARK IIIの場合    LS257制御 方向、トリガーボタンは入力のみ     マスターシステムの場合    カスタムチップ制御 方向は入力のみ、トリガーボタンは入出力が可能  
本体の空きパターン  後期ロットはVDP近くにTTL IC等が載るパターンがあります(171−5048)  海外のPAL仕様のSC−3000で使われるシステムクロック用のパターンでLS04が載ります  TMS9928やTMS9929ではシステム用3.579MHzのクロック信号が出ないため  VDP用とは別にシステムクロック(CPU、PSG用)が必要になります。  そこで新しいロットでは日本(NTSC)仕様とPAL仕様と同じメイン基板にして  少ない変更で対応するようになっています。(PAL仕様はサブ基板でビデオ回路を持っています)    また、VDPをTMS9928に変えてシステムクロック回路を取りつけて  基板中央のシステムクロックのジャンパを取り(サブ基板をとりつけるスペーサの穴をまたいでいるジャンパ)  基板に記されているシステムクロックにジャンパを追加  VDPの色差からマトリックス回路を製作してやればアナログRGB出力が出来るはずです。  またビデオ端子のパターンもRGB端子コネクタに変えられるようになっています。  
SF−7000カートリッジ部分の回路図 SF−7000本体と繋ぐ為のバスバッファです。 本体(SF−7000)のRAMはセルフリフレッシュD−RAM MN4264*8を使用しているのでカードリッジのリフレッシュは不要。  
Home へ戻る